FX自動売買
恋活
家電バーゲン
放射能測定器

2012年02月 過去雑記

02月29日(水曜日)


今日は4年に1度の2月の延長戦、2月29日。

特別な日だからでしょうか、関東は昨晩未明から雪が降りました。
それが今朝になっても降り続け・・・電車は当然乱れます。
それを見越して10分早めの電車に乗りましたが、20分遅延したため、結局遅刻しました。(^^;;

その後も雪は降り続け、止んだのはお昼を過ぎて暫くしてからでした。
都心でも路上に雪が残るくらいの降雪になりました。となると、我が家では・・・嫌な予感しか出てきません。

それを裏付けるように、我が家が近づくにつれ、積雪が深さを増します。
しかも両親が旅行から帰ってくるのは今日の夜。となると、家の雪をかき分けてくれる人なんかいないわけで。案の定、20cm近い雪が積もっていました。

夕食後に一服してから、気合いを入れて外へ。
長靴もスコップも予想どおりの所にあり、玄関から公道に出る道までは確保することが出来ました。
それにしても、これが日常になっている雪国の人はすごい!

駅までは何とか行けそうですが、車は出られないし、スコップでかいた雪がなくなるわけでもありません。
明日は暖かくなるようなので、それに期待しつつ・・・あ、寝るだけなんですけど。(^^;;

“プラチナバンド”900MHz帯はソフトバンクへ、電監審が答申
900MHz帯割り当て、ソフトバンクモバイルに 電監審が答申

総務省 : 700MHz帯は3者に割り当て……イー・アクセスは早くも申請を表明
総務省、700MHz帯は3社に割り当て方針 イー・アクセスが意欲

ローソン全店で無料の無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」

東京スカイツリーが完成 サイトはすごく長い

バンダイ、「ガンプラ」のパッケージ複製原画をアート作品に

カーナビゲーションソフト『MAPLUS』シリーズの声優ナビに、田中理恵演じる多重人格な女性キャラが登場

「アムラックス×アイドルマスター」コラボステージレポート


02月28日(火曜日)


今年度は一年間限定でシステム研修生。

研修場所は品川と蒲田がメインなのですが、今日は品川での最後の研修でした。
朝、研修場所に向かうときに想い出がよみがえ・・・ることはなく。(^^;; いつもどおり淡々と一日を終えました。

残る研修は、3月に蒲田で2日間を残すのみ。
昨年の5月から研修が始まりましたが、それが昨日のことのように、あっという間の9ヶ月でした。
来年度はこれを活かさないと・・・今はプレッシャーより楽しみの方が強いです。

楽しみと言えば、ただ今、両親が旅行で外出中です。
よって、“疑似”一人暮らし中だったりします。

家事はもちろん全部自分で行いますが、料理と片付けが楽しかったりします。
ご飯が○分後に炊けるなら、△分前に鮭を焼いて、□分前にお湯を沸かしつつ、お皿によそい終えたら鍋を洗い・・・と、考えるのが楽しいです。(^^;;

まあ実際は早すぎたり、遅すぎたりと主婦のプロに比べて上手くはいきませんが。
あと、どうしても“油”に頼りがちなので、油を如何に使わないかを考えないと・・・主夫の道は遠そうです。(>_<)

カスペルスキー、Android版ウイルス対策ソフト「カスペルスキー タブレット セキュリティ」を無償配布

radiko.jpの月間UUは780万人、1年で2倍。スマホのみでの利用が45%に増加

情報処理技術遺産に世界初のラップトップPC「東芝 T1100」などを認定

PC・スマホユーザーの必需品!JINS PCはこうして生まれた

TVアニメ「さんかれあ」より内田真礼、木村良平、矢作紗友里、井口裕香らのインタビューが到着!

福山潤・堀江由衣・津田健次郎・水島大宙が出演! 『ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜』Blu-ray&DVD第3巻発売記念イベントレポート

白石涼子のコメント到着!「劇場版ハヤテのごとく!HEAVEN IS A PLACE ON EARTH +99」 リリース!

“ほっちゃん”こと堀江由衣、最新アルバムが自身初のオリコンTOP3入り!
堀江由衣、初のオリコン週間トップ3入り! 8thアルバム「秘密」で


02月27日(月曜日)


田村ゆかりさん、お誕生日おめでとうございます!!!

10回だって、100回だってお祝いさせていただきますっ!!

で。
何かの歌詞を彷彿させること書いたのは、実際にゆかりんの誕生日を祝うのは今年で10回目だったりするんです。ほら
肺気胸が発症し、自宅安静しているときですね。あれから再発していないのは、完全に治ったからなのか、単に運がいいのか。

病気と言えば、昨日で1ヶ月に渡るゆかりんのツアー「I Love Rabbit」が終わりましたが、この間に大きな体調の崩れはありませんでした。
それはやっぱり・・・薬の力でしょう。(^^;;

のど飴常備はいつものこと。
今回のツアーでは喉用にのどスプレーと、筋肉痛用に薬用ローションを新たに導入しました。

その甲斐あってか、体調万全で全公演を過ごすことが出来ました!
そう、昨日までは。

3時間睡眠がたたってか、喉のケアをする前にビールを飲んだせいか、単に気が抜けたか、今日はどうにも体調がいまいち。
もうゴールしてもいいのでしょうが、なんかちょっと悔しいです。(^^;;

Facebookの友達リクエストでAndroidマルウェアに誘導する攻撃発生

radiko、4月から47都道府県に対応。放送大学を全国配信
「radiko.jp」に民放ラジオ11局が参加、全国各地で聴取可能に

「au Wi-Fi SPOT」がPCやタブレットに対応、国際ローミングも
au Wi-Fi SPOT、PCなど「2台目」も無料で利用可能に

花粉 : 東京都、今日から本格的に花粉シーズン突入

三ツ矢サイダーに復刻版 1960年代の味を再現

ルパン三世:モデルは「トムとジェリー」 アニメ化40周年イベントで裏話続々

『アイドルマスター』の番組“生っすか!?サンデー”が現実に! 中村繪里子や沼倉愛美があのシーンを再現!?

瀬戸麻沙美、細谷佳正、宮野真守、茅野愛衣が和装で登場!TVアニメ「ちはやふる」イベントレポート


02月26日(日曜日)


今日はゆかりんのツアー「I Love Rabbit」の最終日、横浜公演!

ツアー最後にして初めての関東。
てことで、のんびりお昼を食べてから出発。もっと遅くても開演に間に合いましたが、あんまり遅いと出掛ける気が失せるもので。(^^;;

晴れていて暖かい予報でしたが、空は厚い雲に覆われて、風が吹くと真冬の寒さ。
なんか今回のツアーは、どの地域に行っても寒さに見舞われたような・・・(>_<)

開場を待っている間は、色んな人に会えたので、時間を感じることはありませんでした。
逆に、色んな人が入れ替わり立ち替わり来たので、全員としっかり話せないくらい・・・色んな人に会えるのは楽しいですが、勿体なかったっ。

---
日時:2012年02月26日(日曜日)18:13〜21:39
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *
場所:横浜アリーナ
内容:ライブ

ちょっと気になるライブ前のBGMは、クレージーケンバンド。横浜だと合っているような?
ステージには幕が下りて無く、白が基調のオーソドックスな3段構成。真ん中の段の真ん中には、踊り場が用意されていました。

花道は中央に短めに。そこから伸びるように、中央に離れ小島のような場所がありました。
スクリーンは一番高い段の奥にはLEDのが1つ、両サイドに大きめのが1つずつ、そして会場の一番上に四方に画面のあるスクリーン(据え付け)がありました。

時間になり、会場が暗くなってライブスタート。
スクリーンに映像が映りつつ、ファンファーレの元、バンドメンバーこと桃色男爵が入場。

一番高い段には桃色メイツと桃猫団。その頃に、中央のスクリーンは扉が映し出されていて、それが徐々に大きくなっていきます。
扉の向こうにいるのは・・・もちろん今日の主役、ゆかりんこと“田村ゆかり”!
ラメのかかったピンクのドレス姿で登場です。

「アイ マイ ボーダー」
「Super Special Smiling Shy girl」
「ラブリィ レクチャー」

会場のテンションは最初からクライマックス(古?)です。(^^;;
曲が終わってもその気持ちは収まらず、ゆかりんへの歓声が会場を覆います。

田村「こんばんは。」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりでーす。(^^;;」
(客席、大いに盛り上がる。)
田村「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *」千秋楽!横浜アリーナ!
 いやー・・・おっきいね。
 ということで、以前、何年か前に・・・いつだっけ?2年間?みんな良く覚えてるね。(^^;;」

田村「まさかまたここでやろうとは、思ってもいませんでした。
 前回は布で余った部分がありましたが、今日は端っこまで・・・端っこに行けば見えなくなるんじゃない?

と、ステージ上方の左隅、右隅に隠れて、見切れ席の人に意地悪をするゆかりんでした。(^^;;

田村「おーい、見切れの人?・・・どうしてだろう?よく見えないや。(^^;;」

田村「そんなわけで、今日はたくさんの人がいるんですけど・・・今日は横浜ですけど、満喫したことがある人?
 ・・・満喫と言っても、“漫画喫茶”のことじゃないからね。(^^;;
 ・・・中華街・・・ラー博・・・・赤レンガは楽しめないでしょ?
 あそこは素敵な場所だけど・・・オシャレなところだから。(^^;; ほらあと、かぽー。

田村「横浜はあまり満喫したことがない。ラー博に行ったことはある。
 ファンクラブで行ったことがあって・・・「すみれ」?」

と、メンバーに話を振ったところ、まさにゃんは楽器のチューニングをしていて、良く聞こえなかった模様。

JACK「ほら、耳が遠いから。」
(客席「おじいちゃーん!」)
田村「違うよ、年上だからおじい“さん”でしょ!」
まさにゃん「敬老の日ってのがあるんだからな!
 ・・・これ残っちゃうじゃん。DVDに。もう、無礼講で行こう!
JACK「え、何言ってもいいの?」
田村「おじいさん、おじいさん。お金ちょうだい♡

くだけた感じは、最初のMCからクライマックスです。(^^;;
そして次の曲に。(^^;; イントロでピンクのドレスを脱いで、緑色のワンピース姿に。見た目も色も、軽快な感じです。

「太陽のイヴ」

「ラブサイン」

ここでゆかりん+ねこ2匹が花道に行って、そのまま中央の離れ小島まで移動します。離れ小島にぴったりはまって、小さなステージに。
さらに2番の途中では、床がせり上がってねこたちの背丈ほどに。この演出はびっくりしました。
次の曲の前には、ゆかりんたちは中央ステージに戻りました。

「ほんのり桜色」

「ほんのり桜色」ではステージ2段目の踊り場に、小さな白いソファーが現れ、腰掛けて歌ったり。
桃色メイツはハート型のクッションを持って、ステージ上が乙女チックな世界になります。

ここでゆかりんは退場。
スクリーンに映し出されたのは、“ステージ通販のお姫様♡”こと、「YUKARI Midnight Shop」。司会は“コージ”、相手役として“ゆかりおねぃさん”が出てくる、深夜の通販番組みたいな映像です。(^^;;

このShopで売るのは、会場限定のメンバー紹介を兼ねての“桃色男爵”。
今回のメンバーは以下の通り:

  • ベース:山田正人(まさにゃん)
  • ギター:増崎孝司(JACK)
  • ドラム:波多江健(はた坊)
  • サックス&パーカッション:竹上良成(GOD)
  • キーボード:新澤健一郎(Pたん)(以上、敬称略)

「8割引」「お値段据え置き」と魅力的なコピーから「お高いんでしょう?」「僕が嘘をついたことがあるかい?」といった、お決まりのセリフまで再現されています。(^^;;
そして、紹介される際に男爵にもアクションが付くようになりました。まさにゃんなら8割引で泣いてみたり、Pたんはステージの前まで出てお辞儀したり。

おまけとして“桃猫団”(『やっぱりくすんだ猫が好き』DVD付)。『Yukari Boot Camp』ビデオに紹介の桃色メイツも紹介されます。

こんなに魅力的な賞品ですが、電話が殺到して“完売御礼”とのこと。次はまた会えるとき、で。早急にお願いしますっ。
続いて曲に。ゆかりんは紫の、キャンディーの包み紙のようなジャンパースカートで登場。ステージも衣装に合わせて紫色に染まります。

「Sympathy of Love」

ゆかりんはステージ左上から現れ、この曲で用意された左右の街灯に照らされ、アダルトなイメージが演出されました。
Pたんのピアノが、最後の一音の余韻が堪能できました。

「雨音はモノクローム」
「if」

「if」は振り付けがロボットダンスのようで、桃色メイツはオリエンタル調のドレスを着ていました。
ここでゆかりんは退場。

スクリーンに映し出されたのは「レッツゴー!ヤングスターの星☆」という、昭和チックな番組(?)
肩に付かないくらいのボブ(いわゆる聖子ちゃんカット)で、“神奈川県横浜市出身”の“田村ゆかり”さんが歌います。

「ときめきフォーリンラブ」(映像)

これまた昭和チックなメロディーラインです。(^^;;
衣装は丈が足首まであるようなストレートなワンピース。「お母さんがカーテンで作ってくれた」とか何とか。(^^;;

この横浜会場では、最後にスカウトの場面が追加されました。
“田村ゆかり”さんは・・・見事何枚もスカウトの札が上がりました!(スカウトの中には太田雅友さんや、三嶋章夫さんの姿も。(^^;;)

泣きじゃくって喜ぶ“田村ゆかり”さん。
「みんなに愛されるお姫様になりたいです。」とのコメントがありました。頑張れ、“田村ゆかり”さんっ!

そしてゆかりんが登場。“神奈川県横浜市出身”の人とは違って、妖艶な紫色のドレス姿です。

「AMBER〜人魚の涙〜」

後ろのスクリーンには歌詞が映り、会場は赤のレーザー光線で覆われました。なんとも妖艶。

「Black cherry」
「トラウマの耳たぶ」

映像とは一転、おとな〜な雰囲気の3曲が続きました。レーザー光線もふんだんに用いられ、アダルトな世界を彩っていました。
ここで再度ゆかりんは退場し、メンバーソロに。次のゆかりんはうさ耳を付けた、ミニスカサンタ風とも言える、赤白のラブリー♡な衣装で登場♪

「好き...でもリベンジ」
「ねぇ恋しちゃったかな」

前奏でのゆかりんのジャンプが可愛い♡この曲。花道から客席真ん中に渡りながらのパフォーマンスでした。
そして中央のステージのまま、次の曲に。

「星屑スパイラル」

続いて映像に。奈良旅行のロケ・・・のはずが、どうも偽ロケだったようで。
本命は「ゆかりん VS シカ」
シカにスカートをめくられるゆかりん。シカの涎だらけになるゆかりん。感想は「恐怖しかないです。」との、見ている側としてはドキドキする映像でした。(^^;;

そしてゆかりんが登場。白ベースに黒が彩られ、金色で縁取られた、ちょっと騎士っぽいドレス姿です。
可愛いとか妖艶ではなく、高貴な雰囲気すら漂います。

「Heavenly Stars」

ここで久々のMCに。歓声がやや収まってから喋り出します。

田村「・・・はーい、ゆかりんだよー。(^^;;
 今日はツアー最終日、ということで、今まで言えなかったことが言えます。

田村「まず、「ヤングスターの星☆」。どんだけ「☆」なんだよ。(^^;;
 司会のお兄さん、通販(「YUKARI Midnight Shop」)の司会の、私のいとこの「こーじ」(服巻浩司氏)です。似てる?
 服装とかもレトロな感じで。」

と、ここで服巻浩司氏が関係者席からアピール。まあ、いても不思議ではないですよねぇ。(^^;;

田村「次のライブがあるか決まってないけど、シリーズにしていったらいいかなと。
 ゆかりんがどんどん成長していく姿を作っていければいいなと。」

アダルト路線になったり、ロックバンドを組んだりするんですね!←
けど、あの昭和な世界でゆかりんがどういう成長を遂げるのか、見てみたかったりします。

田村「あの曲はCD化する予定はありません。・・・ソノシートってまだ作れる?高いんだっけ?」
(客席「買うよー。」)
田村「30万円でも?300万円とか。・・・つり上がってる。(^^;; 入札制にしようかと。
 なので、みんなの心に焼き付けてください。」

ソノシートならまだ再生できる環境がありますよっ。(^^;;
そしてシカの話題に。

田村「ゆかりすごいシカに食われてて、映像ではライトな感じだったけど、結構深刻で。カメラマンさんも「あれ、止めた方がいいんじゃないですか?」みたいに。
 着てた服をクリーニングに出したら、1ヶ月かかりますって。ラビットファーがあって、それに時間がかかるって。・・・あいつら草食?

田村「みなさんは奈良行った?」
(客席「行ったー!」)
田村「へーーー。」
JACK「なにその放置。(^^;;」
田村「あれは奈良公演ではなくて、名古屋の帰り道です。」

JACK「こっから見ると、ピンクだよね。一足先に春が来た感じです。」
田村「それは比喩的な意味で?」
JACK「いや、色々な意味で。(^^;;」

どんな?ねえどんな?←

田村「シカせんべいは紙の味がした。・・・食べたと言うより、恐怖のあまり「これがあるから襲われるんだ!ぱくっ!」って口に入れてた。」

あそこのシカは年々頭が良くなっているとか・・・女子供は狙われやすいので、要注意だったりします。
ここで何処から来たかを聞くことに。関東、九州、四国、北海道、海外。海外は台湾、ハワイ、マカオなんてところからも。

田村「いいなー。何かのついでに来たんですか?・・・だって、飛行機代とか色々かかるでしょ?」
(客席「ゆかりのためならどこまでも!」
田村「嬉しい!」

何処かで聞いたことのあるフレーズですねぇ。(^^;; 海外からはるばる、お疲れさまです。m(_ _)m

田村「ゆかり、国際派だね。はろー。
 あいむ、ふぁいん・・・あいむ、しっく!
 ゆかり、みんなに秘密にしてたけど、英会話教室に10ヶ月前に入ったんですよ。8ヶ月前から行ってないですけど。(^^;;
 しかも今月連絡取れないと、退会させられるの。」

田村「レベルを図るために最初に試験をやるんだけど、ゆかりはとても自信がなくて、でも「大丈夫ですよー。」って言われてやったら、「おめでとうございます、下から2番目です。」って。
 なかなか質問がねー・・・・・・ゆかり、大人だから色々考えちゃって。
 これ以上喋ると、ゆかりがあんまり頭が良くないと思われちゃう!・・・あいむ、あんぐりー!
 ねきすと そんぐ・・・どうしよう、次の曲英語で言えないよ!・・・それでは聞いてください、「滑空の果てのイノセント」。」

言葉は難しいですね。(>_<) 私も自信ないです。
そして、ライブは終盤戦に向かいます。

「滑空の果てのイノセント」
「この指とまれ」

「この指とまれ」が始まる前に上着?を脱いで、真っ白なワンピースに。
そして次の曲では出だしに銀テープが発射!

「MERRY MERRY MERRY MENU・・・ね!」
「LOVE ME NOW!」
「fancy baby doll」

「fbd」では男爵といっしょに中央のステージへ。ティモうさを投げるときは、そこから更にT字に足場が伸び、会場の後ろまでうさぎを届けていました。
もちろん「うさバズーカ」も投入されますっ。
会場の熱気が上がった中、ゆかりんも息を切らしてMCに。

田村「はい、えー、みなさま今日は本当にありがとうございました。
 とても楽しい一日で、終わってしまうのが寂しいですが、次が最後の曲になります。またみなさんといっしょにいれたら嬉しいな、と思っています。」

そして本編最後の曲に。

「真新しいカレンダー」

歌詞に合って、雪の降る演出がとてもきれいに見えました。
「ありがとうございました!」と言ってゆかりんはステージを去りました。
遅れて退場する桃色男爵にも、暖かい拍手が送られました。

---アンコール
ゆかりんはピンクのライブTシャツに、オレンジのスカートで登場っ。

「Endless Story」

中々止まない歓声に、ゆかりんが応えます。

田村「・・・はい、アンコールどうもありがとう♡
 みんなとても元気で・・・特に心に傷を負っているわけではないんですが、みんなが笑顔でこうやって(腕を振り上げて)くれると、涙が出そうに・・・歳なの、かな?(^^;;
 なんだろう?一日一日がとても大切で、大人になると失いたくないものが増えて、涙もろくなるんですが。」

ここで客席から「ハッピーバースデー」が自然と沸き上がりました。ゆかりん、おめでとう!

