FX自動売買
禁断のケーキ
恋活
家電バーゲン

2015年06月 過去雑記

06月30日(火曜日)


2015年も今日で半分終了とか。
毎年思いますが、早い、早すぎる。時間が経つのが早すぎます。

今年は色んなところに、色んな手段で出掛けました。
新幹線、飛行機はいつものこと、レンタカー、寝台列車は人生初。海外は10数年ぶり。

しかもその悉くが、4月からの3ヵ月での出来事。
人生何があるか分からないものです。

その反動か、今年の後半は静かになりそうな予定。
まあ“今のところ”ですが。予定はあくまで予定。

7月1日に「午前8時59分60秒」 うるう秒実施 平日の朝は18年ぶり

Amazonでキッチンやトイレが買える「リフォームストア」 工事費込みのパッケージ価格で販売

東京ドーム約4個分:「ムーミン」のテーマパーク、2017年に埼玉県飯能市宮沢湖でオープン

映画興行成績:V3の「ラブライブ!」が興収10億円超え

ラブライブ! 出演の飯田里穂さんがロゴを書いた静音無線マウス「忍」 〜購入者抽選10名に直筆サイン入りをプレゼント

福圓美里、名塚佳織、小清水亜美、門脇舞以、石田燿子ら出演!『ストライクウィッチーズ OVA大感謝祭』レポート

今井麻美シングル「朝焼けのスターマイン」発売記念イベントオフィシャルレポ到着!


06月29日(月曜日)


朝。
朝食を食べて一噛み、二噛み・・・ガリッ!と、右頬を思いっきり噛んでしまいました。

昨日の余韻なんてあったもんじゃない・・・orz

口の中に血の味を感じつつ、出勤。
とはいえ今日は外回りの仕事で、尚且つ誰とも喋る必要が無いので、気が楽です。
6月中にやるべきことで、今日のために残しておきました。(ドヤ

真夏の陽射しで汗をかき、移動中の電車・バスで冷やされ、体調を崩しやすい温度変化。
それを見越して、長袖のシャツにして大正解。今のところ平気っぽい。

声はあまり出ないし、まだ夢と現の狭間ですが、徐々に平常に戻れればいいかな、と。

姫路城大天守の内部が「ストリートビュー」に、地下1階〜地上6階の全7フロア

「単位パン…夏」発売 カレー味で「単位を取るのは甘くない」

漫画家・新谷かおる、コミケカタログの表紙を描き下ろし『コミケ88』

逢坂良太、洲崎綾、豊崎愛生、金元寿子、弐瓶勉が登壇!「シドニアの騎士 第九惑星戦役」上映会レポ

『アイドルマスター シンデレラガールズ』新作リズムゲームの発表に大歓喜! 『デレラジA』イベント”デレソニ”リポート
大橋彩香、福原綾香、佳村はるか、原紗友里らが出演!「『デレラジA』公開録音〜デレソニ〜」昼の部レポート

『てさプル』の主演キャストが作品を振り返る
関連:『てさプル』第12話「大喜利」の勝利者インタビュー


06月28日(日曜日)


きたー、いよいよきたー、いよいよ来たらしい。(ぇ
てことで、ゆかりんのツアー「*Sunny side Lily*」が最終日らしいですはい。

昨日と違って、朝から梅雨の晴れ間のいい天気!暑い!
雨より日焼けの心配かな・・・と思ったら、いい感じに曇ってきて助かりました。

そしてさすが東京。
入場前に色々な人に会えました。東京公演の醍醐味を感じつつ、ばらばらと入場。

---
日時:2015年06月28日(日曜日)16:46〜20:35
タイトル:田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2015 Spring *Sunny side Lily*」
場所:国立代々木競技場第一体育館
内容:ライブ

今日からネタバレ解禁ですが、あんまり時間が無いので、ポツポツと更新したいと思います。m(_ _)m
ステージは幕がなく、白を基調とした質素な感じ。
花道は中央に長く一本。スクリーンは正面に一つ、左右に一つずつの計3つありました。

時間になり、会場が暗くなってライブスタート。
BGMと共にバンドメンバー(桃色男爵)が入って来て、会場がピンクに染まります。
ゆかりんは花道の先から登場っ。

「I DO 愛」
「秘密の扉から会いに来て」
「fancy baby doll」
「アンドロメダまで1hour」

ホールツアーと曲は変わっても、相変わらずの怒濤の4曲連続!
会場の熱気も一気に上がります。

ゆかりんは「秘密の〜」時には花道からステージに戻っていました。
「fancy baby doll」ではティモうさ投げはなく。これもホールツアー同様。
ゆかりんは「fancy〜」では左に、「アンドロメダ〜」では右にステージを駆け回っていました。
歓声の中、MCへ。

田村「こんばんはー。」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです!
 animelo mix presents「田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2015 Spring *Sunny side Lily*」supported by JOYSOUND
 えー、ついに14公演目、千秋楽、国立代々木競技場第一体育館です!
 ・・・千秋楽の入れ方、間違っちゃった。(^^;;」