田村「去年は規模はちっちゃいけど、みんなに祝ってもらって、今年は当日ではないですが、こうしてみなさんに集まっていただき、ありがとうございます。
 ・・・他に特に言うことないですけど。(^^;; 抱負?抱負って何?」

と、男爵に抱負を聞くゆかりん。
はた坊は「ファンクラブに入ること」、まさにゃんは「長生き!」。
GODは「(「ラブサイン」の)「あ〜ん」を極める」で、照明をピンクにしてGODの「あ〜ん」が会場を包みます。(^^;;
で、JACKは・・・

JACK「「今、「あ〜ん」を言われたからね。今年ずっと・・・・・・ゆかりんのライブをいっしょにやれること。
 そのためにも、今、やり残したことをやること!」

と、ゆかりんに「あ〜ん」をお願いします。今度のライブ映像は18禁になる・・・かも?な、色っぽい「あ〜ん」でした。(^^;;
ちなみにPたんはとても真面目な回答をいただきました。(^^;;

田村「ゆかり?抱負とかないよ。16歳は「あ〜ん」とか言っちゃダメだからね。

誕生日前は16歳!合ってるような、違和感を感じるような・・・(ぇ
でも、まだ不満顔のJACK。某ステッキをゆかりんに持たせ、今度は「LOVE ME NOW!」の左右の振りを合わせて欲しいとお願いします。さすがにここまでのくだりはだらけすぎに感じました。(>_<)

気を取り直して、アンコールもいよいよ終盤に。

「You & Me」
「チアガール in my heart」

「チアガール」では色とりどりの巨大な風船が客席に現れました。頭がぶつかるかとちょっとひやひやしました。(^^;;
メンバー紹介もありつつ。「ゆかり王国オーディエンスのみなさん」「ボーカル:田村ゆかり」も含めて。
そしてアンコールの曲も終了しました。「どうもありがとうございました。」とゆかりんが言って、桃色男爵・桃色メイツ・桃色メイツJr.・桃猫団とゆかりんが一列に並んで、礼。
他のメンバーが退場する中、ゆかりんは中央のステージまで巡って、全員に手を振ります。

田村「えー、本当に今日はありがとうございました。
 また、みなさんに会えるように、毎日一生懸命頑張っていきます。ありがとうございました!」

投げキッスをしながら、ゆかりんが退場し、ツアー千秋楽が無事に終了しました。

ステージ的には色んな所にスクリーンがあり、とても見やすかったです。ゆかりんの笑顔がよく見えました。(^^;;
本当はゆかりんが直に近づいてくれたら嬉しいのですが、前回の時間の関係もあって、難しいことなのでしょう。でも、リフトアップしたりと、少しでも距離は近くなりました。

ホールツアーからアリーナ公演でしたが、内容はそのままに。でも、レーザー光線や雪・風船の演出と、アリーナっぽく大仕掛けな演出が楽しさを増やしてくれました。
こんなお祭り状態も今日で最後。ダブルアンコールを勝ち取れなかったのは残念ですが、とても素敵なゆかりんの笑顔に出会えた、ツアー最終日となりました。
---


02月25日(土曜日)


今日は家でお休み。

お昼まで寝ていたのは、かなり久々な感覚。
ゆかりんのツアーが始まってから土日は常に埋まっていたので、土日に家にいたのは、2月になって初めてのことだったりします。(^^;;

録画していたアニメは土日に消化する生活リズムだったので、ハードディスクの中はパンパン。
なんと空き容量が85%“しか”ありません。(^^;;

好きな作品から見ていくので、“なんとなく”で見ていた番組は自然と残ります。
それが4話、5話と溜まっていって・・・まだ、勢いで見られる話数だと思っています。(^^;;

京都大学に恒例の「折田先生像」出現 今年は地デジカ

アニメ『うぽって!!』は4月よりニコニコ生放送にて先行配信。野水伊織・富樫美鈴らメインキャストからのコメントも公開

豪華スタッフが描くオリジナルアニメ『AKB0048』、「襲名メンバー」に神田朱未・田村ゆかり・堀江由衣らを起用


02月24日(金曜日)


今日になって、左手の薬指に痒みが現れました。

第一関節と第二関節の間が、ふとした瞬間に痒くなります。
そう、これは例えるなら・・・“しもやけ”。しもやけの痒みにぴったり一致します。

こんなに暖かくなって、しかも左手の薬指だけって!
今日は職場のネットワーク機器の調査をしていて、這いつくばっていたので、そのときに何かやられたのかもですが。

しもやけといえば、小さい頃は毎年痒くなっていました。
それが大人になってからは全くしもやけになりません。

外で遊ばなくなりましたし、手袋もしてますし。冷え性になったのも影響していたり。(^^;;
子供の頃は当たり前と思っていたことが、いつの間にやら当たり前でなくなっています。

そういえば、“春休み”って昔は当たり前のように享受していました。
年度末で忙しくなりがちなこの時期、休めるときに休めるだけでもありがたく思わないと。(^^;;

Facebook“偽アカ”の97%が「女性」、58%が「バイセクシャル」名乗る

猫をたずねて神社仏閣めぐり旅

劇場版「Zガンダム」3部作が5月にBlu-ray BOX化

ファーストガンダム劇場版3部作のDVDが3,000円で再販

声優コミック『こえたま』付録ドラマCDのキャストからコメント到着

『境界線上のホライゾン』キャラコメンタリー収録時コメント到着

長谷川明子ライブDVD発売&2ndライブ開催直撃インタビュー

梶裕貴、丹下桜らが出逢いを導く!『リアル出逢いゲーム×アクエリオンEVOL』レポート


02月23日(木曜日)


昼休み、職場のヲタ仲間・Sskさんと“狩り”に行ってきました。

Sskさんは3DSになってからモンハンを始めたビギナー。
チャナガブルに苦戦して、進んでいないというのでサクッと倒してきました。G級装備で。(^^;;

短い間に2回狩りに行きましたが、どちらも難なく成功。
とても喜ばれましたが、自分もそういう道を辿ってきたんだなぁ、なんて今更思い出したりしました。
ドドブランゴやティガレックスを遠目に見ていたのが懐かしいです。(^^;;

そんな私のモンハン事情は、のんびりG級を進めていて、ハンターランクは7に。
火山の採取ツアーが解放されたので、採取用の装備を新たに整えました。これで短い時間も対応できます。

本当は先に進めたいのですが、腕が伴わないので・・・
楽しみが長く続く、と前向きに捉えることにしています。まだまだ先は長いっ。

端末やOSに依存しないアプリマーケットプレイス「Mozilla Marketplace」発表

ポルノサイトでユーザー情報が大量流出? 恥ずかしさ以上の危険性も

ガンダムフロント東京:チケットを3月1日から発売 17メートルの巨大アートがお出迎え
施設詳細も一部明らかに:「ガンダムフロント東京」3月1日からチケット販売 1/1のコアファイターも展示


02月22日(水曜日)


今日は2月22日でにゃんにゃんにゃん、猫の日、らしいです。

猫か犬かで言うと、私は圧倒的に猫派。
街中でもにゃんこを見ると破顔し、手を振ってしまいます。(^^;; 最近は駅までの道で出会う黒猫さんがらぶりー♪

逆にわんこは基本的に苦手です。
小学2年生の帰宅時、野良犬に囲まれたことがあって(なにもありませんでしたが)、以来トラウマになっています。

今でも、わんことすれちがう度に身構えます。(^^;;
友人の飼っているわんこはかなり平気なのですが、公道なのにリードなどを付けてなく散歩している姿を見ると、怒りを感じます。

そういえば、ここ最近はにゃんこにもわんこにも触れていません。
これから動物に触れる機会ってあるのかな・・・?

Apple、日本でも「iTunes in the Cloud」開始
アップル、日本でiTunes in the Cloud開始
詳細レポート! ついに日本上陸、「iTunes in the Cloud」

アップル、2012年後半に「iTunes Match」を国内展開

日本通信とヨドバシ、0円から利用できる段階制プランのSIMカード
日本通信が基本料0円のSIMパッケージをヨドバシ限定で発売
維持費が無料「基本料0円SIM」、日本通信がヨドバシ限定で販売

イー・アクセス、3月から下り最大75MbpsのLTEサービス開始――「EMOBILE LTE」

「信頼回復に向けた第一歩を踏み出せた」――ドコモがネットワーク障害対策の進捗を説明

新BSチャンネルの電波が、ソフトバンクの回線に悪影響

4桁暗証番号に関する学術的研究、“1234”など規則的な番号と誕生日は危険

Android Marketの不審な「ファンアプリ」に注意、Trend Microが警告

お風呂で:粋風と雅風を一足先に?  「HOMESTAR AQUA 東京スカイツリー」

日本発の世界統一ルール! 大人が大富豪で大盛りあがり!

堀江由衣 8thアルバム「秘密」発売! 限定版は春夏/秋冬の2種類、衣装展も開催

茅原実里がアルバムの収録秘話を明かす!下田麻美の「生☆声優グランプリV」第1回レポート
ニコ生「生☆声優グランプリV」第1回収録より、下田麻美、茅原実里インタビューをお届け!


02月21日(火曜日)


今日は、ほっちゃんの8thアルバム秘密の発売前日っ。

てことで、仕事帰りにフラゲしました〜。
「春夏」と「秋冬」、更には「通常版」もありますが、どれも同じ値段(3,000円)。

店頭にはどれもあったので、それぞれを手にして「春夏」を購入。決め手は・・・二の腕?(^^;;
iPodには入れますが、聞き込むのはもうちょっと先、具体的には2月27日移行かなと。理由は察してください。(^^;;

「春夏」は待ち遠しいですが、今日は帰ってきてからファンヒーターをつけませんでした。
つけなかったのは2月に入って初めて。昨日よりも部屋が暖かい感じです。

思えば6時過ぎでもかなり明るくなりましたし、湯船に浸かっても指先がしびれるような感覚はなくなりました。
寝る前の一狩りも、指先が冷えずに随分と楽になりました。(^^;;

このまま一気に暖かく・・・と思いつつも、油断すると風邪を引きやすい気温なので、気を付けねば。
帰宅してのうがいと手洗いは、忘れないようにしないとっ。

Google、IEでもプライバシー設定迂回――Microsoftが明らかに
Microsoft、IE9でGoogleからプライバシーを守る方法を紹介

ドコモ、アプリ会社にネットワークへの配慮を「お願い」 通信障害対策の一環

フィッシング、標的型メールも摘発可能に 不正アクセス禁止法改正案を閣議決定

「○○だけど何か質問ある?」を20カ国語で、Q&Aサイト「ARIGATO」に新機能

15畳のフローリングを約18分で掃除:ルンバ対抗の「赤い彗星」――図書館並みに静かでムダがないLGのお掃除ロボ

MOSAIC.WAV初ライブDVD発売記念インタビュー

スフィアの4人が勢ぞろい!TVア二メ「夏色キセキ」制作発表会レポート!

『ブレイブルー』スペシャルイベントが沖縄で開催――声優の植田佳奈や磯村知美も来場!


02月20日(月曜日)


昨日から今日の流れ。

北九州ライブが終わって、空港近くの東横イン 北九州で一泊。
レポをささっと書いて、横になったのは2時過ぎ。

で、起きたのは6時前。手短に用意を終え、空港へ。
睡眠時間はいつもの月曜日をさほど変わりませんが、枕が変わって眠れないことと、体の疲労が半端ないです。(>_<)

いつもと違うなぁ、と思ったのが、6時過ぎでも空が明るくないこと。
太陽は東から出てるんだなぁ、と体験しました。

飛行機内での記憶はほとんどありませんでした。
機内サービスで声を掛けられた記憶そのものがないくらい、爆睡していました。

で、帰宅せずにそのまま仕事(研修)へ。
午前中は気を抜くと居眠りというより、気絶するように意識を失うので、カフェインに頼りつつ、何ならライブを思い出しつつ(^^;;、意識を繋いでいました。

お昼寝後は意外と普通に過ごし、寄り道せずに帰宅。帰りの電車は気絶していました。(^^;;
こうして私の九州遠征は終了しました。

正直、九州にいた間はめちゃくちゃ寒かったですし、今日も非常に辛かったですが、それすらもいい想い出になりそうです。(^^;;
また、楽しい想い出が出来ますようにっ。

個人向けWindows Vistaのサポート期間が2017年まで延長、7は2020年まで
Windows Vistaが延命!? サポート期間が17年4月まで延長

最大通信速度110Mbps:ソフトバンク、「SoftBank 4G」を2月24日に開始――スマホ併用なら月額3880円
ソフトバンク、下り最大110Mbpsの「SoftBank 4G」24日開始

任天堂、ニンテンドー3DSが500万台を突破と発表
ニンテンドー3DSの国内販売が500万台突破

ぐるぐるぐるぐる:「日本一長い餃子」は全長約157センチ

スペースワールドで「ガンダムワールド2012」開催 実物大ザクヘッドなど展示

桃井はるこ・山本彩乃らが出演。『シュタインズ・ゲート』未放送エピソード上映会&トークショーオフィシャルレポート

WF:福圓美里さん&名塚佳織さんがセガブースに登場!! SWトークショー

岡本信彦、竹達彩奈が生アフレコを披露!「機動戦士ガンダム EXTREME VS.FULL BOOST」ステージ

中原麻衣、今井麻美、真田アサミが出演した“『ルビニアサーガ』ファンミーティング”

竹達彩奈が「Sinfonia! Sinfonia!!!」を初披露! 「ミュ〜コミ+プラス preasents アニメ紅白歌合戦」レポート

堀江由衣「秘密」トラックが都内に出現!twitter連動企画“Secret Mission”実施!


02月19日(日曜日)


長かった「I Love Rabbit」ツアーも残すところあと2つ。

そして、今日は北九州・小倉での公演になります。
会場はアルバムのタイトルと親しい北九州ソレイユホール。初めての会場なのに、親近感がわきます。(^^;;

そういえば、アルバムのタイトルは「春待ち」。待つと言うことは、まだ春ではありません。
それを示すかのように、福岡地方は雪に見舞われ、博多→小倉間のバスが運休になるとか。仙台といい九州といい、どうも今回のツアーは“雪”に見舞われることが多いようです。(>_<)

---
日時:2012年02月19日(日曜日)18:02〜21:22
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *
場所:アルモニーサンク 北九州ソレイユホール
内容:ライブ

ちょっと気になるライブ前のBGMは、クレージーケンバンド。
ステージには幕が下りて無く、白が基調のオーソドックスな3段構成。
真ん中の段の真ん中には、踊り場が用意されていました。そして、一番高い段の奥にはLEDのスクリーンがありました。

時間になり、会場が暗くなってライブスタート。
スクリーンに映像が映りつつ、ファンファーレの元、バンドメンバーこと桃色男爵が入場。

一番高い段には桃色メイツと桃猫団。その頃に、中央のスクリーンは扉が映し出されていて、それが徐々に大きくなっていきます。
扉の向こうにいるのは・・・もちろん今日の主役、ゆかりんこと“田村ゆかり”!
ラメのかかったピンクのドレス姿で登場です。

「アイ マイ ボーダー」
「Super Special Smiling Shy girl」
「ラブリィ レクチャー」

会場のテンションは最初からクライマックス(古?)です。(^^;;
曲が終わってもその気持ちは収まらず、ゆかりんへの歓声が会場を覆います。

田村「こんばんは。」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです♡
(客席、大いに盛り上がる。)
田村「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *」アルモニーサンク 北九州ソレイユホール。(やや棒読み)
 はい、やってきました!あの・・・ここは、北九州の何処ですか?
 小倉?飛行機が止まるところ?・・・違う?今、自分が何処にいるのか良く分かんなくって。」

田村「北九州・・・“市”は“city”だよね?
 その中に、小倉と・・・・・・(と、腕組みをし、首をかしげるゆかりん)・・・え、まだ他にもある?
 ちょっと待って!門司・・・区?他はある?・・・まだあるのか。こりゃまったく分からんな。

田村「小倉と、北と南に(区が)2つあるの?それは同じ“小倉”だから置いといて、他にもあるの?
 ・・・八幡!鉄のとこ。・・・とか言ってるけど、この中で北九州の人、どれくらいいるの?・・・結構いる。
 それに福岡にすると・・・少し増えた。
 鹿児島の人いる?・・・その中で3DSを持ってる人?ゆかりの(すれちがい通信の)地図が埋まらないんですよ。」

ここからちょっと、九州の地図の話に。
ゆかりん的に長崎は「地図で凹んだところ」という認識の模様です。(^^;;

JACK「(方言で)長崎から来たとです。」
田村「(方言で)あれ、JACKさんは長崎から来たとですか?」
JACK「初めて凹んだ所って言われました。(^^;;」

九州トークと言えば、この人も混じります。

はた坊「(方言で)福岡の人がよく佐賀を馬鹿にするとですよ。」
田村「馬鹿にしてないですよ。福岡の広大な土地に比べて、佐賀は小さいなぁと。」

不毛な争いは避け(^^;;、九州が絡んだ鉄道の話に変わります。

田村「九州新幹線に乗ったことある人?・・・今日乗った人?・・・いいなぁ。
 あれ、九州全部通ると思ったら、そうじゃないのね。」

もちろんはた坊%佐賀出身に視線が行きますが、通ってないのは宮崎県や大分県といった、東側でした。
で、次のツアーは九州新幹線に乗れるツアーになる?

田村「ゆかりの予想では、(次のツアーは)福岡までだと思うけど、飛行機じゃないかな。」
JACK「福岡から小倉まで、新幹線ですよ。」
田村「じゃあパスですよ。バス、もしくはワゴン
 (客席で九州新幹線に乗った人に対して)いいなー、博多から小倉に来たときに止まってたんですよ。スタイリッシュなのが。」

ここで、九州新幹線が大阪から運行している事実を知ります。
そもそも新幹線は何処まで繋がっているのか?という興味に移ります。

田村「じゃあ、青森まで繋がっているのか。・・・え、東京まで・・・あー、がっかりしちゃったなー。」
JACK「じゃあ、音楽でもやりましょうか。ノリノリで行こうぜ!」

ステージの気持ちを切り替えるために、曲に戻ろうとします。(^^;;

田村「ということで、飛行機や新幹線が好きなんですよね。
 あ、みんなほどじゃなくて。時刻表を見て、「・・・はぁ。・・・はぁ。えーっと、この時刻で乗り換えて・・・」ってことはなく。(^^;;  ゆかりはライトな感じですね。
 でも、ドクターイエローは見たいです。・・・誰にも共感されてないMC。(^^;;
 一部の人は反応があって、他は・・・(口を半開きにして虚空を見つめるゆかりん)
 じゃあ、音楽をやりましょうか。餅は餅屋ってことで。」

ひょんな流れで次の曲に。(^^;; イントロでピンクのドレスを脱いで、緑色のワンピース姿に。見た目も色も、軽快な感じです。

「太陽のイヴ」

「ラブサイン」

ゆかりんは「あ〜ん」のところでイヤモニを外して、客席の「あ〜ん」を聞いていました。(^^;;

「ほんのり桜色」

「ほんのり桜色」ではステージ2段目の踊り場に、小さな白いソファーが現れ、腰掛けて歌ったり。
桃色メイツはハート型のクッションを持って、ステージ上が乙女チックな世界になります。

ここでゆかりんは退場。
スクリーンに映し出されたのは、“ステージ通販のお姫様♡”こと、「YUKARI Midnight Shop」。司会は“コージ”、相手役として“ゆかりおねぃさん”が出てくる、深夜の通販番組みたいな映像です。(^^;;

このShopで売るのは、会場限定のメンバー紹介を兼ねての“桃色男爵”。
今回のメンバーは以下の通り:

  • ベース:まさにゃん
  • ギター:JACK
  • ドラム:はた坊(
  • サックス:GOD
  • キーボード:Pたん

「○割引」「お値段据え置き」と魅力的なコピーから「お高いんでしょう?」「僕が嘘をついたことがあるかい?」といった、お決まりのセリフまで再現されています。(^^;;
そして、紹介される際に男爵にもアクションが付くようになりました。まさにゃんなら8割引で泣いてみたり、Pたんはステージの前まで出てお辞儀したり。

おまけとして“桃猫団”(『やっぱりくすんだ猫が好き』DVD付)。くすんだねこは赤い覆面を被って、くすんでないねこは蝶ネクタイに、ツッコミ用のハリセンを持っての登場でした。(^^;;
『Yukari Boot Camp』ビデオに紹介の桃色メイツも紹介されます。

こんなに魅力的な賞品ですが、電話が殺到して“完売御礼”とのこと。次は横浜で営業、とか?(^^;;
続いて曲に。ゆかりんは紫の、キャンディーの包み紙のようなジャンパースカートで登場。ステージも衣装に合わせて紫色に染まります。

「Sympathy of Love」

ゆかりんはステージ左上から現れ、この曲で用意された左右の街灯に照らされ、アダルトなイメージが演出されました。
Pたんのピアノが、最後の一音の余韻が堪能できました。

「雨音はモノクローム」
「if」

「if」は振り付けがロボットダンスのようで、桃色メイツはオリエンタル調のドレスを着ていました。
ここでゆかりんは退場。

スクリーンに映し出されたのは「レッツゴー!ヤングスターの星☆」という、昭和チックな番組(?)
肩に付かないくらいのボブ(いわゆる聖子ちゃんカット)で、“福岡県北九州市出身”の“田村ゆかり”さんが歌います。

「ときめきフォーリンラブ」(映像)

これまた昭和チックなメロディーラインです。(^^;;
衣装は丈が足首まであるようなストレートなワンピース。「お母さんがカーテンで作ってくれた」とか何とか。(^^;;
昭和なコールが必須です!!(ぇ

そしてゆかりんが登場。“福岡県北九州市出身”の人とは違って、妖艶な紫色のドレス姿です。

「AMBER〜人魚の涙〜」
「Black cherry」
「トラウマの耳たぶ」

映像とは一転、おとな〜な雰囲気の3曲が続きました。
ここで再度ゆかりんは退場し、メンバーソロに。次のゆかりんはうさ耳を付けた、ミニスカサンタ風とも言える、赤白のラブリー♡な衣装で登場♪

「好き...でもリベンジ」
「ねぇ恋しちゃったかな」
「星屑スパイラル」

続いて映像に。「いつもの控え室の風景。」だそうです。
ただ、ちょっとお疲れのご様子のゆかりん。石岡さんがマッサージを呼びます。で、ゆかりんがマッサージを受けるという映像に。

初めは「雨音はモノクローム」の曲をバックに、優雅にマッサージを受けます。ゆかりんの声にエコーがかかったりしながら。(^^;;
でも、マッサージは徐々にヒートアップ。ゆかりんが体の何処が悪いかを聞いてみたら「首」「肩」「腰」「尻」とのこと。(^^;; そして痛がる足のツボは「尿管」。(^^;;

最終的に「リラックスできません!(怒)」となり、「癒やされましたと言わされました。」という結果に。
そんなマッサージを呼んだ石岡さんが、足のマッサージを受けて、映像は終了しました。(^^;; 「なんか余計疲れた気がするけど。」(田村)

そしてゆかりんが登場。白ベースに黒が彩られ、金色で縁取られた、ちょっと騎士っぽいドレス姿です。
可愛いとか妖艶ではなく、高貴な雰囲気すら漂います。

「Heavenly Stars」

ここで久々のMCに。歓声がやや収まってから喋り出します。

田村「・・・はい、ゆかりんです。(^^;;
 今日はここでライブじゃないですか。一昨日、福岡でライブじゃないですか。昨日は休息の日ですね。何してた?(客席の声を聞き取るのを早々に諦め)はい、分かりません。
 あ、ロイヤルホストはいいです。北九州は一号店かと・・・え、青山?(後に“北九州”の“青山”店ということが判明)
 ジョイフルはあるよね、いっぱい。」

田村「ゆかりたちは、昨日博多のホテルを出て、ご飯を食べまして。ふつーのご飯を食べたんですよ。
 やることないんですよ。遊び方を知らなくて。
 ホテルのロビーに行って・・・「ラウンドワン行くか・・・」ってなって。
 色んなスタッフの人が来て、「何処に行くんですか?」「コンビニです。」「ラウンドワン行きませんか?」みたいな流れで。」

田村「ボウリングをやったんだけど、昔のDVDを見た方なら分かると思うんですが、ゆかりの、何て言うかなー。なんか、ね。
 スコアが38くらいしか出ないのを知ってるんでしょうけど。
 何も練習しなくても上手くなったと思って、76、になったの。」

ただ、下手っぴの集まりだったようで、一番良かったのがGODの110とか。
「途中真っ暗になっちゃって。」(GOD)それがなかったら、もっと良かったとか。

田村「久しぶりすぎて、どんな重さか分からなくて一投目「6」にしたら、よいしょってやったら、親指の爪が欠けて。うわー、体力ないなーって。
 ゆかりん17歳って言ってるけど、アレだなって。
 でも、知ってるかな?スタッフさんの中にみくつさんという方がいて、みくつさんはゆかりより酷く爪が欠けて。
 なかなか下手っぴな集まりで楽しかったですよ。」

田村「Twitterでお馴染みさくたまさんとゆかりがスコアで競ってて、さくたまさんは77で、1つ足りなくて負けたんですよ。
 でも、彼女のスペアを取った喜びが可愛くて、すごい低い位置で「やったー!」ってやったんですね。だから負けてもいいかなと。」
GOD「後で蹴ったよね。」
田村「蹴ってない!蹴ってない!掌底突きしただけ。ゆかりの中で流行ってるの。」

田村「(ボーリング場に)ジュークボックスがあって、知らない曲ばっかかかってて。
 そしたら「チャチャ、チャチャ、チャチャチャチャチャ!キラキラと〜」って「プラチナLover's day」がかかって。
 「あれ?王国民が近くにいる?」ってキョロキョロしたけど、「あの集団はピンクがない。」っていなくって。
 そしたら、サウンドプロデュースのたまちゃん(太田雅友氏)が流してくれて。その中、ストライク取ったの。」
(客席「おおーっ!」)
GOD「でも、その前に後ろに投げたよね。」
田村「なんでバラすのよ!」

ちなみに一番スコアが悪かったのは、爪が欠けたみくつさんとか。(^^;;

田村「(男爵に向かって)みんなどれくらい上手いの?」
JACK「100くらいは行くよね?・・・(客席に向かって)みんな、ボウリングと卓球、どっちが好き?」
田村「ボウリングってソロプレイだからいいけど、卓球って人に迷惑かけるでしょ。」
JACK「はた坊上手いでしょ。」
田村「手が早く動くから?」
(客席「手が早いから!」)
田村「聞き逃さなかったよ。(^^;;」
はた坊「手が早いよ。・・・(客席に向かって)他人ごとのように言わないの。」
JACK「この流れ、好き。(^^;;」

すっかり“変態”が板に付いたはた坊でした。マッサージの画面でも、はた坊はニヤニヤしていたとか。(^^;;

田村「痛くしようとしてた。痛がってるのに「もっと強くしてください。」って。しばらく普通に立ってても痛くて。
まさにゃん「悪いところが「首」「肩」「腰」「尻」って。」
田村「なんか満身創痍みたいね。」

映像の中では、あまりの痛さに耐えきれなくなったゆかりんが、マッサージ師を蹴ったとかなんとか。

田村「蹴ってない!蹴ってない!」
JACK「はた坊は踏まれたんでしょ?」
はた坊「今でも覚えてる。ハイヒールで踏まれたんだよね。しかも踵で。」
田村「ごめんね、今日両親とおばあちゃんも来てるの。刺激が強すぎるわ。「ゆかりは何を言っているんだろう?」って。」

かなり手遅れな気がしますが(^^;;、さっと気持ちを切り替えて曲に。
ライブは終盤戦に向かいます。

「滑空の果てのイノセント」
「この指とまれ」

「この指とまれ」が始まる前に上着?を脱いで、真っ白なワンピースに。
そして次の曲では出だしに銀テープが発射!

「MERRY MERRY MERRY MENU・・・ね!」
「LOVE ME NOW!」
「fancy baby doll」

会場の熱気が最高潮の中、ゆかりんも息を切らしてMCに。

田村「はい、えー、今日はありがとうございました。
 えー、・・・うふふ♡楽しかった・・・北九州の公演も・・・いよいよ最後の曲になりました。
 はい、ということで聞いてください。「真新しいカレンダー」。」

そして本編最後の曲に。

「真新しいカレンダー」

「ありがとうございました。」と言ってゆかりんはステージを去りました。
遅れて退場する桃色男爵にも、暖かい拍手が送られました。

---アンコール
ゆかりんはピンクのライブTシャツに、オレンジのスカートで登場っ。

「Endless Story」

中々止まない歓声に、ゆかりんが応えます。

田村「アンコール、どうもありがとうございます♡」
 ・・・元気ですね。(^^;; すごく高く跳ぶね。
 さくたまさんに見せてあげたいと思うけど、(曲の終わりで)タカタカタカタカ・・・タン!で、人のことばかり嘲笑ってたけど、それほどでもないかもって。」

1回試しに跳んでみるゆかりん。ここであることに気付きます。

田村「膝を曲げると、いっぱい跳んだように見える?」
(客席「もう1回!」)
田村「「せーのっ!」って跳ぶの楽しい?今は心がバラバラ。心が一つになってなきゃいけないの。
 心が一つじゃないと・・・(と、横を向いて手を力なく横に出すゆかりん)」

心が一つじゃないバージョンも試してみることに。ゆかりんの指定は「Aマイナー」、「セブンス」とか。

JACK「はた坊、どう?」
田村「え、属性がってこと?」
はた坊「みんな好きだねぇ。(^^;;」

ドラムに任せた、ってことなんですけどねぇ。(^^;;
はた坊手動で「せーのっ!」をやってみますが、手を横にではなく、はた坊に向かって蹴りを入れるゆかりん。(^^;;

まさにゃん「ゆかりん、今のちょっとダメ。蹴ったときにパンツ見えた。
田村「見えてない!見えてない!」

と、JACKがゆかりんに某ステッキを渡します。
ここでは「めろーん」ではなく、ゆかりんが振って「ジャン!」って感じで男爵が音を出します。「何?何?これ音が出るおもちゃ?」(田村)

JACK「北九州も盛り上がったので、「LOVE ME NOW!」を完成させたい。アレ、結構好きなんだよ。」
田村「ゆかり、今日気付いたけど(ステージ)袖の人も揺れてるのね。」

スタッフがステージに勢揃いし、「となりどうしリズムを〜」を、ゆかりんのステッキに合わせて左右に揺れます。
もちろん、客席も実演します。(^^;;
ただ、アレンジが変わって、歌詞の最後に母音で「あ」が来ると、「あ〜ん」になる仕様に。(^^;;
(合わせたなら“あ〜ん”、踊るわ“あ〜ん”といった感じ)

田村「これ、なんだか分からない棒になってきたね。あ〜ん棒?うまか棒って九州のやつ?
 ・・・(客席の声を聞き間違えて)え?皇潤?膝が痛くなったってこと?みんな・・・バーカだなぁ。(^^;;」
(客席「もう一回!」)
田村「何?何?どのくだり?皇潤?」
GOD「ホールツアー最終日、色々出来るのは今日までですよ。」

と、今度は「あ〜ん」実演に。まずはJACKから。

田村「もうみんな帰ろうぜそろそろ。
JACK「だってみんな泊まりだもん。トコトンやろうぜー!」

と、棒読み状態の「あーん」を披露するゆかりん。さすがに納得がいかない客席からねだられ、本気の「あ〜ん♡」×2を披露するゆかりん♪
今度は客席に・・・でしたが、試しに会場の女子だけでやってみることに。すると・・・

田村「これいい、これいい!初めてみんなの気持ち分かった!
 女子可愛かった・・・危うく賢者タイムになるところだった。(^^;;
 ということで、次の曲です。「You あ〜んど Me」(^^;;」

定番となるのか?な曲紹介の後、アンコールもいよいよ終盤に。

「You & Me」
「チアガール in my heart」

「チアガール」ではメンバー紹介もありつつ。「ゆかり王国オーディエンスのみなさん」「ボーカル:田村ゆかり」も含めて。
そしてアンコールの曲も終了しました。「どうもありがとうございました。」とゆかりんが言って、桃色男爵・桃色メイツ・桃猫団とゆかりんが一列に並んで、礼。
他のメンバーが退場する中、ゆかりんは客席を大きく大きく回って、全員に手を振ります。

田村「えー、今日は本当にとっても楽しかったです。どうもありがとう♪  えー、福岡に来るってなると、なかなかこちらに来ることはないですが、また北九州に来たいなと思います。
 また、楽しい空間を作ってくれると嬉しいです♡」

投げキッスをしながら、ゆかりんが退場し、ホールツアー最後が終了しました。

時間にして約3時間半。
途中でGODも言っていましたが、残すはアリーナなので、みんな、いや男爵がメインではしゃいでいました。(^^;;
でも、ちょっと悪ふざけが過ぎたような。時間のどうこうより、単にだらしないように感じました。特に増崎さん!!

本編はとても楽しめました。客席のノリも、ステージ上もコールを楽しんだりして、ツアーで進化したような気がします。
次はアリーナ。今回のツアーの集大成がアリーナでどのような形になるのか、私自身も楽しみにしていたいと思います。
---


02月18日(土曜日)


昨日は福岡でライブ、明日は小倉でライブ。

ま、いわゆる“中日”ってやつです。
Twitterを見ていると、大分やら下関やらスペースワールドやら、色んな所に観光に行っていることが分かります。

そんな中、私は何処にも寄らずに、そのまま小倉に行きました。
で、小倉で何をしたかというと・・・友人のMes氏と“狩り”をしていました。(^^;;

観光に行く当てがなかったこともありますが、一番重要視したのは、身体を休めること。
ライブツアーも終盤。ちょっと疲れが溜まっているので、明日に備えてのんびり休養、が今日の目的でした。

夕飯は小倉の飲み屋。
お店の人に、小倉の名物を尋ねたところ「特にない」との返事。でも、何か・・・と再度尋ねると「じんだ煮」が美味しいとのこと。
もちろん頼んで、美味しきいただきましたっ。・・・でも、正直ちょっと地味な味のような。(^^;;

今日は早く寝て、明日・あさってに備えたいと思います。
こんな風に出掛けられるのも、これで一段落と思うと、感慨深いです。

GoogleがSafariの設定を迂回してユーザーを追跡していたことが判明

Windows 8 : マイクロソフトがWindows 8のロゴを公開、4色の旗はお役御免

ナマで男女合体! 「アクエリオンEVOL」リアル出逢いゲーム体験レポート


02月17日(金曜日)


金曜日、平日。

いつもの時間に起きましたが、服と荷物と、行き先が大きく違います。
ということで、通勤ラッシュに揉まれつつ、福岡に行ってきましたー。

福岡は寒い、という情報はそれとなく知っていましたが、まさか雪が舞っているとは!
がたがた震えながら、開演を待つことになろうとは・・・荷物になると思って、厚手の上着を着なかったことに、現地で1人後悔していました。(>_<)

---
日時:2012年02月17日(金曜日)19:02〜22:00
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *
場所:福岡国際会議場 メインホール
内容:ライブ

ちょっと気になるライブ前のBGMは、クレージーケンバンド。これまでの会場と違い、ライブが始まる直前に音が大きくなることはありませんでした。
ステージには幕が下りて無く、白が基調のオーソドックスな3段構成。
真ん中の段の真ん中には、踊り場が用意されていました。そして、一番高い段の奥にはLEDのスクリーンがありました。

時間になり、会場が暗くなってライブスタート。
スクリーンに映像が映りつつ、ファンファーレの元、バンドメンバーこと桃色男爵が入場。

一番高い段には桃色メイツと桃猫団。その頃に、中央のスクリーンは扉が映し出されていて、それが徐々に大きくなっていきます。
扉の向こうにいるのは・・・もちろん今日の主役、ゆかりんこと“田村ゆかり”!
ラメのかかったピンクのドレス姿で登場です。

「アイ マイ ボーダー」
「Super Special Smiling Shy girl」
「ラブリィ レクチャー」

会場のテンションは最初からクライマックス(古?)です。(^^;;
曲が終わってもその気持ちは収まらず、ゆかりんへの歓声が会場を覆います。

田村「こんばんは♡」
(客席「こんばんはー!」)
田村「ふふっ♪田村ゆかりです♡
(客席、大いに盛り上がる。)
田村「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *」福岡国際会議場!
 ということで、やってまいりました〜。」
(客席「おかえり〜。」)
田村「た、ただいま。」

田村「ここはアレですね。何年か前に、ファンクラブイベントをやった・・・
 (と、カンペを見る)2008年、『ときどきメモワール2』の回。その時、いらっしゃった人は?
 ・・・無理を言って、ファンクラブイベントをやったら、「地方では2度とやらないでください。」って言われた・・・」
(客席「えーっ!」)
田村「それは帰りがけに、メロプリの人に言ってください。(^^;;」

この会場は2階がないこともあり、客席の声がステージ上によく届きます。というか、みんなよく喋ります。(^^;;

田村「さっきからちょいちょい福岡弁聞くけど、この中で福岡の人?・・・えー、福岡はそんなに会員いないよ。
 こっそり佐賀の人が(手を)挙げてたりとか。(^^;;」
(客席「佐賀いらねー。」)
田村「佐賀いるよ、バーカバーカ。(^^;;」
はた坊「許さん。(※佐賀県出身です)」
(客席「佐賀、ごめんなさーい。」)
はた坊「許す。」

田村「九州は9つの県があるんじゃないの?」
(客席「えーっ。」)
田村「えっ・・・結構、真剣なんだけど。」

と、思いつくままにゆかりんが九州の県を言っていきます。途中でその土地の名産を聞きながら。
鹿児島、宮崎、熊本、大分、長崎・・・

田村「ペリーが来たとこだよね。」
(客席「えーっ。」)
田村「え、黒船が来たとこじゃないの?」

みたいなやり取りをしつつ、次々と県を挙げていきます。さすがに地元なので、言い淀むことがありません。
佐賀、沖縄・・・は、単独の1人と、夫婦の2人が来ていました。

田村「(夫婦に向かって)いきなり旦那さんが「世界一可愛いよ」と言うかも知れませんが、それは戯言だと思ってください。」

福岡、最後は「なぜか天気予報で紹介される」山口。
ここまでで何気に9つの県になりました。あれ、あってるかも?