田村「本番になる前は「寒い寒い」って言ってたのに、暑いねー。
 痩せるかな?「ライブで歌って踊ったら痩せる」って良く言うけど、ゆかりのダンスってカニ歩きだから、有酸素運動になってない。
 だからいたずらに「ライブやってたら痩せるでしょ」って言わないで欲しい。なんだったら太るから。」

田村「美味しいもの食べるでしょ。
 あと、一言でも「美味しい」って言ったら、スタジオに置かれるから。
 エンゼルパイとか。」
(客席「太っても可愛いよ!」)
田村「騙されないから。それ、金魚を愛でるやつでしょ。
 今の衣装が金魚みたいだから。」

田村「・・・暑いよー。どうやったら汗拭けるかな。」

と、首をタオルに巻くゆかりん。
その珍しい絵面に歓声が上がるも、自分の姿はスクリーンでもなかなか見えません。
ゆかりんが嘆いていたら、ステージから客席を写すカメラで、ようやくゆかりんが自分の姿を確認できます。

田村「意外とマッチしてた。」

と、特に感情は揺さぶられなかった模様。(^^;;

田村「今日ね、千秋楽なんですよ。」
(客席「えーっ。」)
田村「「えーっ。」だよねぇ。
 昨日緊張して、息も絶え絶えだったの。2曲目で。
 今日は大丈夫でしょう、と思ったら2曲目で絶え絶えで。(^^;; あかんすなぁ。」

田村「昨日も来た人?・・・(多くの手が挙がる)今日晴れちゃったねぇ。
 今日でポンチョ買っちゃった人ってどれくらいいる?・・・(あまり挙がらず)
 ちょっとちょっと、ゆかりんが買った食べ物はハイエナのように買い漁るのに、どうしてですか?」

田村「思ったんだけど、ポンチョ、ポンチョ以外の使い方できるよね。
 ビニールシートとか。」
(客席「えーっ。」)
田村「素材一緒でしょ?ビニール。・・・え、違うの?紙?雨降って溶けるの。(^^;;
 ・・・わら半紙だったら溶けないかな?」

田村「何か質問しよう。じゃあ、そうだな・・・女の子、どれくらいいる?
 ・・・結構多いね。
 あ、黄色い声、真ん中で聴きたい。

と、花道の先頭に向かうゆかりん。

田村「何て言うか決めてなかったな。「ゆかりーん」で。」

会場中の黄色い声での「ゆかりーん」が、代々木競技場第一体育館を満たしました。
満足して帰ろうとするゆかりんですが、男子から不満の声が。

田村「ゆかり、男性恐怖症ではないけど、「おーっ」って言われるのが怖いんだよね。
 じゃあ「ゆかりーん」でね。」
(男子「ゆかりーん!」)
田村「なんだろ、この耳に刺さる感じ。(^^;;」

田村「よし、無難なこと聞こ。
 今日の朝、パンを食べた人?・・・はー、どうでもいい。(^^;;」

他にも麺類、お米を食べた人と聞いて、一番多いのはお米という結果に。

田村「お米が多いんだね。心底どうでもいい。(^^;;
 ゆかりはパンを食べました。好きなサンドイッチがあって、スタッフさんが7時に並んで。
 並ばなきゃ買えないわけじゃなくて、7時がそのお店の開店時間で。申し訳ないです。
 もう「好き」って言わなきゃいいかな。若しくは何でも「好き」って言えばいいかな。」

田村「でも好きなことは「好き」って言いたいよね。
 ここで次の曲何だろ・・・お、ゆかりすごくない?

そんな流れで次の曲は・・・

「好きだって言えなくて」
「I.N.G」

ゆかりんはここで退場して、スクリーンに映像が流れます。
武道館の続きで、女の子と花の妖精の話です。
今度は花の妖精が女の子に恋心を持ち、妖精界から闇の世界へと追放されます。
闇の世界での妖精は、ゆかりんが演じます。最後にはユリを持って、月の下の花畑に戻ってきたので、めでたしめでたし・・・?
裾の長い白のドレス姿で、ゆかりんが登場します。

「レリーフのひとかけら」

拍手の中、アコースティックコーナーの準備があるので、ステージを追い出されるゆかりん。

田村「・・・なんか引っ越しの時みたいだね。
 すごい時間かかるよね、準備の時。でも引っ越しの人にとっては何も思い入れがないじゃん、ゆかりのガラクタ。
 だからあんなひょいひょい運ぶよね。こっちは必死に別けてるのに。」

田村「最後にまとまらないやつ、取り敢えず箱に入れるじゃん。
 (業者は)ゴミとかも入れてくれるよね。ガムテープを丸めたやつとか。「ああ・・・あのガムテープを丸めたやつがない・・・」って言われないためかな。」

田村「何にも思い入れが無いと思ってたけど、何でも大事にしているのかも。
 「このお客様の大事なゴミかも・・・」分かってんじゃん。」

ステージのセッティングは終了していました。
キーボードに立ち寄るゆかりん。立ち上がりに3分くらいかかるとか。

田村「立ち上がりに失敗して、何も音が出ないときはこう(両手を挙げてクラップ)やってるって。
 あ、バラして良かったのかな?」

ステージ豆知識でした。
他にも興味を示すゆかりん。ドラムに座ってはスネアを鳴らすものの、スティックがないので叩けません。

田村「ゆかり、全然ピアノとか弾けないんだけど、あまりにも堂々と鍵盤に触るから、「弾けるんですか?」って言われる。」

ここで男爵がステージに戻ってきます。
キーボード担当のはじめちゃんも戻ってきますが、席を譲らないゆかりん。

田村「ちょっとはじめちゃん、ゆかりの今の気持ちを表すから、そこ(センター)に座ってて。
 ・・・みんなジャムってもらっていい?

はじめちゃんにとってセンターはきついらしく、元のキーボード席へ行くことに。

田村「取り敢えず何拍子にする?」
(いきなり弾き出すJACK)
田村「ごめん、ゆかり発じゃないと、その音に合わせられない。

と、ゆかりんがキーボードをかなぐり弾いて、見事に合わせる男爵。
最後の一音まで合わせる男爵は見事!の一言でした。

田村「・・・こんな気持ちです。分かんないけど。
 ギターは無理だな。手が痛いもん。
 ・・・あのさあ、はじめちゃん、Tシャツが「chocolate」だね。しかもさっきまで縞々のTシャツだったのに。
 ・・・「チョコレート」って呼ばれてる。(^^;;」

田村「でも名前付けるとき、2人(はじめちゃんとはまキャット)に・・・何だっけ?“クッキー”“パーティー”
 なんで“クッキー”“パーティー”かというと、手元のお菓子に“クッキーパーティー”って書いてて。」

田村「それから今ある言葉を二分割しよう、ってなって。
 “カタクチイワシ”ってあったよね。(^^;;
 悩みに悩んだ挙げ句、最終的に「カタクチで!」「カタクチはダメだよ」って、はじめちゃんになった。」

田村「そんな今回のツアーの・・・そんなに心の距離が近くない我々ですが・・・」
JACK「(ギターのマイクに口を近づけて)近いです!
田村「おおっ!そんなところに。(^^;; 本当はもう1人(GOD)いるんですが、やっていきたいと思います。」

「虹の奇跡」
「まだ好きでいさせて」
「うたかた」

毎回驚かされる選曲のアコースティックコーナー。
「まだ好きでいさせて」でも「おおっ。」となりましたが、「うたかた」はイントロで声にならない嗚咽が出ました。

ゆかりん達は退場して、スクリーンに映るは「ヴァーチャルデート〜春の旅情編〜」。昨日から続いての後編です。
ヴァーチャルデートのゆかりんは仙台(松島)、札幌(時計台、美瑛)、大阪(大阪城)、福岡、新潟。ツアーと同じです。
「落ち込んだり、寂しかったしたこともあるけど、君と一緒にいれて楽しかったな。」とは、ツアーを回ってきた人なら同じことを思ったでしょう。

「Traveling with a sheep」
「砂落ちる水の宮殿」
「神聖炉」

ここは安定の、異色の世界観で固まったコーナー。
こんな曲も3曲固めてコーナーにできると、感慨もひとしお。
ゆかりんは退場して、メンバー演奏へ。このコーナーでバンドの演奏を聴くと、よりバンドメンバー親しみが沸くので好きなコーナーです。

続いてのゆかりんは、胸元露わに、ホットパンツから伸びる脚が眩しい、悩殺衣装へ!
特に今日は、過去以上に“谷間”が強調されていました。これは断言できます!

「恋のアゲハ」
「Luv Fanatic」
「エキセントリック・ラヴァー」

「エキセントリック・ラヴァー」では叩き付けるように歌うゆかりんが、印象的でした。
続いては映像、「帰ってきたクルピヨン」・・・?!?

全くの完全新作。
一週間帰ってこない太郎君のお父さんを、潜入捜査する桃子ちゃん。スーツ&メガネが似合います。
お父さんの上司の様子がおかしい・・・と、ワカメ怪人であることが発覚。
Giの分裂、巨大化とありましたが、無事に怪人を倒して、颯爽とその場を去るクルピヨン。快進撃はまだまだ続きそうです。(^^;;

そして、ステージ真ん中に宝箱が現われます。
カウントダウンが始まり・・・ポップアップでゆかりんが登場!ちょっと後ずさりしたように見えましたが、気にしない!(ぇ

「スパークリング☆トラベラー」

今日も盛り上がったと思いまーす。
大歓声の中、MCへ。

田村「いや、今日も跳べて良かった。本当に跳ぶのやなの。
 みんな心配してたみたいで、「お疲れさまです」って心の声が届いた。
 もうゆかり、ポップアップ跳ぶの、やなの!」