JACK「山口(の名産)は“ふぐ”だよね。」
田村「トンネル
 ・・・壇ノ浦って戦いがあったとこだよね?打ち合い?・・・そんなに行ってない?あー、弓とかの戦いね。
 どのくらい有名?大河ドラマ?見てないや。
 時代は・・・1185年?昔だね。」

JACK「そういうのは、まさにゃんが知ってる。」
まさにゃん「義経が源氏と戦ったの。敦盛を討って平家が倒れた。」
GOD「そのとき、まさにゃんは何歳だったんですか?」
田村「源平どっちだったんですか?」
まさにゃん「いや、昔で覚えてないや・・・」
田村「壇ノ浦、万歳!」

最初のMCから客席の声が多く拾われ、客席とステージとの垣根がとても低かったです。(^^;;
で、妙なノリのまま次の曲に。
イントロでピンクのドレスを脱いで、緑色のワンピース姿に。見た目も色も、軽快な感じです。

「太陽のイヴ」

「ラブサイン」
「ほんのり桜色」

「ほんのり桜色」ではステージ2段目の踊り場に、小さな白いソファーが現れ、腰掛けて歌ったり。
桃色メイツはハート型のクッションを持って、ステージ上が乙女チックな世界になります。

ここでゆかりんは退場。
スクリーンに映し出されたのは、“ステージ通販のお姫様♡”こと、「YUKARI Midnight Shop」。司会は“コージ”、相手役として“ゆかりおねぃさん”が出てくる、深夜の通販番組みたいな映像です。(^^;;

このShopで売るのは、会場限定のメンバー紹介を兼ねての“桃色男爵”。
今回のメンバーは以下の通り:

  • ベース:まさにゃん
  • ギター:JACK
  • ドラム:はた坊(
  • サックス:GOD
  • キーボード:Pたん

「○割引」「お値段据え置き」と魅力的なコピーから「お高いんでしょう?」「僕が嘘をついたことがあるかい?」といった、お決まりのセリフまで再現されています。(^^;;
おまけとして“桃猫団”(『やっぱりくすんだ猫が好き』DVD付)。くすんだねこは赤い覆面を被って、くすんでないねこは蝶ネクタイに、ツッコミ用のハリセンを持っての登場でした。(^^;;
『Yukari Boot Camp』ビデオに紹介の桃色メイツも紹介されます。

こんなに魅力的な賞品ですが、電話が殺到して“完売御礼”とのこと。次は北九州で営業、とか?(^^;;
続いて曲に。ゆかりんは紫の、キャンディーの包み紙のようなジャンパースカートで登場。ステージも衣装に合わせて紫色に染まります。

「Sympathy of Love」

ゆかりんはステージ左上から現れ、この曲で用意された左右の街灯に照らされ、アダルトなイメージが演出されました。

「雨音はモノクローム」
「if」

「if」は振り付けがロボットダンスのようで、桃色メイツはオリエンタル調のドレスを着ていました。
ここでゆかりんは退場。

スクリーンに映し出されたのは「レッツゴー!ヤングスターの星☆」という、昭和チックな番組(?)
肩に付かないくらいのボブ(いわゆる聖子ちゃんカット)で、“福岡県福岡市出身”の“田村ゆかり”さんが歌います。

「ときめきフォーリンラブ」(映像)

これまた昭和チックなメロディーラインです。(^^;;
衣装は丈が足首まであるようなストレートなワンピース。「お母さんがカーテンで作ってくれた」とか何とか。(^^;;
昭和なコールが必須です!!(ぇ

そしてゆかりんが登場。“福岡県福岡市出身”の人とは違って、妖艶な紫色のドレス姿です。

「AMBER〜人魚の涙〜」
「Black cherry」
「トラウマの耳たぶ」

映像とは一転、おとな〜な雰囲気の3曲が続きました。
ここで再度ゆかりんは退場し、メンバーソロに。次のゆかりんはうさ耳を付けた、ミニスカサンタ風とも言える、赤白のラブリー♡な衣装で登場♪

「好き...でもリベンジ」
「ねぇ恋しちゃったかな」
「プレゼント」

続いて映像に。タイトルはありませんでしたが、ゆかりんがオムレツを作るコーナー。言うなれば「ゆかりんオムレツ」
サイコロの目だけ、ゆかりんがオムレツの具を選ぶ、という内容です。ルールは3つ。

  • オーダーはお断りします。
  • サイコロで運命が決まります。
  • 必ず残さず食べること。

今回の生け贄(^^;;は、スタッフさん3人。
今回はサイコロが前回の2個から5個に増量され、「2」「5」「4」「4」「4」の計19重苦?なんて冗談も。(^^;;
でもここからが正念場。揚げ物が多めに取り上げられ、調理=ミキサーが行われ、オムレツの具が完成します。
見た目はきれいなオムレツでしたが・・・「出したことある味。」というコメントが。デジャヴ?(^^;;
「良い子のみなさんは真似しないでください。」というメッセージが最後のありました。(^^;;

そしてゆかりんが登場。白ベースに黒が彩られ、金色で縁取られた、ちょっと騎士っぽいドレス姿です。
可愛いとか妖艶ではなく、高貴な雰囲気すら漂います。

「Heavenly Stars」

ここで久々のMCに。歓声がやや収まってから喋り出します。

田村「ど・・・ど・・・あれ、「ありがとう」って博多弁でどう言うんだっけ?・・・変わらない?
 (博多弁のイントネーションで)「ありがとう!」」
(客席からも、博多弁で返答がきます。)
田村「“ばり”“ちかっぱ”は分かった。他はないの?・・・“ほね”?
 “ぎゃん”って何?肥筑地方?“たいぎゃかわいか”って何?」
JACK「「とにかく可愛い」ってこと。」
田村「(博多弁のイントネーションで)ありがとう。重い服着た甲斐あった。この服ばり重ちゃったけん。
 ・・・こげん博多弁喋って分かる?・・・東京から来た人はぼてくりこかすぜ。(^^;;
 “ぼてくりこかす”って、そげん分からんこと言ったら、“くらす”ばいってこと。」

田村「いつの間にか「とっとーと」というお菓子がでとうね。みんな食べとーと?」
(客席も博多弁で返答)
田村「何か・・・変な空間。(^^;;
 あと、何かしら博多弁になったら早口になるね。なんか・・・暑か。」
JACK「ゆかりちゃんも博多弁を喋ると、心を開くよね。(^^;;」

ずっと博多弁の応酬でしたが、ここで東京出身のまさにゃんに目が行きます。

田村「なんかいけすかん感じがするね。」
まさにゃん「最近の滑舌悪いみたいに言えばいいの?」
田村「最近、「とっとーと?」がCMに使われてるけど、腹が立つ。」
まさにゃん「失礼しました。」

博多弁タイムはひとまずここで一呼吸。
でも、博多弁をこんなに長い間喋るゆかりんは、初めて見たかも。愛らしかー。(感化(^^;;)

田村「みんな寒かったでしょ。何してたの?」
(客席「座ってた。」)
田村「座ってた?・・・そういえば、今日は金曜日ですよね。
 もしかして、自宅を警備していらっしゃる・・・お休みをもらった方も、毎日が夏休みの方もいますでしょ。」

田村「ゆかりは・・・今週何をしてたかというと、「寝てた」としか言えないんだけど。
 夢か・・・夢って忘れるよね。起きた瞬間にメモっておかないと、直ぐ忘れるよね。
 悪い夢は覚えているよね。低空飛行の夢はよく見るね。どれくらいかというと、分かる人少ないと思うけど、『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』くらい。」

田村「高さは・・・建物の5階くらい。・・・ゆかりはもっと飛べるはずなの!
 空を飛ぶ夢って、(夢占いで)あるよね。」
(客席「欲求不満!」)
田村「え・・・本当でしょうね?嘘だったらぼてくりこかすよ。(^^;;
 でも、ぼてくりこかすのも、みんなにとってはご褒美になるからね。」
(客席「くらしてー!」)
田村「「くらしてー!」って、初めて聞いた。(^^;; 自分から切望するという。」

まあ、ゆかりんのファンに「Mっ気」があるのは昔からかと思います。(^^;;
夢の話から戻って、何をしていたか→何を食べていたかの話に。

田村「食べたもの・・・うどんとか。牛タンは自分家で焼いて食べました。
 でも、ゆかりはフライパンで焼くのよ。なんか方法ないの?油が落ちないから、(味が)重いんだよね。
 グリル?アイツの中、怖くない?何かがいそうな気がして、ゆかりは東京に来て15年くらい経つけど、一度も使ったことない。
 フライパンと鍋があったら、何でも出来る。」

まあ、中華鍋があったら何でも出来る、といいますが、グリルくらい使ってもいいのでは・・・

田村「けど、ミキサーで色んなものを混ぜたら、同じ味になるのね。
 映像では長いから割愛しましたが、ちゃんと19種類入れました。ぞろ目だったらユンケル使っていい、って言われた。
 1人が、ちゃんと食べたの。ただね、すっっごいゆっくりだった。
 その後に、お昼を食べに行ったんだけど、魚定食を食べて。え、お魚食べたでしょ?」

そんな評判が著しく良くないオムレツですが、客席からは「食べる」の声が。

JACK「食べたら嫌いになるよ。」
田村「なるかなー・・・正直、“くらした”方がマシかも知れないよ。
 料理はやらないだけで、上手いと思うよ。能力的にポテンシャルは秘めてると思うよ。
 さーて、雲行きが怪しくなってきたところで、次の曲にいきたいと思います。(^^;;」

気持ちを切り替えて、ライブは終盤戦に向かいます。

「滑空の果てのイノセント」
「この指とまれ」

「この指とまれ」の出だして上着?を脱いで、真っ白なワンピースに。
そして次の曲では出だしに銀テープが発射!

「MERRY MERRY MERRY MENU・・・ね!」
「LOVE ME NOW!」
「fancy baby doll」

「fancy baby doll」では「世界一可愛いよ」の最後の返しが「ばりずいとー!」でした。(^^;;
興奮冷めやらぬまま、MCへ。

田村「本当にどうもありがとうございました!いよいよ、最後の曲に・・・」
(客席「えーっ。」)
田村「・・・なります!
 とても名残惜しいですが、金曜なので、開演時間が遅くて終電が気になって、いつの間にか隣の席の人がいなくなっていることもありますから。」

楽しい時間は早く過ぎるって言いますし。残念な反比例です。(>_<)
そして本編最後の曲に。

「真新しいカレンダー」

「ありがとうございましたっ♡」と言ってゆかりんはステージを去りました。
遅れて退場する桃色男爵にも、暖かい拍手が送られました。

---アンコール
ゆかりんは黒のライブTシャツに、オレンジのスカートで登場っ。

「Endless Story」

中々止まない歓声に、ゆかりんが応えます。

田村「アンコール、どうもありがとう♡」
(客席「可愛い!」)
田村「・・・はい、ありがとうございます。(^^;;」

田村「みなさん・・・元気ですね。終わったら何処に行くの?・・・何食べるの?・・・オムレツは止めといた方がいいと思うよ。(^^;;
 ラーメンとか食べるの?もつ鍋・・・ゆかり、もつ鍋が苦手で。・・・motsuさんは苦手じゃないよ。大好きですよ。大好きな「ちぇけらっちょ」ですよ。(^^;;」

田村「ニラが苦手なの。あの、噛んでも噛んでも、いつ食べていいか分からない感じが。
 なので、できれば、お鍋なら水炊きの方がいいですかねぇ。・・・高い?え、分かんない。外で食べたことないから・・・」

田村「ご飯食べるとき、お出しがそんなに大事と思ってなくて。
 家で水炊きを作るとき、お肉とお豆腐と・・・を入れて、水に入れてポン酢で食べたよ。・・・ポン酢の味だね。(^^;;
 お液を飲み気はしなかった。お出しは繊細だね。お出しは繊細な味を“出し”てくれるよね。・・・あー、ギャグみたいになった・・・」

と、階段でうな垂れるゆかりん。
そこから某曲の「あ〜ん」の話に。みんなが歌っているかどうかは・・・

田村「聞きたいけど、振り付けが忙しいから。イヤモニを外したい・・・」
JACK「全力でやってるよね。」
田村「え、聞こえない。」
JACK「声が低いから。高くしてみようか。」

と、客席で実演するも、JACKは不満のご様子。「違うな。そこ大好きなの。外れる感じ。」(JACK)
お手本代わりに、男爵メンバーが順々に「あ〜ん」という始末。(^^;; その矛先がゆかりんにも向かい、ゆかりんが実演することに。

・・・これがまたいい「あ〜ん♡」で。ありがとうございますっ!
「お父さんとか見てきてるんだからね!」と言いつつも、おねだりされての2回目は、JACKにより照明がピンクに。(^^;;

田村「声優業を初めて15年。・・・18禁は一切やったことないです。
 しかも、両親が見に来てる前で・・・今日はお開きです!」

いやいや、まだまだ続きます。(^^;;

田村「お父さん、お母さん、ごめんなさい。
 弟が来てなくて良かったです。(^^;; では、みんなで歌ってください。「You あ〜ん♡ど、Me」!」

そんな冗談めかした紹介がありつつ、アンコールもいよいよ終盤に。

「You & Me」
「チアガール in my heart」

「チアガール」ではメンバー紹介もありつつ。「ゆかり王国オーディエンスのみなさま」「ボーカル:田村ゆかり」も含めて。
そしてアンコールの曲も終了しました。「どうもありがとうございました。」とゆかりんが言って、桃色男爵・桃色メイツ・桃猫団とゆかりんが一列に並んで、礼。
他のメンバーが退場する中、ゆかりんは客席を大きく大きく回って、全員に手を振ります。

田村「えー、今日はどうもありがとうございました。
 えー、地元の公演はいつも楽しみで、海を越えるとお金がかかるから言っちゃダメと言われてるけど、みなさんが来てくれたから開催することが出来ました。
 もしも、その時は遊びに来てくれると嬉しいです。」

最後は投げキッスをしつつ、ゆかりんはステージを後にしました。

ゆかりんにとって地元となる、福岡公演。
会場の声が拾いやすかったこともありますが、“福岡Night”と言っても過言ではないくらい、博多弁が飛び交いました。
そして、方言を喋るゆかりんの可愛いこと!(^^;; なかなか文字に起こしづらいので、MCだけでも何処かで映像化して欲しいです。(^^;;

曲はまた新たに進化を続けていて、客席の担当が増えました。(^^;;
これからは全身全霊を掛けて「あ〜ん」と言われることでしょう。最終日となる横浜アリーナではどういう絵になることやら・・・(^^;;
---


02月16日(木曜日)


何か寒いなー、と思ったら雪がちらほら。

積もるほどではありませんでしたが、予想していなかったことなので、大いにびっくりしました。
相変わらず寒い日が続きます。

寒いとは言え、仕事だろうが研修だろうが、屋内なのでヒートテックは着ないようにしています。
タイツも履かない方向で。鍛えていると言うより、これくらいの寒さで音を上げていては、外勤の際に耐えられないだろうと言う心意気です。

まあ今年度に限っては、研修中心なので外勤は可能性として低いのですが。
来年度は異動確定ですが、何処に行くかは気になるところ。

できる限り、カレンダーどおりのところで・・・
そして、月・金曜と休んでも、目くじらを立てられないようなところで。(ぉ

iOS : iOSの連絡先データ無断使用禁止を厳格化、修正版もリリース

ヤフー、無料の乗換案内アプリ新バージョン、終電後の最善策も検索可能

なんだか“お安い”ヤツを試してみよう:ヘッドマウントディスプレイで2次元の世界に引きこもる

「巨人に踏みつぶされたので」 アイレップがとんでもない理由でオフィス移転

関西発の秋葉原ツアー「萌えるバス旅行」 「あきば通」とコラボ


02月15日(水曜日)


自室で利用しているファンヒーターの灯油が、今日切れました。

灯油自体は用意されているので、入れればいいだけの話。
けど少し悩みます。

ファンヒーターは部屋にいるときしか付けていないので、満タンにすると大体1ヶ月保ちます。
今日は2月15日で、あと1ヶ月後は3月中旬。
少しずつ陽が延びているのを実感しつつある今日この頃なので、暖かくなるのも時間の問題。

灯油が足りないのも困りますが、余るのもこれまた問題。
何処まで入れようか・・・と考えているうちに、ほぼ満タンまで入れてしまいました。(^^;;

まあ、まだ寒い日が続きますし、金曜日の博多なんて雪の予報です。
金曜日・・・?博多・・・?

仙台ほどは寒くないでしょうが、遠征者に優しくしてください。(>_<)

ジャストシステム、総合セキュリティソフトを自社開発、無償で提供開始
ジャストシステムが2つの新規事業、セキュリティソフトとフォトブックサービスを展開
今使っているセキュリティソフト、本当に満足していますか?:「ずっと無料」──ジャストシステム、自社開発の総合セキュリティソフトを無償提供

新世代の通信サービス「AXGP」先行レポート

PSP向けのコミック配信が終了へ 再ダウンロードは年内まで

ボーイング787、アメリカ上空でひと筆書きに挑戦する

スクエニ、「ドラゴンクエスト伝説の鎧リターンズ〜ロトの装備〜」発売開始

ソフマップ店員、「あの夏」の舞台・小諸市へ聖地巡礼

ちひサンタがクリスマスパーティをプレゼント!米倉千尋『X'mas Party Live 2011』レポート

茅原実里「D-Formation」発売記念イベントが2月29日開催決定!


02月14日(火曜日)


2月14日。

バレンタイン?ふんどしの日?
いやいや、新谷良子ちゃんのCDAUTOMATIC SENSATIONの発売日でしょう!(^^;;

その発売記念イベントが今日開催されたわけで。
で、天気は雨模様なわけで。もはや天気の方が気を遣っているとしか思えません。(^^;;

定刻にイベントはスタート。机の上には手渡しするバレンタインカードと、ピンクの3DSが置いてあります。
良子ちゃんも当然、天気のことに触れます。でも、「履くと雨が止む」偉大なるレインブーツ様のおかげで、イベント中は雨は止みました。いや、誰かが仕組んでいるでしょう。(^^;;

良子ちゃんは後にラジオの生放送があったので、流しがきついかと思いきやそうでもなく。
とてもありがたいことなのですが、CDはまだ聞いていないので、話すネタに困りました。(^^;; 贅沢な悩みです。

ところで、今日は幾つかお菓子をもらいました。
最近契約した保険屋さんからチョコ、係長からお弁当に付いていたチョコ、そして同僚(男子)からどら焼きを。

前2つはお返しする必要が無さそうですが、最後のどら焼きは・・・3倍返しする必要があるの、かな?(^^;;

radiko、広告配信「シンクロアド」を4月開始へ

「キター!県民の皆さん」「新聞に抗議。不買運動しましょう」 Facebookで奈良県幹部が“暴走”

mixi/Twitter連携の位置情報アプリ「Pelo」リリース

ドワンゴ、Android向けにアニソンや声優の着信ボイスを配信

KONAMI、3DS「NEWラブプラス」ついに発売
『NEWラブプラス』発売記念トークショーが開催――“バレンタインAR(エア)チョコカード”の配布も実施
『NEWラブプラス』発売に合わせて秋葉原に7.11メートルの巨大“カノジョ”が出現
アキヨド店頭が彼氏で埋まる! 「NEWラブプラス」がついに発売!
NEWラブプラス発売記念イベント! ARチョコカードをゲットせよ

這いよれ!ニャル子さん:アフレコ収録スタート 阿澄佳奈ら声優大集合

「神のみぞ知るセカイ」中川かのんstarring東山奈央 1stコンサート2012『Ribbon Revolution』オフィシャルライブレポート

ファンとの絆を確かめあった今井麻美ライブツアー“Aroma of happiness”福岡追加公演

堀江由衣が“秘密”を語る!2月22日にニコニコ生放送でニューアルバム発売記念特番を放送!


02月13日(月曜日)


帰宅すると、うちのにゃんこが亡くなったことが分かりました。

聞いたわけではありません。状況を見てすぐに分かりました。
玄関や軒先に用意していた小屋やトイレが、きれいさっぱり無くなっていましたから。

母に聞くと、亡くなったのはつい先日だったとのこと。
私は知りませんでしたが、ここ数日はトイレにも行けないくらい衰弱していたようです。

あのにゃんこが家に来てから何年経ったのでしょう?
それくらい普通の存在となっていました。その殆どの世話をしていたのは母でした。

名前すら付けていない、そもそも我が家に住み着いてきたのに対し、食事とトイレと寝床を確保したくらい。
家に入れなかったことを最後まで後悔していた母ですが、雨が降れば寝床が濡れることを心配し、夜中に屋根を付けに行ったり、愚痴を言いながらもトイレや吐瀉物の世話を熱心にしていました。
まあ元来のきれい好きが作用したことは、否定しませんが。

最期を看取ることができ、母は肩の荷が下りたようでした。
たまに「猫から恨まれているかも・・・」とぼやく母ですが、ここまで献身的な行為を恨むなら、私が許しません。

今頃、にゃんこは天国に行って、身体のきつさから解放されて、のんびり過ごしていることを願います。
猫と人間なので、順番は分かっていても、“家族”を失うのはやっぱり寂しいものです。

スマホで動画サイト視聴、音楽購入を控える要因に〜日本レコード協会調査

冷蔵庫不要、ボタンを押すだけで冷え冷えになるドリンク缶登場

テレビ東京、「機動戦士ガンダム 第07板倉小隊 Re:boot」豊崎愛生少佐を迎え、新生第07板倉小隊が「第05淳小隊」と対戦!