ゆかりんが足踏み、間を開けて男爵が跳ねます。
ゆかりんの振動でみんなが跳ぶ、というコントです。(^^;;

田村「ちょっと待って、袖のスタッフ跳んでるの。
 ・・・はぁ、ゆかりさ、こんなことするために来たんじゃないの!(ドン、ドン)
 本当にポップアップやなの!(ドン、ドン)
 ・・・あー楽しかった。(^^;;」

途中から男爵は元より、客席、袖のスタッフ、カメラマンとみんなが跳んでいました。(^^;;

田村「これを初めてやったのって大阪?
 どこか忘れちゃったんだけど、演者とスタッフが集まって、打ち上げやってて。」

田村「みんな帰りたくない、ってなって、やっぱ“supported by JOYSOUND”だから「JOYSOUNDに行こう!」と聞いたら、「JOYSOUNDに聞いてくださいよ〜」って。
 店出たら向かいに“JOYSOUND”があって。そりゃ言われるわ。(^^;;」

田村「ゆかりのスタッフは割と「ゆかりん大好き」みたいな空気出すの。・・・ゴマすり?(^^;;
 “田村ゆかりメドレー1”入れたら「・・・」って。「実は新参で。」って言われて、ゆかりが歌って。
 みんな気まずかったのかな?「似てるー。」「意外と似てる。」って。」

田村「飲み物とかを注文したら、店員さんが入って来て、「もしかして、田村ゆかりさんですよね?」って言われた。
 「あ、はい。」って答えたら、「あー、うちのバイトでファンいるんですよ〜」「あ、今日いますか?」「今日は休みでいないんですよ〜」って、何でいないんだよ〜!って、「あ、ライブに来るために休んでるんだ」って。(^^;;」

田村「新参のスタッフさんも歌えるやつにして。最後は何か歌ったんだけど・・・」
(客席「何ー?」)
田村「何か覚えていないんだよね。なんで忘れたかって言うと、「最後だからゆかりさん歌ってくださいよ」って。
 「しょうがないなぁ・・・」って曲がかかったら、2本あるマイクのうち1本持っているスタッフさんがドン!ってゆかりを突き飛ばして。最後歌えず。
 どうしてるかな、あのスタッフさん。照明さんだよね?(^^;;」

と、PA卓にいることが判明。いきなり注目を浴びます。

田村「あの踊りやってよ?「好きだって言えなくて」かな?
 「ねえねえねえ どうなの」のフリ。・・・みんなでやると楽しいんだけどな。」

今度は桃色メイツを含めての、振り付け講座に。

田村「こんなに練習したけど、もう(曲を)やっちゃったよね。(^^;;
 これもう歌わないよね。」
(客席「えーっ。」)
田村「今日は終わっちゃうけど、また歌う日が来たら。まだ練習が不十分でしょ?(^^;;」

新たな課題ができたところで、次の曲へ。

「君とLOVE」
「Fortune of Love」
「W:Wonder tale」
「candy smile」
「もうちょっとFall in Love」
「Pleasure treasure」

分かってはいましたが、ラストスパートの激しいこと激しいこと。
「君とLOVE」はトロッコに乗ってステージの逆側に。「Fortune of Love」を歌いながらステージに戻ります。

「candy smile」はサビで花道へ。「もうちょっと〜」は曲の後半でメンバー紹介を行います。
GODはいませんが、カウベルはゆかりんが担当することになりました。(^^;;
ここでゆかりんは一旦退場。雨音が聞こえます。

「雨のパンセ」

絞り出すように歌うゆかりんが、とても印象的。
最後に一礼して、ステージを後にします。

---アンコール
「未来パラソル」
「Gratitude」

アンコール明けも珍しい楽曲!
「Gratitude」は間奏で背中を預けようとするゆかりん、乗らないJACKの攻防が面白かったです。(^^;;

田村「アンコールどうもありがとうございます。
 いよいよ千秋楽、アンコールまで来てしまいました。
(客席「えーっ。」)
田村「やだね。ゆかりもすっごいやだよ。

田村「ツアー中も色々ありました。今日だけでも色んなことがありましたよ。
 「Gratitude」で銀テープが発射されましたが、リハの時間違って「パン!」ってなっちゃって。
 あれって1個しかなくて、みんなで回収して、巻きました。
 ゆかりも指が痛くなるくらい巻いて。みんなの愛が籠ったテープです。」

田村「今日、シルバーとピンクのテープでしょ?
 回収したら昨日の(金色が)があって・・・あった?裏にメッセージを書いてるから。おめでとう。それ一本しかないの。」
(客席、拍手)
田村「指紋とか付いて、輝いてないけど。(^^;;」