4月放送スタートのTVアニメ『這いよれ!ニャル子さん』より、阿澄佳奈・喜多村英梨・松来未祐・羽多野渉・大坪由佳にインタビュー

日高里菜がコスプレ姿で登場! 『アイリス・ゼロ ドラマCD』発売記念トーク&バレンタインチョコお渡し会レポート

【ワンフェス2012冬】伊瀬茉莉也・加藤英美里が登場。「『ベン・トー』 in セガブース スペシャルトークショー」レポート

堀江由衣、ニューアルバム『秘密』発売記念衣装展開催決定


02月12日(日曜日)


「I Love Rabbit」ツアー関西2days、今日は大阪っ。

開演が18時なので、最後まで見ると終電に乗っても帰れないことは必死。
てことで、大阪で2泊することに。チェックアウトを気にせずにホテルにいられるってステキ♪

逆に、何時に会場に向かうか難しかったですが。(^^;;
物販も14時くらいには、楽々入れるようになっていました。これくらいだと、体力的に楽です。(^^;;

---
日時:2012年02月12日(日曜日)18:06〜21:10
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *
場所:グランキューブ大阪 メインホール
内容:ライブ

ちょっと気になるライブ前のBGMは、クレイジーケンバンドでした。固定化しないのは嬉しいですが、もっとパターンがあると嬉しいかも。何ならCDを持っていきたいくらい。(ぉ
ステージには幕が下りて無く、白が基調のオーソドックスな3段構成。
真ん中の段の真ん中には、踊り場が用意されていました。そして、一番高い段の奥にはLEDのスクリーンがありました。

時間になり、会場が暗くなってライブスタート。
スクリーンに映像が映りつつ、ファンファーレの元、バンドメンバーこと桃色男爵が入場。

一番高い段には桃色メイツと桃猫団。その頃に、中央のスクリーンは扉が映し出されていて、それが徐々に大きくなっていきます。
扉の向こうにいるのは・・・もちろん今日の主役、ゆかりんこと“田村ゆかり”!
ラメのかかったピンクのドレス姿で登場です。

「アイ マイ ボーダー」
「Super Special Smiling Shy girl」
「ラブリィ レクチャー」

会場のテンションは最初からクライマックス(古?)です。(^^;;
曲が終わってもその気持ちは収まらず、ゆかりんへの歓声が会場を覆います。

田村「こんばんは♡」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです♡
(客席、大いに盛り上がる。)
田村「ちょっと待って。大事なこと言うから。
 「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *」大阪公演、グランキューブ大阪!
 ということで、やってまいりました♡ ここってゆかり、よくさせてもらうとこ・・・だよね?」

たしか3回目?大阪では定番となりつつあります。コンビニまで迷わず行けます。(^^;;

田村「早いものでこのツアーも折り返し地点です。」
(客席「えーっ。」)
田村「えと、5だから・・・合ってる?指で計算したときに、公文で分からなくて、指で計算してたのを思い出しましたどよーん。

田村「みんなはどんな美味しいものを食べましたか?たこ焼きとお好み焼きと鉄板焼き以外で。
 ・・・うっせ。(^^;;
 ゆかりは、大阪で有名かどうか分からないけど、うどんを食べました。」

田村「関西のうどんは何に気を遣っているの?」
(客席「出汁!」)
田村「あー・・・あん・・かけ。だし?なんか“熱爆弾”みたいなもの。
 あと、「梅干しを入れてください。」って言ったから。早く「出汁に気を遣ってる」って知っていればー。
 (桃色男爵に向かって)みなさんはどんなものを食べましたか?」

と、メンバーに聞いてみると、キーボードのPたんは「鴨うどん(道頓堀 今井)」。JACKは・・・

田村「鹿を見て鴨が食べたくなった?
JACK「あなたといっしょにしないで。」

なんてやり取りがあったり。(^^;; まさにゃんといっしょに行ったとかなんとか。
順番(ステージ左から聞いていました)が狂うので、JACKに戻ります。

JACK「カレイの煮付けに、ささみのしそ巻き。」
田村「それ、ケータリングじゃん。夜は牛ゴボウだったね。」
JACK「(今日の夕飯は)うどん行くよね?」
田村「え?・・・え?もっと“こってり”したのが食べたい。お好み焼きとか。」
JACK「ほら、“初老”の人がいるから。(^^;;」

この紛争は後ほど。(^^;; 続いてGODに。

GOD「私は凄いものを食べましたよ!バースデーケーキをいただきました!(2月12日生まれ)
 45歳になりましたけど、このメンバーではまだまだ若手です。」
JACK「でも、四捨五入したら50だからね。」
田村「ちょっと!四捨五入は禁止だぞ!ゆかりなんか、四捨五入したらゼロだからね!」

まあ、歳の話は止めましょう。(^^;;
折角なので、GODに向けて「ハッピーバースデー」を歌うことに。でも、歌うことに乗り気じゃないゆかりん。「いや、ここで体力を使っちゃいけないかな。」と、座って休憩モード。
けど、最後は会場のみんなときちんと歌いました♪おめでとうございますっ。

GOD「ありがとうございます。じゃあ私の生い立ちから・・・」
田村「じゃあトイレ行っていいですか?」

ゆかりんが完全オフモードです。(^^;; 順番で言うとまさにゃんですが・・・

まさにゃん「興味ないよね。」
田村「一応聞きます。」
まさにゃん「Pたんと、前田さん(スタッフ)と俺とで、お好み焼き食っちゃった。今日うどんだと思って。
田村「昼行った店に行きそうだと。あれあれ?」
まさにゃん「そのもやもやした気持ちを持ったまま、今日は行ってください。」

意地悪なバンマスです。(^^;; 最後は、ドラムのはた坊。はた坊が行ったのは、有名な「金龍ラーメン」。立ち食いです。

はた坊「1人、寒空の中・・・
田村「ううう・・・ゆかりは1人でオムライスを食べたよ〜。(付け合わせの)コロッケが美味しくて・・・しかも12時くらいだった。(^^;;」
まさにゃん「私には無理だ。」
田村「お好み焼きを食べた人に言われたくないわ。(^^;;」

メンバーとの仲の良さがうかがえる、楽しいMCになりました。
と、ここら辺で次の曲に。イントロでピンクのドレスを脱いで、緑色のワンピース姿に。見た目も色も、軽快な感じです。

「太陽のイヴ」

「ラブサイン」
「ほんのり桜色」

「ほんのり桜色」ではステージ2段目の踊り場に、小さな白いソファーが現れ、腰掛けて歌ったり。
桃色メイツはハート型のクッションを持って、ステージ上が乙女チックな世界になります。

ここでゆかりんは退場。
スクリーンに映し出されたのは、“ステージ通販のお姫様♡”こと、「YUKARI Midnight Shop」。司会は“コージ”、相手役として“ゆかりおねぃさん”が出てくる、深夜の通販番組みたいな映像です。(^^;;

このShopで売るのは、会場限定のメンバー紹介を兼ねての“桃色男爵”。
今回のメンバーは以下の通り:

  • ベース:まさにゃん
  • ギター:JACK
  • ドラム:はた坊(
  • サックス:GOD
  • キーボード:Pたん

「○割引」「お値段据え置き」と魅力的なコピーから「お高いんでしょう?」「僕が嘘をついたことがあるかい?」といった、お決まりのセリフまで再現されています。(^^;;
おまけとして“桃猫団”(『やっぱりくすんだ猫が好き』DVD付)。くすんだねこは赤い覆面を被って、くすんでないねこは蝶ネクタイに、ツッコミ用のハリセンを持っての登場でした。(^^;;
『Yukari Boot Camp』ビデオに紹介の桃色メイツも紹介されます。

こんなに魅力的な賞品ですが、電話が殺到して“完売御礼”とのこと。次は福岡で営業、とか?(^^;;
続いて曲に。ゆかりんは紫の、キャンディーの包み紙のようなジャンパースカートで登場。ステージも衣装に合わせて紫色に染まります。

「Sympathy of Love」

ゆかりんはステージ左上から現れ、この曲で用意された左右の街灯に照らされ、アダルトなイメージが演出されました。

「雨音はモノクローム」
「if」

「if」は振り付けがロボットダンスのようで、桃色メイツはオリエンタル調のドレスを着ていました。
ここでゆかりんは退場。

スクリーンに映し出されたのは「レッツゴー!ヤングスターの星☆」という、昭和チックな番組(?)
肩に付かないくらいのボブ(いわゆる聖子ちゃんカット)で、“大阪府大阪市出身”の“田村ゆかり”さんが歌います。

「ときめきフォーリンラブ」(映像)

これまた昭和チックなメロディーラインです。(^^;;
衣装は丈が足首まであるようなストレートなワンピース。「お母さんがカーテンで作ってくれた」とか何とか。(^^;;
昭和なコールが必須です!!(ぇ

そしてゆかりんが登場。“大阪府大阪市出身”の人とは違って、妖艶な紫色のドレス姿です。

「AMBER〜人魚の涙〜」
「Black cherry」
「トラウマの耳たぶ」

映像とは一転、おとな〜な雰囲気の3曲が続きました。
ここで再度ゆかりんは退場し、メンバーソロに。次のゆかりんはうさ耳を付けた、ミニスカサンタ風とも言える、赤白のラブリー♡な衣装で登場♪

「好き...でもリベンジ」
「ねぇ恋しちゃったかな」
「星屑スパイラル」

続いて・・・映像に。タイトルはありませんでしたが、ゆかりんがオムレツを作るコーナー。言うなれば「ゆかりんオムレツ」
サイコロの目だけ、ゆかりんがオムレツの具を選ぶ、という内容です。

そんな「ゆかりんオムレツ」を振る舞われるメンバーは、スタッフ3人。
サイコロの目は「4」「1」で5つの具を選ぶことになりましたが、ゆかりんが選んだのは「そぼろ」「(コロコロした)野菜」「チーズ」「納豆」「麦チョコ」の5つ。

まあまあ色は茶色、料理名は「物体」「美味しくな〜れ♡」と言われても、ちょっと、ちょっと・・・
救急箱を用意するゆかりんでしたが、リアルにむせるスタッフの姿には、哀愁が漂っていました。(^^;;

そしてゆかりんが登場。白ベースに黒が彩られ、金色で縁取られた、ちょっと騎士っぽいドレス姿です。
可愛いとか妖艶ではなく、高貴な雰囲気すら漂います。

「Heavenly Stars」

ここで久々のMCに。歓声がやや収まってから喋り出します。

田村「どうも、田村ゆかりです。・・・この曲が終わった後の「こんばんは。」じゃ無いときのMCの入りって、どうしたら正解ですか?
 (男爵に向かって)みんなライブとかやってるじゃん。どうやって入っていくの?」
JACK「ぬるっと。「まいど!」みたいな。」
田村「「まいど」ってどういうこと?「毎回」ってこと?」
JACK「「どうも。」ってこと。「さっきのオムレツ、どう?」みたいな。(^^;;」
田村「さっきのオムレツは、さほど不味くないとゆかりは思う。ゆかりのとこは甘かった。」

場所によって程度の差はあるようです。(^^;; 料理って難しいっ。

田村「お昼にうどん食べに行ったんだけど、ふとメニューを見たら「明太子いり卵焼き」があって、「これ食べたい!」って思って、またふと見たら「納豆オムレツ」があって、それ頼んだんですよ。
 そしたら、さっきの(スタッフの)女の子が食べて、「私・・・いいです。なんか“あの味”を思い出して。」というくらいトラウマフードに。
 でもゆかりはそれほどでないと思うのね?」
JACK「ゆかりちゃん、食べ物の話すると必ず“納豆”入るよね。」
田村「スタッフさんに「納豆入れたら大変なことになりますから。」って言われてから、多投するようになった。(^^;;」

田村「なかなか・・・厳しいですね。ゆかりの料理、伝わらないな・・・
JACK「伝えたいよね、“あの”感情を。」
田村「食べ物系はね、身体がどうかなるとクレームがね。」
JACK「昨日もだけど、ゆかりちゃんがあれを作るとき、至高の顔を。」
田村「だって、変なものを作れっていうコーナーでしょ?あ、フルーツ系を入れれば・・・」
JACK「そういう後悔?」

田村「“納豆”“生クリーム”“コーヒーゼリー”のサンドイッチがあるの。それは・・・いけてんだか、いけてないんだか。(^^;;
 「鞍馬サンド」っていうの。関東だけかなぁ・・・パンはふわふわで美味しかった。
 中身は・・・バラバラに食べた方が、若干良かった。大阪はそういうの無いの?
 カレーが有名なお店があって、ゆかりんドリンクを思い出したとか。「自由軒」って言うの?・・・え、美味しい?美味しくないの、ない?
 ・・・まあね、大阪はね、美味しいものがいっぱいですからね。多分。」

美味しくない個性的な食べ物屋って、なかなか無いかと。(^^;;

田村「ゆかり、食べ物屋に行ったら、よくモノを忘れられるじゃん?
 フレーバーティーを頼んだのに、明らかにフレーバー要素が忘れられてたり。
 ゆかり、昨日は奈良から大阪に来てホテルに泊まったんだけど、ホテルにパジャマってあるじゃん。けどそれが何処を探しても無くて。
 でも、我は着替える気満々で全裸だったの。さっきの納豆ちゃん(オムレツにトラウマが出来た、スタッフの人です)を呼んで、「あなたのところにパジャマは置いてますか?」って聞いたら、「はい、ベッドの上にあります。」
 「私には無いから、持ってきてください。」って言ったんだけど、一回着た服を着るのも何だから、コートを着て、「私、全裸コートですけど。」という話です。(^^;;」
まさにゃん「はた坊、ドラム叩ける?」
田村「でも、はた坊はもっと幼女だよね?ここに幼女がいると思って。(^^;;」

なんか凄い爆弾発言がありましたねぇ。(^^;;
こんなノリでライブは終盤戦に向かいますっ

「滑空の果てのイノセント」
「この指とまれ」

「この指とまれ」の出だして上着?を脱いで、真っ白なワンピースに。
そして次の曲では出だしに銀テープが発射!

「MERRY MERRY MERRY MENU・・・ね!」
「チェルシーガール」
「fancy baby doll」

激しい、激しい時間が続きます。(^^;; MCに入るゆかりんの息も、明らかに上がっています。

田村「えー、楽しかった、今日のライブも、いよいよ、最後の曲に。」
(客席「えーっ!」)
田村「はい、えーっと、終わってしまうのがなかなか名残惜しい感じですが。最後の曲を聴いてください♪」

そして本編最後の曲に。

「真新しいカレンダー」

「ありがとうございましたっ。」と言ってゆかりんはステージを去りました。
遅れて退場する桃色男爵にも、暖かい拍手が送られました。

---アンコール
ゆかりんはピンクのライブTシャツに、オレンジのスカートで登場っ。

「Endless Story」

中々止まない歓声に、ゆかりんが応えます。

田村「アンコール、どうもありがとうございます♡」
(客席から止まない「ゆかりん」コール)
田村「・・・名前を呼ばないでっ。ゆかりんって言うの。でも、呼ばないでっ。(^^;;」

そう言われると、いや言われなくても「ゆかりん」って言いたくなりますよねぇ。(^^;;

田村「なんかみんなゆかりのことを「ゆかりん」って言うけど、ゆかりはみんなのことを何て呼べばいいの?「みんな」?・・・「愚民」?(^^;;
 なんでそんな方向でいいの?もうちょっとファンシーな感じないの?
 ・・・「ぼっち」じゃないよ。友達だよ。みんな・・・きっと。

と、ここでゆかりんに一つ疑問が。

田村「(「LOVE ME NOW!」で)「となりどうしリズムを〜♪」で不思議なのが、右と左の列があるの。」

と実演すると、確かに右に動く列と、左に動く列があります。んーと・・・気分?(ぉ 私は力の強い方に動くようにしています。(^^;;

田村「(右と左で分断されても)大丈夫だよ〜。心は、心の手は繋がってる。
JACK「みんなが楽しんでくれればね。ゆかりちゃん、そろそろ・・・」

と、JACKがテーブルの一つのものを指さします。

田村「え、ここに、思いついたように置いていたけど、無視していたステッキがあります。(^^;;
 今日は「となりどうし〜♪」でやろうと思います。」

で、めろ〜んステッキの方向にみんなが動きます。こうすれば左右バラバラになることもありませんっ。
当の本人はご満悦の様子です。
「これ、正面から是非撮りたいんだけど。」と、映像スタッフを呼んで撮影することに。

田村「ゆかりが心の中で楽しむだけに。もしくは「グランキューブ大阪で「となりどうし〜♪」をやってみた」動画で。(^^;;
 さて。みんなの力が一つに合わさったところで。(^^;;
 次の曲に行きたいと思います。みんなで心一つにして歌ってください♪

そして、アンコールもいよいよ終盤に。

「You & Me」
「チアガール in my heart」

「チアガール」ではメンバー紹介もありつつ。「ゆかり王国オーディエンスの“おまえら”」「ボーカル:田村ゆかり」も含めて。
そしてアンコールの曲も終了しました。「どうもありがとうございました。礼!」とゆかりんが言って、桃色男爵・桃色メイツ・桃猫団とゆかりんが一列に並んで、礼。
他のメンバーが退場する中、ゆかりんは客席を大きく大きく回って、全員に手を振ります。

田村「今日はどうもありがとうございました。
 本当に本当に楽しかったです。また大阪に来たいな、と思いました。
 また、遊びに来たときは、みなさんも遊びに来てください。(^^;;
 ありがとうございました♡」

投げキッスをしながら、ゆかりんが退場します。

今日のMCも、昨日に続いていい意味で自由なMCでした。(^^;; メンバーとゆかりんが仲良く話しているのは、見ている側も楽しくなります♪
歌の方は、奈良ともちょっと違う感じで。
5公演目になって、自分に心の余裕が出来たのか、色んな小物があることに気付きます。コールも進化していて、新たな楽しみになっています。(^^;;

そんなツアーも、もう後半戦。
時の流れの速さを痛感する、今日この頃です。(>_<)
---


02月11日(土曜日・祝日)


今日はILRツアー@奈良!

この遠征はパック旅行で取ったため、新幹線は時間指定で安い時間にしてみました。
で、お昼の時間帯の「のぞみ227号」で、一路大阪へ。“227”っていう数字に惹かれました。(^^;;

そしたら、同じ事を考えている人がいるいる。
隣の号車に友人が4人も!他にもピンクの袋を持った人がいたとか何とか。
世の中って狭いですねぇ。(^^;;

---
日時:2012年02月11日(土曜日)18:31〜21:36
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *
場所:なら100年会館
内容:ライブ

なら100年会館は会場の形が変わっていて、2階は左右から出ているだけで、中央は空いたまま。
妙な隙間が気になりましたが、それが後にあんな結果になろうとは・・・(もちろん、そんなに深刻なことではありません。(^^;;)

ちょっと気になるライブ前のBGMは、仙台と同じく「50TA」。「Perfect Love」での一体感に味を占めたかどうかは分かりません。(^^;;
ステージには幕が下りて無く、白が基調のオーソドックスな3段構成。
真ん中の段の真ん中には、踊り場が用意されていました。そして、一番高い段の奥にはLEDのスクリーンがありました。

あと、「瞳にキラキラワンダ・・・」と「You&Me」が一瞬流れるアクシデントが。何?何?

時間になり、会場が暗くなってライブスタート。
スクリーンに映像が映りつつ、ファンファーレの元、バンドメンバーこと桃色男爵が入場。

一番高い段には桃色メイツと桃猫団。その頃に、中央のスクリーンは扉が映し出されていて、それが徐々に大きくなっていきます。
扉の向こうにいるのは・・・もちろん今日の主役、ゆかりんこと“田村ゆかり”!
ラメのかかったピンクのドレス姿で登場です。

「アイ マイ ボーダー」
「Super Special Smiling Shy girl」
「ラブリィ レクチャー」

会場のテンションは最初からクライマックス(古?)です。(^^;;
曲が終わってもその気持ちは収まらず、ゆかりんへの歓声が会場を覆います。

田村「こんばんはー。」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです♡
 えー、「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *」、奈良公演!
 なら100年会館ー♡
 ・・・はい、ということで今日は噛まずに(^^;; 会場名を言うことが出来ましたっ。」

田村「ゆかり奈良って・・・来たことないよね?
 ・・・ほら、みんなの方が詳しいでしょ?「あー、あの作品で来たのに、無いことになるんだ・・・」ってなるでしょ?(^^;;」

田村「みんなが知ってる中では無い?
 初めまして・・・と言いつつ、奈良県の人はどれくらいいるのかな?」

と、そこそこの手が上がり・・・と、ゆかりんが客席を見渡して、あることに気がつきます。

田村「2階と3階の間に隙間が・・・あれ・・・コックピット?
 (色々と情報を聞き)・・・あのバミューダは空いてるんだ。扉とか無いの?・・・じゃあそこは開いてるんだ。
 じゃあ鹿とか入ってくる?鹿入ってこないかなー。」

田村「奈良の人は鹿と慣れ親しんでるんでしょ?
 今日来たときに、運転手さんに「近くでも鹿を見るんですよ。」って言われた。で、ゴミを・・・漁りに・・来る。(^^;;」

田村「奈良公演行った人?・・・(鹿せんべい)あげた?どうだった?・・・そうかー・・・
 なんかみんなが鹿に見えるよ。

田村「(鹿せんべい)食べた人いる?味無いの?梅ジャムとか塗れば?
 (桃色男爵に向かって)鹿せんべい食べた人いる?」
まさにゃん「あるよ。味は・・・しなかったかな。」

田村「鹿せんべい、作れないかなー。ひょいひょい箸で返したりして。」
JACK「そんな効率悪いことやらないよ。(味は)お麩の堅いやつ、みたいなやつ。
 会場の30分前に外出たけど、鹿はいなくて、ピンクの袋を持った人がいた。
田村「ゆかりも見た。ベンチに座ってるおっさん。(^^;;」
まさにゃん「もしかして、鹿じゃない?」
田村「違うよ。袋がさがさしてた。・・・鹿って袋食べるかな?」

鹿はビニールは食べませんが、紙なら食べます・・・よね?から、次の話題に。

田村「(グッズの)ポストカードC食べる?
JACK「ゆかりんがめっちゃ嬉しそうな顔した。(^^;;」
田村「「あー、僕のポストカードC、食べないでください。ゆかりんの谷間、食べないでください。」」

なんか不思議な方向に話が進みましたが、「・・・さ、気を取り直して。」(田村)の一言で次の曲に。(^^;;
イントロでピンクのドレスを脱いで、緑色のワンピース姿に。見た目も色も、軽快な感じです。