田村「結構ルールがあって、絵を内側に16本巻くの。
 そしたら特効さんがやって来て、「すみません、巻き方教えます!」って。
 「あれでしょ、16本巻くんでしょ?」って言ったら「重ねるのが下なんです・・・」「やり直しだー!」ってなって。
 最後の最後にスペシャルイベントがあって、みんなの気持ちがより深まった。
 謎の頷きをしてたのは、「飛んだね!」って。」

田村「「今、割り箸が熱いんです!」って、1.5倍速いって。でもゆかりそれくらい速かった。(^^;;
 開場してたからお客さんにやって欲しいよねって。・・・なかなかね。」

田村「ビッグイベント、ゆかりたちだけの楽しみって羨ましいでしょ?
 そうなんですー、すごく楽しかったです。
 そのおかげで、あまり緊張せずにステージに上がれたかも。」

田村「あーあ、終わっちゃうのやだねー。・・・よろよろです。
 ゆかりんは17歳だからね、もうよろよろです。(^^;;
 ゆかりんも17歳の老体に鞭打ってやってますけど、みんなも年取ってくでしょ?
 でも見てると、そんな気がしないんだよな。今日が特別だからかな?」

田村「退屈な日々を乗り越えて、今日ここへ来てくれて、ありがとうございます。」

そしていよいよ、最後の曲に。

「あのね Love me Do」

「ありがとうございました!」とゆかりんがお礼を言って、今日の出演者が一列になって、礼。
ゆかりんは客席に手を振りますが、ステージ中央からあまり動きません。

田村「えー、今日で、ツアー、最終日で。
 えー・・・本当に。いろーんなことが、ありました。・・・ふふっ。」

田村「楽しかったこともいっぱいあったけど、やなこともあって・・・・・・でも・・・・・・毎週こうやって、会いに来てくれて・・・みんなで・・・みんなが・・・・・・笑顔をくれて・・・・・・ふふっ・・・・・・」
(客席から拍手があがる)
田村「本当に、ありがたいなと思っています。
(拍手)
田村「ありがとう。」

田村「えー、ツアーで、今回のツアーで、どうしても歌いたくて、毎週歌って。
 本当は色んな気持ちがいっぱいあって。
 本当は歌いたくないなって気持ちもある曲なんですけど、それでも。
 最後の最後に歌いたいと思います。」

田村「えー・・・・・・いつも上手に歌えなくて、今日も上手に歌えるかどうか分からないけど、歌いたいと思います。
 「you」。」

「you」

ゆかりんは花道の先で、はじめちゃんのグランドピアノ一本で歌い上げました。
上手とかじゃなく、気持ちが届きました。そして会場から拍手が沸き上がります。

田村「ありがとうございました。」

とゆかりんは改めて一礼、そして花道からステージに戻りつつ、客席に手を振ります。
そしてここからトロッコに乗り、会場を一周しながら客席に手を振ります。ステージと逆側の黒幕には「祝 Tour Final」の文字も見えました。

田村「本当にありがとうございます。(一礼)
 私なんか、みんながいないと生きてる価値のない人間なんで。
 こうして、わざわざ、集まってくれて、ありがとうございます。
 ・・・・・・明日からも、笑って生きていけるように、支えてくれると嬉しいです。
 ありがとうございました。」

と何度目か分からないお辞儀をして、ゆかりんはステージを後にしました。
拍手の中、「もう一回!」の声もかかりましたが、これにて2015年のツアーが終了しました。

色んな想いが甦りますが、このツアー、そして千秋楽に参加できて良かったな、と心から思えました。
ゆかりんが縁で、色々な人に会い、支えたり支えられたり、私はここまで生きてこられたと思っています。
こんな空っぽの私の人生に、素敵な色を付けてくれたことを、改めて感謝しています。今日のところはこんなところで。
本当に、本当にありがとうございました。
---


06月27日(土曜日)


4月から始まったゆかりんのツアーも、今週末の2日間で終了。

名残惜しいですが、始まりあれば終わりもあるもの。
盛大に見送ろうじゃないですか!と、昼過ぎに着いた代々木は重たい曇り空。

途中ぽつぽつと来ましたが、夕方には晴れ間も見えるくらいのお天気に。
正直蒸し暑かったですが、決意を決めて傘を持ってこなくて正解!