「太陽のイヴ」

「ラブサイン」
「ほんのり桜色」

「ほんのり桜色」ではステージ2段目の踊り場に、小さな白いソファーが現れ、腰掛けて歌ったり。
桃色メイツはハート型のクッションを持って、ステージ上が乙女チックな世界になります。

ここでゆかりんは退場。
スクリーンに映し出されたのは、“ステージ通販のお姫様♡”こと、「YUKARI Midnight Shop」。司会は“コージ”、相手役として“ゆかりおねぃさん”が出てくる、深夜の通販番組みたいな映像です。(^^;;

このShopで売るのは、会場限定のメンバー紹介を兼ねての“桃色男爵”。
今回のメンバーは以下の通り:

  • ベース:まさにゃん
  • ギター:JACK
  • ドラム:はた坊(
  • サックス:GOD
  • キーボード:Pたん

「○割引」「お値段据え置き」と魅力的なコピーから「お高いんでしょう?」「僕が嘘をついたことがあるかい?」といった、お決まりのセリフまで再現されています。(^^;;
おまけとして“桃猫団”(『やっぱりくすんだ猫が好き』DVD付)。今日は“奈良スペシャル”として、くすんだ猫が鹿の角、くすんでない猫が額に点を付けての登場でした。(^^;;
『Yukari Boot Camp』ビデオに紹介の桃色メイツも紹介されます。

こんなに魅力的な賞品ですが、電話が殺到して“完売御礼”とのこと。次は奈良で営業、とか?(^^;;
続いて曲に。ゆかりんは紫の、キャンディーの包み紙のようなジャンパースカートで登場。ステージも衣装に合わせて紫色に染まります。

「Sympathy of Love」
「雨音はモノクローム」
「if」

「if」は振り付けがロボットダンスのようで、桃色メイツはオリエンタル調のドレスを着ていました。
ここでゆかりんは退場。

スクリーンに映し出されたのは「レッツゴー!ヤングスターの星☆」という、昭和チックな番組(?)
肩に付かないくらいのボブ(いわゆる聖子ちゃんカット)で、“奈良県奈良市出身”の“田村ゆかり”さんが歌います。

「ときめきフォーリンラブ」(映像)

これまた昭和チックなメロディーラインです。(^^;;
衣装は丈が足首まであるようなストレートなワンピース。「お母さんがカーテンで作ってくれた」とか何とか。(^^;;
昭和なコールが必須です!!(ぇ

そしてゆかりんが登場。“奈良県奈良市出身”の人とは違って、妖艶な紫色のドレス姿です。

「AMBER〜人魚の涙〜」
「Black cherry」
「トラウマの耳たぶ」

映像とは一転、おとな〜な雰囲気の3曲が続きました。
ここで再度ゆかりんは退場し、メンバーソロに。次のゆかりんはうさ耳を付けた、ミニスカサンタ風とも言える、赤白のラブリー♡な衣装で登場♪

「好き...でもリベンジ」
「ねぇ恋しちゃったかな」
「プレゼント」

続いて・・・映像に。今度は「ゆかりんミキサー」という映像。
ゆかりんが色々な素材を使ってジュースを作り、色んな人に振る舞おう、というコーナーです。
今回振る舞われたのは、太田雅友氏を含めコンサートスタッフの4人。登場からくたびれていますが・・・「フライパンで炒めたら美味しい」という風の生卵いっぱいのジュース?、「飲んだことは無いけど、出したことのある味」「マンションの、1階の・・・」と、食べ物の味では無い感想が。(^^;;

そしてゆかりんが登場。白ベースに黒が彩られ、金色で縁取られた、ちょっと騎士っぽいドレス姿です。
可愛いとか妖艶ではなく、高貴な雰囲気すら漂います。

「Heavenly Stars」

ここで久々のMCに。ゆかりんへの声援がなかなか止みません。

田村「どうもどうも・・・ということで、色々歌いました。(^^;;
 ねえねえ、映像の「めろ〜んミキサー」を・・・あれ、みんなにはご馳走だね。酷いよね、コメントが。
JACK「正直だよね。」
田村「生ゴミ・・・ということ、かな?酷くない?確かに納豆入れたさ。納豆美味しいよねー♪なのに、マンションの1階の・・・」
まさにゃん「マンションの1階の、定食屋かもしれない?」
田村「「?」ってメニューでどう?「いつもの」とか。」
まさにゃん「「あれ」とか「それ」とか。」

味わっていない客席には、ミキサーの中身は好評のようです。(^^;;

田村「物珍しさに一口ずつ飲めば・・・ま、なくなりますよ。(^^;;
 ・・・え!?ゆかりも飲んだよ。(たどたどしく)ゆかりんも、ちゃんと飲みました・・・味?生ゴミ・・・
 でもさ、あれってバラバラに食べたら美味しいじゃない?
 ということは、体内では自動に「めろ〜んミックス」みたいな話。」

だから「出したことはある」という感想に繋がるんでしょうねぇ。(^^;;
ちなみに桃色男爵の感想は・・・

JACK「ゆかりん可愛いなー、って思ってたのに、憎悪に変わる。一個一個が美味しいのに、こんなに・・・」
田村「あれか、ミキサーに何か付いてたのか。」
JACK「ふーーーーん。ああいうとき、ゆかりんが凄い嬉しそうな顔するよね。」
田村「ゆかりんだって、したくないのだよ?」
JACK「喜んでたのはた坊だけ。その時確信しました。こいつは本物の変態だなと。」

田村「最初はね、ゆかりんの優しさがね。お世話になっているバンドメンバーさんに・・・」
JACK「え、それがあの天かす?」
田村「天かすくらいいいじゃない。」
JACK「機会があったら、みんなも入れてみてください。」

田村「ゆかりは基本的にはいい子じゃない。だから、映像を面白くしなきゃ、と思って。
 本当はね!ミルクとバナナだったら美味しいよ。でも、天かすを入れることによって・・・
 ほら、パフェに空間、あるじゃない。デニーズのチョコレートブラウニーのような・・・」

あの空間はコーンフレークですね。(^^;; その時のJACKは「ラブサイン」の「アーン」みたいな顔になったとか。

JACK「(後ろで)みんな言ってましたよ。」
田村「(客席の)みんな言うかなと思ってたけど、ちょっとほっとした。
まさにゃん「でも、みんなの心の「アーン」は届いたよ。」

そういうものは、あまり届けたくないような。(^^;;
ここで話題ががらりと変わります。

田村「奈良で美味しいもの無い?柿の葉寿司?・・・え、東京なの?
 ・・・え、ます寿司?良子のお母さんがいつも持ってきてくれるやつ?」

客席の声を聞いて、やや混乱しています。(^^;;

田村「じゃあ、そのます寿司を食べます。・・・え、味が違うの?
 え、でも酢飯の四角いのに、上にのっけて・・・「ゆかりんクッキン」でお寿司作るのもいいよね。」
まさにゃん「粘土細工とかやろう。・・・口に入れるのは、止めよう。
田村「(客席の)みんなが食べたいのはいいけど・・・知らないよ。」

結局、食べるものを作る方向に。(^^;;
「みんながドMということが分かったので」(田村)次の曲に。(^^;;

「滑空の果てのイノセント」
「この指とまれ」

「この指とまれ」の出だして上着?を脱いで、真っ白なワンピースに。
そして次の曲では出だしに銀テープが発射!

「MERRY MERRY MERRY MENU・・・ね!」
「LOVE ME NOW!」
「fancy baby doll」

田村「はい。(歓声が中々止まず)・・・どうした?落ち着いた?
 初めての奈良公演、ついに最後の曲になりました。
 ・・・隣同士のリズムが・・・超ステキでした。(^^;; 本当にステキでした。
 隣の人と助け合いながら、ライブに参加してくれると嬉しいです。」

そして本編最後の曲に。

「真新しいカレンダー」

「ありがとうございましたっ。」と言ってゆかりんはステージを去りました。
遅れて退場する桃色男爵にも、暖かい拍手が送られました。

---アンコール
ゆかりんは黒のライブTシャツに、オレンジのスカート、そして鹿の角を付けて登場っ。

「Endless Story」

中々止まない歓声に、ゆかりんが応えます。

田村「アンコールどうもありがとう♡」

 (鹿の角に触れて)・・・奈良なので。しかも、この会場で売ってたんですよ。350円で。
 「私、付けます!」でも、ウサギのシーンだと、唯一のラビット要素がなくなるし。で、(この時点で付けて)鏡を見たら、ちょっと浮かれてるよね・・・
 角で合ってるの?せんとくんのは?あと、地デジカ。あれ?あいつ、最近見ないよね。
 (ケーブルテレビでまだ地デジ非対応があることを知り)じゃあ、私が最後の地デジカになるわ。」

桃猫団的なせんとくんをステージに出そうとしますが、出てきたのはゆかりんと同じ鹿の角を付けたスタッフ。
まあ、準備とか色々ありますからねぇ。(^^;; せんとくんの話題に。

田村「“へいじょうせんと”って誰?ええと・・・「なんと見事な平城京(710年、平城京遷都)」」
(客席「おぉーっ!」)
田村「もっとひけらかしたい。「聖徳太子はコックさん(593年、聖徳太子摂政に)」もう一つ言いたい。「アヘンはイヤよ(1840年、アヘン戦争勃発)」

田村「(会場の名前の)100年って何?」
まさにゃん「奈良市が100年じゃない?」
JACK「さすがメンバー唯一の50代。
まさにゃん「お前だってそろそろ50代だろ。歳の数と体重の話は嫌い。

今度は“平城遷都”について客席に聞くゆかりん。色々と情報を仕入れて・・・

田村「あー、ゆかり、小学校の時、お姫様の絵描いてないで、真面目に勉強すれば良かった。
 ・・・「お客様の中に“せんとくん”はいませんか?」
 はい、寂しい気持ちになったから・・・」
(客席「えーっ。」)
田村「うそうそ。(^^;; ユカリンハ、ミンナガイルカラ、ダイジョウブダヨ。(ロボット声)」

ちゃんと笑顔になって曲に入りました。(^^;;
そして、アンコールもいよいよ終盤に。

「You & Me」
「チアガール in my heart」

「チアガール」ではメンバー紹介もありつつ。「ゆかり王国オーディエンスのみなさま」「ボーカル:田村ゆかり」も含めて。
そしてアンコールの曲も終了しました。「どうもありがとうございました♡」とゆかりんが言って、桃色男爵・桃色メイツ・桃猫団とゆかりんが一列に並んで、礼。
他のメンバーが退場する中、ゆかりんは客席を大きく大きく回って、全員に手を振ります。

田村「えー、今日もとっても楽しい一日を、ありがとうございました。
 えー、また奈良に・・・今度奈良に来たときは、100年のこととかを分かるようになっていたいと思います。(^^;;
 ありがとうございました♡」

投げキッスをしながら、ゆかりんが退場します。

初めての奈良公演でしたが、序盤のMCから男爵がからむからむ。そしてゆるーい感じになりました。(^^;;
曲は「チェルシーガール」が「LOVE ME NOW!」に。ここが変わるとは!正直、油断していました。(^^;;

たまたま今回は前の方でステージを見られましたが、ゆかりんは終始笑顔で、こちらもとても嬉しくなりました。
こんな笑顔のゆかりんがもっと見られれば、なんて心から思った奈良公演でした。
---


02月10日(金曜日)


一応、昨日の続きの結果報告から。

今日はイヤホンを装着して目を瞑りましたが・・・やっぱり寝付き?は良くなかったです。
何でなんでしょう?いい感じに寝不足な日が続いているのに。(^^;;

カレンダーの日付を見ると、建国記念の日の前日、2月10日。
土曜日と祝日が重なるなんて・・・と思いつつ、この日付には思い入れがあります。

振り返ること24年前の1988年、『ドラゴンクエストIII』が発売になった日です。
当時は品切れ、品切れで、私が『ドラクエIII』を手に入れたのは、発売から1ヶ月以上後になりますが。(^^;;

ゲームと言えば、ちまちまながら進んでいる『MH3G』。
いつもは寝る前に1〜2狩りですが、今日は気が向いたので、帰りの電車で1狩り。

村クエは概ね終わって、G級を進めたくなったので、G級の装備を揃えようと同じモンスターをちぎっては投げ・・・られつつ。(^^;;
あと1アイテムで装備が完成します。

でも、この1アイテムが1クエストで出るかどうか・・・ほら、“物欲センサー”ってのがありますから。(^^;;
この週末で出来ればいいかなぁ、なんて。色んな人に会える予感がするもので。(^^;;

ドコモは関西地方で80万、KDDIは全国で130万――2社が通信障害の影響範囲を公表

1月の国内総ツイート数が10億突破、前年同期比で87%増〜BIGLOBE調査

グーグル「ストリートビュー」地底へ、山口・秋芳洞と島根・石見銀山を公開

Kodak、デジタルカメラから撤退へ

パナソニック、VHSビデオ機の生産を終了

「デュフフコポォ オウフドプフォ フォカヌポウ」 第7回オタク川柳の投票開始

竹達彩奈がついに4月11日にソロCDデビュー!5月16日にはイメージBD&DVDも発売!!

堀江由衣“Coloring総選挙”はグリーンが1位を獲得! 2月11日(土)&12日(日)放送の『天使のたまご』に4色の堀江由衣が登場!

Webラジオ『あか☆ぷろ!!!』が復活! 明井3姉妹役の松来未祐・加藤英美里・巽悠衣子からコメントが到着!

新田恵海が“ほんのり穂乃果色”に染め上げる!『2012年度ラブライ部員とμ'sの課外活動』レポート


02月09日(木曜日)


通勤って毎日の繰り返しなので、どうしても同じ事をしてしまいます。

同じ時間の電車に乗る、というのはその最たるものですし、電車を待っている間や乗ってからも、同じ事の繰り返し。
で、イヤホンを耳に付けて、音楽を聴きながら目を閉じるのが、私のいつもの流儀。

でも、ここ最近は気絶するように意識を失っているので、正直何も聞こえていません。(^^;;
なので思い切って、何も聞かずにそのまま寝てみようと思いました。

結果は・・・なかなか寝付けず。あれ?
ちなみに帰りの電車では、何も聞かずに寝ているので、静かなのが慣れていないわけではありません。

取り敢えず、明日はまたイヤホンを付けて、快眠?できるかどうかを確かめてみたいと思います。
人間心理の奥深さを探究中です。(^^;;

iPhoneの連絡先データ無断収集のPathが謝罪 アプリをアップデート

1月の国内ツイート数が10億突破 1年で1.9倍、最多は日曜日

YouTube“押しつけない”動画広告、「TrueView」が好調な理由

東武伊勢崎線、愛称「東武スカイツリーライン」に 浅草・押上〜東武動物公園間

歩いて歩いて日本地図を作ろう! 万歩計「新・平成の伊能忠敬」

ONE PIECE:最新65巻が首位 コミック部門16作連続 64巻も連続8作目の累計300万部突破

金元寿子・大亀あすか・伊瀬茉莉也がセーラー服姿で登場! 「『フォトカノ』プレフォトセッション」レポート


02月08日(水曜日)


今日は移動が多かった、ように感じました。

まず朝は駅までウォーキング。
月・火曜とウォーキングしていなかった(月曜は筋肉痛、火曜は雨)ので、余計に長く感じられたのかも。

午後は研修の講師。
それでお昼前から電車移動。なんだかんだで40分以上電車に乗っていました。長く感じられるわけです。(^^;;

研修は何事も無く終了し、帰り道。
同じルートをたどって帰るわけですが、行きと帰りで電車に乗る時間が変わることも無く。

で、その電車に乗っている間、殆ど寝ていました。
単に睡眠時間が足りないのが原因なのでしょうが、乗って目を瞑って5分以内に意識を失っていては、もはや才能と言ってもいいかも。(ぉ

早く寝ればいいのでしょうが・・・夜更かししている記憶が無かったりするのがまた厄介。
今日も一狩りして、すんなりと寝ようと思います。(^^;;

Googleが「Chrome for Android」ついに公開、独自UIで高速ブラウジング可能
「Google Chrome」のAndroidアプリ登場 ブックマークやタブをPCと同期して軽快に
Android版Chromeが標準ブラウザになる? iOS版の可能性は? Google副社長に聞いてみた

「.kyoto」でアニメ産業にも貢献、KCGのグループ校がレジストリに名乗り

世界最強ママチャリで往く! 埼玉発、東京湾行きサイクリング

マ、マジで!? アメリカで「ベーコンシェイク」が発売される

聖地巡礼:札幌のファミマがみっくみく! 雪ミク仕様のコンビニを巡礼してきた

今井麻美×喜多村英梨によるユニット“ARTERY VEIN”オフィシャルコメントが到着!

OAD『君のいる町 〜黄昏交差点〜』第1話より、細谷佳正・中島愛・早見沙織・増田俊樹・野菜々のコメントが到着


02月07日(火曜日)


前日の天気予報によると、今日の東京は17度まで温度が上がるとか。

いくらなんでもそこまでは、と思いつつ、寒さにうんざりしている今日この頃。
17度とは行かなくても、ちょっと期待した気持ちがありました。はい、過去形です。

朝は嵐のように雨・風ともに強く、ホームで電車を待っているのが辛かったです。(>_<)
昨日の今日だし、朝は寒さが残るのでしょう。日中はさぞ暖かくなることでしょう・・・と、期待を込めつつ職場に向かいました。

ところが昼休みに事務所を出ても、外から暖かい空気が伝わってきません。
帰りも寒くは無いですが、決して暖かくなく。

で、今日の東京の最高気温は10度くらいだったとか。
2月を甘く見てはいけませんねっ。怪我をします。

怪我と言えば、左の指が集中して負傷しています。
1つは「黒ネコ同盟 ひみつ文書」を開けるときに人差し指をスパッと切り。
もう1つは、マフラーを取るときに親指を爪でえぐり。

どちらも大したことは無いですが、気にならないわけでは無い、この微妙な感じ。
集中力が切れているのか、何かの前触れなのか。できればいい前触れでありますようにっ。(>_<)

首都直下型地震の確率、「4年で50%以下」に修正

帰宅困難者を上陸用舟艇で輸送! 都と米軍の共同訓練を取材

KONAMI、3DS「NEWラブプラス」発売記念イベント開催。内田シニアプロデューサーとミノ☆タロー氏が秋葉原、名古屋、大阪を巡る!!

「アドリブアニメ研究所」公開収録に加藤英美里、福原香織、高橋美佳子が登場!

「gdgd妖精s」第1巻発売記念!三森すずこ、水原薫、明坂聡美インタビュー
三森すずこ、水原薫、明坂聡美がぐだぐだトーク&ライブ!「gdgd妖精s」第1巻発売記念イベントレポート

今井麻美ライブツアー“Aroma of happiness”追加公演大阪リポート


02月06日(月曜日)


ああ月曜日、月曜日。平日の始まり。

ツアー初めての2daysを越えての月曜日。
身体の方はどうかというと・・・重い。重いです。(^^;;

喉は名古屋で鍛えられたのか、それほどのダメージを負っていませんでした。ちゃんと「おはようございます。」が相手に伝わりました。(^^;;
ライブが終わったあとの帰り道で、のど飴を舐め続けたことと、「のどスプレー」を処方したのが、いい結果に繋がったのかと。

一方、脚はかなりよれよれになりました。
そんな中、朝の電車は5分遅れで駅に到着。少し急いで職場に向かう必要に迫られましたが、脚が前に進まない、進まない。(^^;;

それより辛かったのは、階段を下りるときと、椅子に座るとき。
どうやら踏ん張りがきかない模様。
きついのはアキレス腱と腿なので、貼るタイプより塗りタイプがいいのかな、なんて思ったり。

あとは、体力が弱っているので、自分が感じるよりちょっと厚着を意識しています。
ここで風邪を引いたら、平日で治す自信は無いですし、何よりこれ以上休みが取れません。(^^;;
まだまだツアー前半戦、自分を労っていきましょうっ。

Android マーケットのマルウェア検出、Googleが「Bouncer」導入

IPAも“スマホ版ワンクリック請求”を確認、料金督促SMS届く

SCE、PlayStation Vitaに地図と動画撮影追加

品質バッチシ! スマホを充電できるソニーの手回し充電ラジオ

人間そっくりアンドロイドが恋する表情でお待ちしてます 高島屋のショーウィンドウに人だかり

日清食品、200億食達成記念カップヌードルを3種限定販売

今世紀最大!?:節分はトマト祭り+ハロウィンだった 1トンの豆が乱れ飛ぶ「すごい豆まき」体験記

新谷良子|謎の「鍵マーク」の正体がついに解明!

3月15日(木)より始まる堀江由衣の全国ツアー「堀江由衣をめぐる冒険V〜Secret Mission Tour〜」、東京国際フォーラムでの追加公演が決定

Kalafinaインタビュー会見レポート

今井麻美2ndアルバム『Aroma of happiness』発売記念イベントリポート in 東京


02月05日(日曜日)


「I Love Rabbit」ツアー、仙台2日目っ。

仙台に泊まって余裕があるとは言え、夕方からライブがあるので、観光に行く気もしません。
そこで!ということで、一昨年のツアーでゆかりんの行ったラーメン屋「田中そば店」に勇士で行くことに。

開店20分前に店に着きましたが、駅のホームで友人に会ったり。(^^;;
結果、開店時には50人くらいの行列に。もちろん昨日会った気がする人ばかり、いや、人しかいません!(ぉ

そこで噂の「肉そば」をいただきましたが・・・美味しいっ。
チャーシューが面を覆うくらい敷き詰められていて、スープはさっぱり。ちぢれ麺は食べても食べても減りません。(^^;;
朝から何も食べていない空きっ腹にちょうどいい感じでした♪

気になるお天気ですが、朝は晴れ。午後に掛けて雲が出てきて、風が冷たかったですが、雪が降ることはありませんでした。
そんな中、会場付近の屋外で、友人たちで狩りに行ったり。(ぉ
そうこうしているうちに開場時間に。外が明るい内にライブ会場に入るのは、いつもながらに違和感を感じます。(^^;;

---
日時:2012年02月05日(日曜日)17:04〜20:12
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *
場所:仙台サンプラザホール
内容:ライブ

ちょっと気になるライブ前のBGMは、昨日と同じく“50TA”。相変わらず「Perfect Love」で盛り上がります。しかも昨日よりもはっきりと。(^^;;
ステージには幕が下りて無く、白が基調のオーソドックスな3段構成。
真ん中の段の真ん中には、踊り場が用意されていました。そして、一番高い段の奥にはLEDのスクリーンがありました。

時間になり、会場が暗くなってライブスタート。
スクリーンに映像が映りつつ、ファンファーレの元、バンドメンバーこと桃色男爵が入場。

一番高い段には桃色メイツと桃猫団。その頃に、中央のスクリーンは扉が映し出されていて、それが徐々に大きくなっていきます。
扉の向こうにいるのは・・・もちろん今日の主役、ゆかりんこと“田村ゆかり”!
ラメのかかったピンクのドレス姿で登場です。

「アイ マイ ボーダー」
「Super Special Smiling Shy girl」
「ラブリィ レクチャー」

会場のテンションは最初からクライマックス(古?)です。(^^;;
曲が終わってもその気持ちは収まらず、ゆかりんへの歓声が会場を覆います。

田村「こんばんは♡」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです♡
 「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love・・・」あ、間違った。(^^;;
 ・・・こんばんは♡」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです。(^^;;
 「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *」宮城公演2日目、仙台・・・あ、間違った。(^^;;」

水を飲んで仕切り直しますが、なかなか今日は上手くいきません。(^^;;
水を飲みに行くこと、2度目・・・

田村「こんばんは♡」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです。(^^;;
 えー、「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *」宮城公演2日目、仙台サンプラザホール。(^^;;」
(客席から拍手が)
田村「・・・何の拍手なの。(^^;;」

ゆかりんが一つ大きくなった事への拍手です。(^^;;

田村「昨日と同じところ噛んだし。何だか“仙台サンプラザ”って“さんだい”って間違えない?
 間違える度にお水を飲んで、この位置(ステージ中央)に来るじゃん。お腹がたぷたぷです。
 お水を飲み過ぎると“たぷりん”になっちゃうし・・・」

と、ここで格好のネタが。(^^;;
客席から「たぷりん」コールが嵐のように沸きます。更に亜種バージョンも。

田村「「たぷかわいい」って何?何でもいいんだな。(^^;;」

田村「ということで、今日が2日目。この会場、宇宙みたいだね。
 (客席に向かって)君たちは宇宙のチリだから、分からないけど。
 赤(色)は古いんだっけ?・・・ローソクだと真ん中が一番暑いよね。
 ・・・赤い星は古いとかじゃなくて、燃焼温度が・・・なの?・・・燃えかす。(^^;;
 じゃあゆかりは、ここから君たちの“燃えかす”を見て、“燃えかすっぷり”を見るよ。(^^;;」

どうやら、ゆかりんは“燃えかす”という言葉が気に入ったようです。(^^;;

田村「(水を手にして)ねえみんなさ、この(ゆかり)水買うか貰えるかした?
 ・・・ああ、APECなんだ。APECって言っても分からないか。(^^;;」

一昨年のツアー:SCSで、がちゃがちゃのことを“APEC”と称しましたが、まだ続いていたとは。(^^;;

田村「ということで、こんな宇宙みたいな席でライブをやりたいと思います。
 仙台サンプラザ特有の1人席の人も・・・」

と、離れのようになっている1人席の人だけを立たせます。
会場は左右対称になっていますが、右手の方に人が1人いません。と、ここで遅れて入ってくる客が。しかも右手から。

田村「どうぞ、こちらが田村ゆかりの席になります。あなたのために立ってます。
 あの・・・お仕事の都合とか、交通事情とか、困ってる人を助けたとか。」
遅れて来た人「正直に答えると・・・
田村「ちょっと嫌な予感が。まさか“掛け持ち”の人では・・・?」
遅れて来た人「正直に答えると・・・寝坊です。(^^;;」
田村「ああ、睡眠は大事です。(^^;;」

ちなみに、遅れて来た人は1人席ではありませんでした。残念。(^^;;
と、ここら辺で次の曲に。イントロでピンクのドレスを脱いで、緑色のワンピース姿に。見た目も色も、軽快な感じです。

「太陽のイヴ」

「ラブサイン」
「ほんのり桜色」

「ほんのり桜色」ではステージ2段目の踊り場に、小さな白いソファーが現れ、腰掛けて歌ったり。
桃色メイツはハート型のクッションを持って、ステージ上が乙女チックな世界になります。

ここでゆかりんは退場。
スクリーンに映し出されたのは、“ステージ通販のお姫様♡”こと、「YUKARI Midnight Shop」。司会は“コージ”、相手役として“ゆかりおねぃさん”が出てくる、深夜の通販番組みたいな映像です。(^^;;

このShopで売るのは、会場限定のメンバー紹介を兼ねての“桃色男爵”。
今回のメンバーは以下の通り:

  • ベース:まさにゃん
  • ギター:JACK
  • ドラム:はた坊(
  • サックス:GOD
  • キーボード:Pたん

「○割引」「お値段据え置き」と魅力的なコピーから「お高いんでしょう?」「僕が嘘をついたことがあるかい?」といった、お決まりのセリフまで再現されています。(^^;;
おまけとして“桃猫団”(『やっぱりくすんだ猫が好き』DVD付)、『Yukari Boot Camp』ビデオに紹介の桃色メイツも紹介されます。

こんなに魅力的な賞品ですが、電話が殺到して“完売御礼”とのこと。次は奈良で営業、とか?(^^;;
続いて曲に。ゆかりんは紫の、キャンディーの包み紙のようなジャンパースカートで登場。ステージも衣装に合わせて紫色に染まります。

「Sympathy of Love」
「雨音はモノクローム」
「if」

「if」は振り付けがロボットダンスのようで、桃色メイツはオリエンタル調のドレスを着ていました。
ここでゆかりんは退場。

スクリーンに映し出されたのは「レッツゴー!ヤングスターの星☆」という、昭和チックな番組(?)
肩に付かないくらいのボブ(いわゆる聖子ちゃんカット)で、“宮城県仙台市出身”の“田村ゆかり”さんが歌います。

「ときめきフォーリンラブ」(映像)

これまた昭和チックなメロディーラインです。(^^;;
衣装は丈が足首まであるようなストレートなワンピース。「お母さんがカーテンで作ってくれた」とか何とか。(^^;;
昭和なコールが必須です!!(ぇ

そしてゆかりんが登場。“宮城県仙台市出身”の人とは違って、妖艶な紫色のドレス姿です。

「AMBER〜人魚の涙〜」
「Black cherry」
「トラウマの耳たぶ」

映像とは一転、おとな〜な雰囲気の3曲が続きました。
ここで再度ゆかりんは退場し、メンバーソロに。次のゆかりんはうさ耳を付けた、ミニスカサンタ風とも言える、赤白のラブリー♡な衣装で登場♪

「好き...でもリベンジ」
「ねぇ恋しちゃったかな」
「星屑スパイラル」

続いて・・・映像に。今度は「ゆかりんミキサー」という映像。
ゆかりんが色々な素材を使ってジュースを作り、色んな人に振る舞おう、というコーナーです。
今回は“桃色メイツ”。テーマは“緑”で、緑っぽいものを多く入れますが、当然“青汁”のような感じに。味も・・・
気を取り直して、メロンとかイチゴとか・・・キムチとか。(ぇ もちろん・・・メイツのみなさん、頑張って生きていきましょう!

そしてゆかりんが登場。白ベースに黒が彩られ、金色で縁取られた、ちょっと騎士っぽいドレス姿です。
可愛いとか妖艶ではなく、高貴な雰囲気すら漂います。

「Heavenly Stars」

ここで久々のMCに。歓声は会場のテンションと同じく大きく、なかなか止みません。それをジッと聞いているゆかりん。

田村「・・・もうほっといたら、みんなずっと何か言ってるのかな・・・」

そんな言葉では、火に油を注ぐようなものです。(^^;; さすがにゆかりんが諫めて、MCを続けます。

田村「なんかアレだね。人間ウォッチングすると色んな種類の人がいて、楽しそうだね。でもしないけど。(^^;;」

ゆかりんにウォッチングされたいっ!←

田村「DSの話になるけど、(3)DSですれちがいやってるの。
 あれさ、毎週ね、文化放送に行くとすれちがう“ぽる”さんって人がいて。毎週すれちがうの。
 ゆかりは社員さんじゃ無いから、ちょっと行くだけなんだけど、毎週すれちがうから、同じフロアにいると思うの。
 で、(すれちがいのキャラが)初老の人なの。でもいなくて、捜しても・・・」

と、“初老”というキーワードに反応して、まさにゃんに視線が行きます。

まさにゃん「いいですよ、初老で。」
田村「でも良かったね。初老で。「初めの老い」でしょ?」
まさにゃん「人生50年だったら死んでるからね。」
田村「でもおじいちゃんじゃなくて良かったね。(^^;;
 (まさにゃんに向かって)座ってもいいよ?あ、座ると寝るからか。」
まさにゃん「立ちながらだって寝られますよ。」

取り敢えず「初老のあとに“まさにゃん”と言うのは禁止」ということに。

田村「昔々、あるところにおじいちゃんと・・・」
(客席「まさにゃん!」)
JACK「君たち酷いな。(^^;; 集団イジメだな。(^^;;」
田村「おじいちゃんと・・変態が。」

と、今度ははた坊に視線が集まります。

はた坊「ということは、君たち(客席)の仲間に入れてくれるんだな?」
田村「いや、はた坊の変態は違うから。」

なんか話の方向が怪しくなってきました。(^^;; 気を取り直して、3DSの話に。

田村「決まった時間にちょっといるだけだから、DS持ってうろうろしてたらアナウンサーの・・・あ、東北の人は文化放送のこと分からないよね。
 K太郎さんってアナウンサーがいて、「どうしたの?」って聞かれたから、「“ぽる”さんを捜してる」って言ったら、「ああ、“ぽる”さん?・・・俺も捜してる。(^^;;」
 DSを見たら、K太郎さんは違ってて、みんな“ぽる”さんを捜してるの。」

田村「何度かすれちがったらコメントが入れられるんだけど、K太郎さんから「“ぽる”さん、見つかりました?」って。
 調べていったらどうも報道の人で、見に行ったらヒゲが無くて。「ヒゲ剃りました?」ってコメントで言ったら、クリスマス用のヒゲで、初老でも何でも無い普通のおっさんだったの。
 途中から「“ぽる”さんを捜すゲーム」だった。
 ・・・という話をしようと思ったら、いつの間にかまさにゃんの話になって。(^^;;」

まあこれが「ライブは生き物」ということでしょうか。ちょっと違うかも知れませんが。(^^;;
で、ゆかりんが水を飲みに行くと、会場から「たぷりん」コールが。

JACK「みんな反応良すぎ。給水してるだけ。」
田村「・・・もう次の会場から「たぷりん」って言っちゃダメだからね。仙台に来たときだけ言っていいからね?」

そんなことを言うものだから、ここぞとばかりに「たぷりん」コールが沸き上がります。(^^;;

田村「うっせー!!
 「たぷるん」って言ってる人いるでしょ?「るん」って名前じゃないからね。なんかいるかな・・・かびるんるん?

「かぶるんるん」を説明しようと客席から声が上がりますが、ゆかりんが1人を指名して説明を受けることに。
でも、緊張も伴ってか、上手く説明できず・・・

田村「ちょっと待って。3行にまとめるからね。
 バイキンマンがUFOからたまに・・・
 アンパンマンをカビにしちゃう・・・
 ・・・武器?」

まあ、まんざら間違っていません。(^^;;
客席から「かびるんるん」の鳴き声?を真似る人が。中に1人、ゆかりんのツボに入った人がいたようで、マイクを向けます。「(高い声で)かぴかぴ〜
ゆかりん、大受けです。(^^;;

田村「・・・で、なんで「かびるんるん」の話になったんだっけ・・・?(^^;;」

ここでJACKにマイクを向けて、「かぴかぴ〜」と言わせようとしますが・・・

田村「声がちっちゃい!リハーサルで「ラブサイン」の時、いつも「あ〜ん♡」って言ってるじゃん。」
JACK「今さっきも言ってた。スタッフ爆笑。(^^;;」
田村「あれ、効果音みたいなものだから、ゆかりが言わなくてもいいんじゃん。」

と、ゆかりんとJACKが会場に背を向けて、どちらが「あ〜ん♡」と言っているか当てるゲームに。(^^;;
2回目からは、男爵全員が言うようになりました。(^^;;
「輪唱みたいになったらいいね。左から言って、パンで左から聞こえるようにして。」(まさにゃん)と、こだわりが。(^^;;

JACK「(他の男爵に向かって)でも、僕の気持ち分かったでしょ。すごくグッとくる。

今度は客席が言うことに。先生はJACKです。(^^;;
「あ〜ん♡(下に下がる)」というJACK先生のダメ出しを受けつつ、なんとか形に。なんじゃこりゃ。(^^;;

と、ゆかりんは水を飲みに行きます。もちろん「たぷりん」コールが発生します。(^^;;

(客席「たぷりーん!」)
田村「かぴかぴ〜。・・・ここだけだからね。仙台だけだからね。
 ・・・はい、じゃあ気持ちを入れ替えていきましょう。(^^;;」

次はMCとはがらりと印象が変わって、この曲に。

「滑空の果てのイノセント」
「この指とまれ」

「この指とまれ」の出だして上着?を脱いで、真っ白なワンピースに。
そして次の曲では出だしに銀テープが発射!

「MERRY MERRY MERRY MENU・・・ね!」
「チェルシーガール」
「fancy baby doll」

「fancy baby doll」では昨日の指導もあって、「世界一、めんこいよ!」のコールに。なんと最後の3度目ではスクリーンにも「めんこいよ!」の文字が。
もちろんゆかりんの返しは「おしょうしなー!」熱い、大きな歓声の中、ゆかりんが喋ります。

田村「はい。・・・ふふふ♪・・・(歓声に応えて)おしょうしな〜♪
 ということで、今日はどうもありがとうございました。」

そして本編最後の曲に。

「真新しいカレンダー」

「ありがとうございましたっ。」と言ってゆかりんはステージを去りました。
遅れて退場する桃色男爵にも、暖かい拍手が送られました。

---アンコール
ゆかりんはピンクのライブTシャツに、オレンジのスカートで登場っ。

「Endless Story」

中々止まない歓声に、ゆかりんが応えます。

田村「アンコールどうもありがとう♡」

と言って、ゆかりんは水を飲みに行きます。もちろん客席からは「たぷりん」コールが上がります。(^^;;

田村「「せーの!」とか来ちゃったよ。(^^;;・・・ありがとうございます。(^^;;
 ・・・「おしょうしな」って宮城じゃないのか。山形か。・・・隣?
 ・・・(抑揚の無いロボット声で)ユカリ、オボエタ。ユカリ、ニシ、オボエタ。シタ、チガウ、チガウ、チガウ・・・ユカリ、オボエラレナイ・・・

田村「ゆかりんの記憶は容量が少ないの。56kくらい?・・・書類一個分くらい。
 だから、ちょっとデフラグ掛けないと赤・緑・黒ってバラバラになってるの。」

田村「最適化、超楽しいよねー。
 Macにはないんだよね。必要ないから?Windowsには標準で付いてるけど。ゆかりはどーしても最適化したいから、ソフト買ったんです。
 けど、始まったらずーっと見ちゃうんだよねー。緑にカーソル当てると「2012年、jpg」って、あー、こうやって整理されていくんだ・・・って。
 ボーッと見てたら画面が暗くなって、省エネモードになって、慌ててガって動かして。
 みんなも見る?あれ好きなんだよね。あの地味な感じ。ゆかりのパソコンが整頓される感じ。」

田村「(客席に反応して)ゆかりを整頓する?でも、結構揃ってるよ。
 (スカートを指して)オレンジ、緑、オレンジ・・・」

と、段々とスカートの下に行って、最後に。その中は・・・

田村「言わないよ!バカ!

まあ、です、よね。(^^;;
ここで水を飲みに行くゆかりん。もちろん「たぷりん」「たぷるん」コールがゆかりんにかかります。

田村「(「たぷる〜ん?」に対して)その言い方、腹立つわー。(^^;;」

田村「ということで、今日はありがとうございました。
 仙台のお約束も出来たし。(^^;; 注ぎに仙台に来ることがあったら・・・来られるかどうか分からないけど・・・いや、次があるかどうかすら分からないけど・・・(^^;;
 万が一来たときは、いや、もしも来たときは・・・「たぷるん」はいいや。(^^;;
 ・・・「めんこい」って合ってる?テレビあったよね。“岩手めんこいテレビ”・・・岩手?ちがくない?
 ・・・(東北)全般で使うから大丈夫?」

ということで、「めんたい」のOKは出ましたっ!