---
日時:2015年06月27日(土曜日)18:08〜21:47
タイトル:田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2015 Spring *Sunny side Lily*」
場所:国立代々木競技場第一体育館
内容:ライブ

ステージは幕がなく、白を基調とした質素な感じ。
花道は中央に長く一本。スクリーンは正面に一つ、左右に一つずつの計3つありました。

時間になり、会場が暗くなってライブスタート。
BGMと共にバンドメンバー(桃色男爵)が入って来て、会場がピンクに染まります。
ゆかりんは花道の先から登場っ。ホールツアーと違う登場に会場がざわめきます。

「I DO 愛」
「秘密の扉から会いに来て」
「fancy baby doll」
「アンドロメダまで1hour」

ホールツアーと曲は変わり、2曲目までは戸惑いながらも楽しんでいました。
でも3曲目からはホールと変わりなく、「SsL」公演だと分かりました。(^^;;

ゆかりんは「秘密の〜」時には花道からステージに戻っていました。
「fancy baby doll」ではティモうさ投げはなく。これもホールツアー同様。
ゆかりんは「fancy〜」では左に、「アンドロメダ〜」では右にステージを駆け回っていました。
歓声の中、MCへ。

田村「こんばんはーーー。」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです♡」

田村「え・・・う、うん・・・animelo mix presents「田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2015 Spring *Sunny side Lily*」supported by JOYSOUND13公演目、国立、代々木、競技場、第一体育館、1日目です!
 暑い。はい。あのーーー、元気そうですね。(^^;;」

田村「暑くない?なんで暑いんだろう。(照明で)明るいからか。
 ついにツアーのファイナル。東京は明日もあるから、そんなに寂しくないですが、ツアーやってて寂しいよね。
 3週間も開いてるから、「はじめまして」の感じがして。」

田村「1曲目をいたずらに換えてみたじゃん。だから、緊張が、いっぱいで。
 でも先週(キンスパ)よりは緊張しなかった。自分の(ライブ)だから何とかなるなって。いやー、冷や汗かいたわ。」

田村「ゆかり昨日ね、お休みだったの。
 急に緊張して。昼間に。何もないのに。だから会場に行ったの。
 そしたら会場の準備してて。スタッフさんが。手動で。
 知ってる?床も本当は黄色の・・・アレなの。その上に何かしらの板を引いて。椅子も手動で出してきて。」

田村「いたずらに遊びに来たの。雨の中、暇だから。
 でもみんなかまってくれないのよ。忙しそうだなーと思ったの。忙しそうな人が多いから・・・あ、やめとくわ。」
(客席「えーっ。」)
田村「なんかこれ言うといやらしいなって。」
(客席「えーっ。」)
田村「じゃあ、今から嘘付くね。
 スタッフさんを一列に並ばせて、肩を叩いて「君は頑張ってるね。」「君は・・・まだまだだね。」って。(^^;;」

田村「(花道を見て)この道、分かるかな・・・ファミコンの面作るやつ。
田村「あ、これ35歳以上じゃないと分からないか。35歳以上の人!・・・」
(客席「30歳でも分かるよ!」)
田村「あ、なら30歳以上の人!・・・ふんふん。それ以下の人!・・・ごめんな、(話)置いてく。

田村「あれなんてゲームだっけ?」
(客席「『エキサイトバイク!』」)
田村「そう、それ!・・・2015年の今、MCで『エキサイトバイク』か・・・
 なあ、もっと実りのある会話はないのかね。」

田村「雨、降ってたねー。・・・今、どうなってんだろう?
 ゆかりが出掛けたとき、降ってたけど。楽屋に物販のとこかな?そこが映ってて、そこには傘を差した人もいたんだけど。」

田村「今ツアーで(グッズの)ポンチョ着た人いる?スイカ割りとかじゃなくて、ポンチョを雨具として使った人いる?
 ・・・ほら、少ないでしょ?
 雨具を作ると降らないという話が・・・だからこれからも作ろうかな・・・」

田村「正直、ゴミ袋があれば代用できるんだよね。
 あと、傘で秘密基地作るよね?・・・あ、今の若い人は娯楽があるから・・・」

田村「木の登った人?あと、よく分からない木の実をすり潰した人?
 ・・・今の若い子は何やってるの?・・・あ、弟の子供やってないわ。」

田村「iPadとか勝手に扱ってやってるわ。電車の動画とか見てた。
 ・・・可愛そうだな。
 ・・・なんか・・・なんか・・・ん、まあ、デジタルって素晴らしいよね!
 ん、“ゆかりん”のMCっぽくないなと。「スパゲッティ美味しいな」と。これからは「スパゲッティ美味しいな」しか言いません。(^^;;」

と、現代社会を憂いたところで、次の曲へ。
安心してください、ある意味十分“ゆかりん”っぽいです。(^^;;

「好きだって言えなくて」
「I.N.G」

ゆかりんはここで退場して、スクリーンに映像が流れます。
武道館の続きで、女の子と花の妖精の話です。
今度は花の妖精が女の子に恋心を持ち、妖精界から闇の世界へと追放されます。
闇の世界での妖精は、ゆかりんが演じます。最後にはユリを持って、月の下の花畑に戻ってきたので、めでたしめでたし・・・?
裾の長い白のドレス姿で、ゆかりんが登場します。

「Sympathy of Love」

なかなかどうして曲順が変わっています。これもまたいいので、悩ましいところです。(^^;;
なかなか照明が点かないので、えい!えい!と照明に気合いを入れるゆかりん。(^^;;

田村「・・・いつまでも暗いままかと。(^^;;
 あ、また勝手に人のステージに踏み込んで・・・(スタッフが準備中)ゆかりが押し出される感じで。」

と、花道を歩き出すゆかりん。

田村「この道長いね。エキサイトバイクの道・・・きゃっ!ここに落とし穴がある。
 ここに来る人、リフターのここ危ないから気を付けて・・・って来る人が誰もいなかった。」

桃色男爵は休憩で、ステージにはいませんでした。残念。
花道は客席の真ん中なので、ゆかりんにライトが当たると、逆側の人にもライトが当たります。

田村「ほら、眩しいでしょ。(^^;;・・・今日はカメラが入ってないかもしれないけど、意外とみんなの顔、くっきり映ってるから。
 ・・・Lantanaのさ、(ビデオ)チェックしてたら、(周りが)全部お客さんなの。
 さんびゃく・・・360!ゆかり、頭悪いから分からない・・・390と思ってた。」

田村「360度お客さんがいて、結構くっきり映ってたの。そしたら・・・ふふ♡
 すごく楽しそうなのと、すごいつまらない顔してるの。・・・あ、緊張しているんだと思う。」

田村「あまりに近すぎるのか、あまりゆかりを見ない人が多かったの。
 神楽坂さんを見に来たのかな・・・出ると分かっていたわけじゃないのに。」

ステージの準備が終わったようで、ゆかりんは「どうも、どうも・・・」と言いながらステージに戻ります。
桃色男爵もスタンバイOKです。

田村「東京会場は何処にも行かないのね。・・・あれ?1人いない。(SAXのGODがいません)
 今知ったみたいなこと言ってるけど、前から当然知ってたけど、配置が変わってる。

田村「・・・“あの”人、ゆかりのセンター奪うから・・・ゆかりは「0」で歌うのに、何度「2」で歌ったか。
 根に持っていませんけど・・・根に持っていませんけど・・・うふふ・・・
 男爵止めたかったら、0番で歌って・・・来ないでね、来ないでね。」

男爵へ個別に留めにかかるゆかりん。(^^;;

田村「うっちーな、はじめちゃんと名前が変わったから、怒ってるとか・・・
 最近はチョコレートが好きすぎて、“チョコレート”って呼ばれてる。
 そうしたら、今日「チョコレート」って書かれたTシャツ着てた。それ、ステージ衣装なのにね。」
(客席「見せて!」)
田村「やだよ。」
(客席「Twitterであげて!」)
田村「Twitterは画像をあげると拡散されるから、嫌。

と、男爵となかなか視線が合わないゆかりん。

田村「なんでこんなことになったの。ツアー楽しかったでしょ?
 やっぱ3週間開いたのが良くなかったのか。時間が良くなかったかな。
 時間は人の傷も埋めるけど、(心の)距離も開くね。このアコースティックで取り戻そう。・・・不安しかないわ。」

と、気を取り戻してアコースティックコーナーに挑みました。結果は・・・?

「ひとりあやとり」
「虹の奇跡」
「君をつれて」

アコースティックはホールツアーとがらりと変わりました。
「君をつれて」は最後に「ラララララ〜♪」と歌い、客席にマイクを向けます。
1万人を越えての“歌声喫茶”は気持ちよかったです。ゆかりんからも「ありがと♡」と客席に声をかけました。

ゆかりん達は退場して、スクリーンに映るは「ヴァーチャルデート〜春の旅情編〜」
ヴァーチャルデートのゆかりんは松戸で待ち合わせたものの、ふとしたことで喧嘩に。
仲直りのために、旅行に出掛けることにします。

出掛けた先は、静岡、高松(灯台)、広島(大久野島・うさぎ島)。ツアーと同じなのがにくいところ。
つかゆかりんはツアー中にこれを撮っていたんですね。お疲れさまです。
「落ち込んだり、寂しかったしたこともあるけど、君と一緒にいれて楽しかったな。」とは、ツアーを回ってきた人なら同じことを思ったでしょう。

「Traveling with a sheep」
「砂落ちる水の宮殿」
「神聖炉」

ここは安定の、異色の世界観で固まったコーナー。
こんな曲も3曲固めてコーナーにできると、感慨もひとしお。
ゆかりんは退場して、メンバー演奏へ。このコーナーでバンドの演奏を聴くと、よりバンドメンバー親しみが沸くので好きなコーナーです。

続いてのゆかりんは、胸元露わに、ホットパンツから伸びる脚が眩しい、悩殺衣装!

「恋のアゲハ」
「Luv Fanatic」
「エキセントリック・ラヴァー」

続いては映像、「クルピヨン 最終回(再)」。「再」って。(^^;;

(再)の文字どおり、ホールツアーと同じ映像。
でしたが、最後の最後で太郎君がクルピヨンに「落ちてたよ」と鍵を渡します!どよめく客席!
再放送で最終回の内容が変わるって、『ウルトラQ』かよ!(古

そして、ステージ真ん中に宝箱が現われます。
カウントダウンが始まり・・・ポップアップでゆかりんが登場!