田村「(ロボット声で)オボエタカラ、ヒトツワスレタ。ゴミバコヲカラニスル。
 山形は・・・ふえーん、分からないよー。(>_<)
 処理速度遅いから、ハードディスクがカラカラいってるよ。
 ・・・仙台にまた来たいので、そのときは優しくしてください。(^^;;」

もちろん!もちのろん!
そして、アンコールもいよいよ終盤にっ。

「You & Me」
「チアガール in my heart」

「チアガール」ではメンバー紹介もありつつ。「ゆかり王国オーディエンスのみなさま」「ボーカル:田村ゆかり」も含めて。
そしてアンコールの曲も終了しました。「ありがとうございました!」とゆかりんが言って、桃色男爵・桃色メイツ・桃猫団とゆかりんが一列に並んで、礼。
他のメンバーが退場する中、ゆかりんは客席を大きく大きく回って、全員に手を振ります。

田村「今日は本当にありがとうございました。
 えー・・・また、元気いっぱいのみなさんにお会いしたいと思います。
 次仙台に来たときは、また遊びに来てください。元気でね。またね♡」

投げキッスをしながら、ゆかりんが退場します。

仙台2daysが終わりました。
今日は開演時間が早く、電車の余裕があるせいかMCがあそこへ向こうへと脱線しまくりました。もちろんいい意味で。(^^;;
客席いじりも、ゆかりんの真骨頂かと。(^^;;

曲は「プレゼント」→「星屑スパイラル」に変更がありました。
さすがに演出を見ていると、これ以上の変更は無理かなと。きらっきらした感じがどちらも似ています。(^^;;
個人的には「プレゼント」の方がウルっときます。(^^;;

そして、仙台2日間では「めろ〜ん」が無い!
正直、食傷気味だったので、この“前例”が活かされることを期待します。「めろ〜ん」がなくても、めろめろでしょうに。(^^;;

安定した歌が聴けて、面白いMC(^^;;が聞けて、楽しい仙台公演になりました。
特に「また来たい」とゆかりんに言われたのは、客の一部として嬉しいです♪
また、よろしくお願いしますっ。
---


02月04日(土曜日)


世界一、めんこいよ!(意味のあるネタバレ)

「I Love Rabbit」ツアー、今日は仙台にやってきました。
名古屋は日帰りだったので、荷物にならないように物販はTシャツしか買いませんでしたが、今日は泊まりがけなので、時間も荷物も余裕があります。
お昼頃に仙台駅に着いて、そのまま会場となる仙台サンプラザホールへ。
ところどころ雪がありましたが、陽射しも指すくらいのいいお天気。

でも、並び始めると雪がちらつき始めます。
気温は対策しているので、名古屋より全然楽でしたが、雪が3DSや携帯にかかると、所詮水分なので、迷惑この上なし!
暇つぶし道具をすっかり奪われましたが、物販の開始時間が予定より早かったこともあってか、2時間程度並んでグッズを購入することが出来ました♪

で、時間が経つにつれ雪は止まずに、むしろ酷くなっていきます。
それは想定していなかったっ。(>_<)

---
日時:2012年02月04日(土曜日)18:33〜21:34
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *
場所:仙台サンプラザホール
内容:ライブ

今日の会場のBGMは名古屋の“クレイジーケンバンド”ではなく、狩野英孝率いる“50TA”。
最後の「Perfect Love」では客席から合いの手が入ったりして、始まる前からテンション高いです。(^^;;

ステージには幕が下りて無く、白が基調のオーソドックスな3段構成。
真ん中の段の真ん中には、踊り場が用意されていました。そして、一番高い段の奥にはLEDのスクリーンがありました。

時間になり、会場が暗くなってライブスタート。
スクリーンに映像が映りつつ、ファンファーレの元、バンドメンバーこと桃色男爵が入場。

一番高い段には桃色メイツと桃猫団。その頃に、中央のスクリーンは扉が映し出されていて、それが徐々に大きくなっていきます。
扉の向こうにいるのは・・・もちろん今日の主役、ゆかりんこと“田村ゆかり”!
ラメのかかったピンクのドレス姿で登場です。

「アイ マイ ボーダー」
「Super Special Smiling Shy girl」
「ラブリィ レクチャー」

会場のテンションは最初からクライマックス(古?)です。(^^;;
曲が終わってもその気持ちは収まらず、ゆかりんへの歓声が会場を覆います。

田村「こんばんは♪」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです♡」

田村「えー、ということで「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *」」、宮城公演、仙台シャンプランラン・・・
 ・・・こんばんは♪」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです♡
 「アニメロミックスpresents 「田村ゆかり LOVE♡LIVE 2012 * I Love Rabbit *」」、宮城公演、仙・台・サン・プラザ・ホール。(一音ずつ確かめるように)
 ・・・言えた。(^^;;」

言い直すどころか、挨拶からのやり直しになりました。(^^;;

田村「ということで、仙台にやってきましたー。・・・寒いね。(^^;;
 この中で地元・・・地元、どこかな?東北地方の人?・・・お、意外といる。
 あとは・・・あとは、いいです。
(客席「えーっ!」
田村「だって、「それ以外の人」って言おうと思ったけど、今、手を挙げなかった人がそうなんでしょ。
 じゃあ、沖縄の人?・・・2人もいる!(両サイドに1人ずつ)他人?友達いる?聞き方が違った。(^^;;
 でもまあ、心の距離は近いよ。(^^;;」

田村「宮城寒いと思って天気予報見たけど、東京の夜中くらいがずっと、というか、それくらいが暖かい?
 3度とか・・・3度ってポッカポカなの?」

田村「日本って広いから、どれくらい寒暖の差があるか気になるじゃん。調べてみました・・・iPhoneのアプリで。(^^;;
 北海道、大きいじゃん。・・・でっかいどう。(^^;;
 ゆかり、地理詳しくないから、緯度経度とか、よく分かんないんだけど。(^^;; 上が(気温が)低いんだっけ?」

田村「で、北海道のここ(一番北)を調べたんだけど、そんなに寒くないの。あ、もちろん寒いんだけど。
 そこより横(東)の滑り台みたいなところ(知床半島)の方が寒いのね。
 こりゃ東京で「寒い、寒い」って言ってたら自分のマインドに・・・負けるね。

田村「沖縄を見たら、18度。18度ってコート要らないよね?」
(客席から多くの声が上がる)
田村「今、(さっき聞いた)2人しか聞いてないからね。
 着ない!そっか・・・だから何も無いんだけど。(^^;; 発展性とか。
 日本って素晴らしいなぁ、四季があるって素晴らしいなぁ、と。」

田村「外は寒いですが、みなさんの熱気で会場の中が暖かくなったらいいと思います。(下を向きながら、やや棒読み)」

最後はゆかりんらしい、照れでMCが締まりました。(^^;;
続いて次の曲に。

「太陽のイヴ」

歌い終わると、次の曲のイントロでピンクのドレスを脱いで、緑色のワンピース姿に。見た目も色も、軽快な感じです。

「ラブサイン」
「ほんのり桜色」

「ほんのり桜色」ではステージ2段目の踊り場に、小さな白いソファーが現れ、腰掛けて歌ったり。
桃色メイツはハート型のクッションを持って、ステージ上が乙女チックな世界になります。

ここでゆかりんは退場。
スクリーンに映し出されたのは「YUKARI Midnight Shop」の文字。司会は“コージ”、相手役として“ゆかりおねぃさん”が出てくる、深夜の通販番組(ステージ通販のお姫様♡?)みたいな映像です。(^^;;

このShopで売るのは、メンバー紹介を兼ねての“桃色男爵”。
今回のメンバーは以下の通り:

  • ベース:まさにゃん
  • ギター:JACK
  • ドラム:はた坊(
  • キーボード:Pたん
  • サックス:GOD

「○割引」「お値段据え置き」と魅力的なコピーから「お高いんでしょう?」「僕が嘘をついたことがあるかい?」といった、お決まりのセリフまで再現されています。(^^;;
おまけとして“桃猫団”(『やっぱりくすんだ猫が好き』DVD付)、『YUKARI'S BOOT CAMP』ビデオに紹介の桃色メイツも紹介されます。

こんなに魅力的な賞品ですが、電話が殺到して“完売御礼”とのこと。翌日には在庫が復旧するかもとのこと。(^^;;
続いて曲に。ゆかりんは紫の、キャンディーの包み紙のようなジャンパースカートで登場。ステージも衣装に合わせて紫色に染まります。

「Sympathy of Love」
「雨音はモノクローム」
「if」

「if」は振り付けがロボットダンスのようで、桃色メイツはオリエンタル調のドレスを着ていました。
ここでゆかりんは退場。

スクリーンに映し出されたのは「レッツゴー!ヤングスターの星☆」という、昭和チックな番組(?)
肩に付かないくらいのボブ(いわゆる聖子ちゃんカット)で、“宮城県仙台市出身”の“田村ゆかり”さんが歌います。

「ときめきフォーリンラブ」(映像)

これまた昭和チックなメロディーラインです。(^^;;
衣装は丈が足首まであるようなストレートなワンピース。「お母さんがカーテンで作ってくれた」とか何とか。(^^;;
昭和なコールが必須です!!(ぇ

そしてゆかりんが登場。“宮城県仙台市出身”の人とは違って、妖艶な紫色のドレス姿です。

「AMBER〜人魚の涙〜」
「Black cherry」
「トラウマの耳たぶ」

映像とは一転、おとな〜な雰囲気の3曲が続きました。
ここで再度ゆかりんは退場し、メンバーソロに。次のゆかりんはうさ耳を付けた、ミニスカサンタ風とも言える、赤白のラブリー♡な衣装で登場♪

「好き...でもリベンジ」
「ねぇ恋しちゃったかな」
「プレゼント」

続いて・・・映像に。今度は「ゆかりんBOX」という映像。
箱の中身はなんでしょう?にゆかりんが挑戦する、という内容でした。

「『春待ちソレイユ』初回限定版」「笑うサルのおもちゃ」「しらたき」と順調に正解して、最後の一問はなんと「なまこ」
見た目からしてグロテスクですが、それを持ち上げて、更には箱から出してスタッフさんに渡そうとするゆかりん。何気に逞しいです。(^^;;
ただ、最終的にゆかりんが「撤収!」と言ったので、今回が最後の機会になりそうです。(^^;;

そしてゆかりんが登場。白ベースに黒が彩られ、金色で縁取られた、ちょっと騎士っぽいドレス姿です。
可愛いとか妖艶ではなく、高貴な雰囲気すら漂います。思わず見とれましたっ。

「Heavenly Stars」

ここで久々のMCに。歓声は会場のテンションと同じく、大きくなります。

田村「・・・えー・・・ゆかりんですけど。(^^;; どうも。
 さっきのやつ(「ゆかりんBOX」)見たよね?な〜〜〜まこ〜〜。
 なまこ触ったことある人いる?・・・なんで触ったの?海にいるの?え、海って何しに行ったの?
 ・・・ええ!まさかみんな泳げるの?みんなはゆかりの味方と思ってたのに・・・

田村「ゆかりはね、つい最近なんだけど、小学校の時・・・」
(客席「(やや間が空いて)・・・あー・・・」)
田村「(水泳の授業で)表があったの。「プールの中のゴルフボールを拾う」「水に顔をつけられる」とか。
 まあ、ゴルフボールが拾えなくて。なぜなら(水に)顔つけなきゃいけないじゃん。だから、こう・・・(と、足で取る仕草)」

田村「ドンドンと進んでいくと、やるのが変わってきて、「水に飛び込める」とか。あのバシ!って痛くなるの。
 勇気出して一生懸命やったら、バタバタバタってやったのに、すぐ後ろに、飛び込んだの(壁)がすぐ近くにあって。
 水泳向いてない、って思ったの。悟ったの。」

田村「海やだよー。海って目を開けると痛くなるんでしょ?
 ダイビングもやったことないよ。一生やらないんだろうね。
 「ブイの所まで泳ごう」って、ビート板使わないんでしょ。なんで泳げるの?・・・ああ、「習ってた」か。公文とかじゃダメだね・・・」
(客席「泳げなくても生きていける!」)
田村「そっかー・・・しみじみしちゃったね。(^^;; なんでこんな話になっちゃったんだろう?」

ということで、“なまこ”の話に戻ります。(^^;;

田村「食用のなまこだったんだけどね。
 元は透明の器にいたの。BOXにいたとき楕円形なの。そしたら、器に入れたらダラーってなって。あいつ、変幻自在なの!知ってた?
 食感はアワビと同じ?美味しくない?人による?」

田村「お酒に合う?・・・赤貝(に似てる)かー・・・塩味しかしないやつか。あいつかー・・・あいつならいいや。
 勝手にみんなのこと、運動神経無いと思ってたけど、逆に山得意な人いる?こう・・・(ロッククライミングの真似をするゆかりん)」

田村「なんかみんながジッと見てるから、怖いんですけど。(^^;;」

と、ステージを歩くゆかりん。
まず左サイドに手を振ります。そして真ん中、右・・・は、冷たく。(^^;;

田村「何これ?よく分からない。何の会なの?」
JACK「今日はゆかりんを愛でる会なの。」
田村「なんか・・・サルみたい。(^^;;」

田村「みんな並んでたけど、何食べるの?・・・ダメだ、心の目で見ても(何と言っているのか)聞こえない。
 でも、東北の人が多いのに「牛タン」はないよね?
 あれか、「博多の人が博多ラーメン食べない」のといっしょだ。・・・あれ、今ざわっとした。屋台か。「博多の人が屋台に行かない」。」

田村「なんかね、福岡にも利久ができたの。
 「利休」でなくても牛タン屋さんがあって、すごい並ぶの。珍しいから?でも・・・そんなか?
 味じゃ無いの。なんなら一番好きくらい。」

田村「新幹線のワゴン販売で「牛タン柔らかジャーキー」が食べたくなって、頼んだら「1,000円です。」「・・・Suicaでお願いします・・・」「いいです」って断る勇気が無かった。
 ビールに合いそうだった。味が濃くて。みんなにも勧めたいけど・・・何人かで分け合って食べてくださいね。(^^;;」

田村「そろそろ次の曲に行きます。・・・なんか段々お腹空いてきた。(^^;;
 普段は座ってるか寝てるかじゃん。(^^;; たまに動くとお腹空くね。」

いや、さすがに仕事で動いていると思いますが・・・でも、このときは私もお腹が空いてきました。(^^;;

「滑空の果てのイノセント」
「この指とまれ」

「この指とまれ」の出だして上着?を脱いで、真っ白なワンピースに。
そして次の曲では出だしに銀テープが発射!

「MERRY MERRY MERRY MENU・・・ね!」
「チェルシーガール」
「fancy baby doll」

「fancy baby doll」では2階にもうさぎを投げようとして・・・桃色メイツにも投げてもらいましたが、届かずじまい。残念っ。

田村「はい、えー、長かった・・・あ、そうじゃないんだよ。
 長かった今日の一日も、次の曲で最後になります。」

そして本編最後の曲に。

「真新しいカレンダー」

「ありがとうございました♡」と言ってゆかりんはステージを去りました。
遅れて退場する桃色男爵にも、暖かい拍手が送られました。

---アンコール
ゆかりんは黒のライブTシャツに、オレンジのスカートで登場っ。

「Endless Story」

田村「アンコールどうもありがとう♡
 今日は宮城に来て、「宮城っぽい方言ありますか?」って聞いたら「ないです。」って。(^^;;」

当然、ここで客席から色んな声がかかります。

田村「いきなり・・・いきなり痒い?(いきなり=すごいなので、正解)
 いきなり・・・いずい?(いずい=気持ちが悪いなので、ちょっと合っていません。(^^;;)
 宮城じゃ無い人はぽかーんだけど、「いきなり」は「すごい」ってことなのね。
 あ!「いきなり団子」って・・・あ、熊本ですが、すみません。」

田村「「今日は“いきなり”ありがとう。」ってこと?合ってる?
 他に(方言を)知っている人がいたら、明日使うから教えて。
 「おばんです」・・・こんばんは、みたいなものでしょ。何か(客席に向けて)言いたいでしょ、こう・・・」

田村「「世界一、めんこい」を、「世界一、いずい」・・・あ、「気持ちが悪い」だからダメじゃん。(^^;;
 「おしょうしな」?「ありがとう」?ゆかり、覚えられるかな。練習していい?
 (「fbd」の)にゃーにゃーにゃーにゃにゃーにゃーにゃーって、ぽいぽいぽいのぽいぽいぽぽい、に似てるよね。(^^;;」

似ているかどうかはさておき(^^;;、桃色男爵にお願いします。
客席「世界一、めんこいよ!」→田村「おしょうしな!」

田村「・・・明日はこれだな。
 みんな、伝聞とかしてくれる?・・・後ろのスクリーン?結構難しいんだよな〜。模造紙でも良ければ。(^^;;
 のろしとか、ツーツツツー(モールス信号)とか、CQ、CQとか。(^^;;
 意外と方言とかが知れて、嬉しいんですけど。(^^;;」

地元の言葉を地元で聞けるのは、地元でしか出来ないことですからね。(^^;;
そしてアンコールも終盤に。

「You & Me」
「チアガール in my heart」

「チアガール」ではメンバー紹介もありつつ。「ゆかり王国オーディエンスのみなさま」「ボーカル:田村ゆかり」も含めて。
そしてアンコールの曲も終了しました。桃色男爵・桃色メイツ・桃猫団とゆかりんが一列に並んで、礼。
他のメンバーが退場する中、ゆかりんは客席を大きく大きく回って、全員に手を振ります。

田村「えー、今日はどうもありがとうございました。
 えー、帰り寒いと思うけど、風邪を引かないように、暖かいうちに帰ってね♡あれ?(^^;;
 またね♡」

ILRツアー2公演目。長いツアーで曲順が気になるところでしたが、名古屋と全く同じでした。
でも逆に、客席が慣れている、ということもありました。(^^;; 名古屋とは違うところを注目することもでき、これもツアーの醍醐味かなと。

ゆかりんのパフォーマンスはもちろんのこと、ステージ上も客席も、最高に楽しいライブになりました。
また明日!できれば日中に雪は降らない方向で・・・(>_<)

---


02月03日(金曜日)


今日は節分。

太巻きやら豆やら、節分にちなんだ食べ物はありましたが、今日のお昼はサンドイッチにメロンパン。
いいじゃないの!食べたいときに食べたいものを食べただけ!パン万歳!!

いい加減、年の数だけ豆を食べられなくなってきました。orz

それはさておき、今日は午前中に“帰宅困難者訓練”に参加しました。
広場に集合するまでは、いつもどおりの避難訓練。屋外に集合するので、厚着してきましたが、陽射しがぽかぽかしててとても暖かかったです。(^^;;

その後、帰宅困難者の受け入れ場所へ移動。
床に毛布を敷くと、痛くも冷たくもなりませんでした。ただ、いくら一時的とはいえ、横になることが許されない人口密度はいかがなものかと。

その時に、水とカロリーメイトをもらいました。
水は5年、カロリーメイトは3年も保つ長寿命型。水は分かりますが、カロリーメイトにもそんなのあったんですね。

その水と食料は、早速明日使おうと思います。(^^;;

Wiiの改造代行で男逮捕 改正不正競争防止法で初適用

スマホにも広がるワンクリック詐欺、IPAが手口を解説

シマンテック、亜種を自動生成するAndroidマルウェアを発見

JASRAC、“無罪”見通し 「包括契約」めぐる排除措置命令取り消しへ
JASRAC排除措置命令、公取委が取り消しへ

Blu-ray Disc再生機器の所有率は55.9%――TSUTAYA利用者調査

ナニコレ:「豆ミサイル、スタンバイ。照準、上司!」――節分なので、鬼上司に豆をぶつけてみた

551蓬莱から「ハート豚まん」 バレンタインに熱々な告白を

ハウステンボス、「ドラゴンクエスト展 in ハウステンボス」。初公開となる鳥山明氏のキャラクター原画を追加展示し開催!!

ONE PIECE:最新65巻の初版部数は日本記録タイの400万部 累計は2億6000万部以上に

中尾隆聖らが演技を直接審査!カラオケJOYSOUNDで声優適正診断が受けられる「81JOYVOICE」開催

メインキャスト5人が笑顔で挨拶!「スマイルプリキュア!」制作発表会見


02月02日(木曜日)


今日のお昼は、コンビニの「鶏そぼろ弁当」。(398円)

実は昨日と全く同じだったりします。
食事に対しては無頓着で、「済ませる」感じが強い私ですが、他に思い浮かばなかったとは言え、同じものを頼むとは・・・
食べ始めて2分もかからず、自分の行為が愚かだと反省しました。(^^;;

このお弁当にする理由は2つ。
1つは値段が安いこと。ワンコイン以下です。(^^;; もう1つはカロリーがそんなにないこと。

1月の土日に家でお菓子をばくばく食べていたせいで、すこーし体重が増加基調。
まだ余裕で挽回できる時期なので、早め早めに手を打っておこうかと。明日には成果が出ている・・・はず。

食事と言えば、明日は節分。
太巻きだったり豆だったりをお昼に食べるのか、流れを無視して完全にスルーするのか。
それが明日の一番の悩み事です。(^^;;

Twitter、大阪や福岡など6都市でトレンド機能対応
Twitterトレンドに大阪、名古屋など国内6都市追加

Twitter : 受験シーズン、Twitter偽アカウント多発…各大学が注意を呼びかけ

ツイートで読む価値があるのは全体の3分の1――研究者らが調査結果を発表

ピンク・レディー敗訴 パブリシティー権で最高裁が初判断

ニコ動、「まどか☆マギカ」英語版を初配信


02月01日(水曜日)


月が変わって、今日から2月。

1月はあっという間・・・というより、土日にイベントごとがなかったせいか、間延びした一ヶ月になりました。
逆に2月の週末は、色々と忙しくなりますが。(^^;; “適当”って難しいっ。

そんな今日は、内部監査の監査人を務めました。

元々監査人の頭数には入っていませんでしたが、監査を担当しているのが私の真後ろの席ということと、資料を興味津々で見つめていたことにより、急遽担当することに。
去年の後半から“監査”系の研修を幾つか受けていたので、実践してみたかった気持ちはあります。

そういえば、去年も監査人をやったなぁ、なんてふと思い出しました。
その時は何をしていいやら分からず、終始ぽかーんとしていましたが、今日は少しは喋りました。

去年よりは役に、お金のかかった喋りが出来た自覚はあります。(^^;;
あとはこれを自分の感覚だけでは無く、周りの人に印象づけられるくらいになれば・・・

東芝、音声書き起こしを支援するウェブサービスを無償公開

イー・アクセスのPocket WiFiに脆弱性、意図しない動作の恐れ

Google、プライバシーポリシー変更についてあらためて説明

ちょっと遅めになるかも 桜の開花予想発表

「本命」でも「義理」でもない「いいね!チョコ」 絆強めるバレンタイン

『萌えCanちぇんじ!』アニメ化で日高里菜にインタビュー!

榊原ゆいのインタビュー到着!ニューシングル「無重力アリア」が2月22日発売