「スパークリング☆トラベラー」

過去最大に盛り上がった「スパークリング☆トラベラー」ではなかったでしょうか。
いやはや、戻ってきてホッとしました。大歓声の中、MCへ。

田村「どうも。(^^;;
 はい、というわけで「スパークリング☆トラベラー」を聴いていただきました。
 盛り上がったの?これで盛り上がらなかったら、ゆかたんにあげようかと。お下がりで。」

田村「あと(ポップアップで)ピョンとするのが苦手で。
 昔はそんなこと無かったんだけど、“Cute'n Cute'n Heart”で失敗してから怖くて。トラウマで。
 今日も転んでは凹んで。・・・跳べてた?」

田村「顔はこわばってたかも。・・・ドヤ顔?できないよ。
 あ、キンスパで宮野真守君が「俺はドヤ顔でごまかす」って言ってたの。」

田村「・・・いやだー。カメラ映ってるし。(男爵に向かって)みんなの、どう?」

と、はまキャットがドヤ顔を披露。見事なイケ面っぷりでした。(^^;;
他を当たろうとするも、「なんで気配を消すわけ?」と、みんなに逃げられます。
仕方なく二度目のはまキャット。こんどはお茶目に可愛く。

田村「ああすればいいんだね・・・」

と、舌を出して可愛く♪・・・“orz”と突っ伏すゆかりんの姿が、そこにはありました。

田村「3、2、1・・・ああ〜、できないよ〜。ドヤとかできないよ。
 帰りたい。帰りたい。だってゆかりん、ここでドヤ顔するために来たんじゃないんだもん!」

田村「ドヤ顔するか、帰る。・・・?よし、座って考えよう・・・」

と、後ろの人のことを考えて、ステージの一番高い場所で座って考えるゆかりん。

田村「“ドヤ顔したら、帰る。しなかったら、普通に進行”
 てことで、“ドヤ顔せずに普通に帰る”。(^^;;」

田村「ということで、普通に進行します。
 えーと、最近ゆかりが購入したものの話でも・・・え、当てたいの?
 ご飯を作る道具、なーんだ?・・・あ、もう答え出ちゃってるね。土鍋ね、買ったんですけど、一合炊きなんです。」

田村「お家でご飯を炊くとき、二合なんです。なんで二合かというと、真空パックのご飯が二合なの。
 二合でもすごく多くって、タッパにいっぱいになるの。
 だから炊飯器の時代は終わったって、Amazonで買って。みんなと違ってプライム?でも昨日、“KONOZAMA”くらいましたけど。(^^;;」

田村「届いたのが先週の金曜日。キンスパのリハの日です。
 開けるの面倒くさくて、開けたの一昨日?でもまだ一回も使ってないの。
 まだ冷凍庫に(タッパが)残ってるの。一合炊きで0.5合炊きたいの。できる?」

田村「あのさー、ゆかりん他人のライブ、全然見ないでしょ。
 たまにフェスで見ると「盛り上がってっかー。」ができない。
 WAVEやってたね。ゆかりには“めろ〜ん”があるから。でもやる気がないし。」
(客席「えーっ。」)
田村「それにゆかり、“姫”だけど、みんなをメロメロにできないんだ。
 他の人の“めろ〜ん”には倒れるんでしょ?」

客席の歓声が大きくなり、ステッキもありませんが、ペットボトルのストローを取り出します。

田村「ここに、ストローがありまーす。
 これをピューと吹くと、紙がピロピロと出ます。嘘です。(^^;;」

説明は「以下略」で、取り敢えず男爵に試し打ち。
見事男爵の面々はメロメロになって倒れます。
そして花道を走って、「疲れちゃった・・・」と途中息切れしながら、会場全体をメロメロにします。お疲れさまです。(^^;;

花道からゆかりんが帰ってみると、男爵の面々は倒れたまま。

田村「次の曲行ってみます。
 ・・・面白いから、行ってみようか?・・・あ、でも次の曲あれだしなぁ・・・
 戻って!戻ってください!今、MCで17分喋ってるので、戻ってください!」

ゆかりんが1人1人に声をかけて、なんとか正気を取り戻します。(^^;;

「Love♡parade」
「Fortune of Love」
「W:Wonder tale」
「パーティーは終わらない」
「もうちょっとFall in Love」
「Pleasure treasure」

なんと懐かしい「Love♡parade」!しかもトロッコに乗ってステージの逆側に。客席との距離が近づきます。
「Fortune of Love」を歌いながら、逆側をトロッコで通って、ステージに戻ります。

「パーティーは終わらない」はサビで花道へ。「もうちょっと〜」は曲の後半でメンバー紹介を行います。
GODはいませんが、カウベルはゆかりんが担当することになりました。(^^;;
ここでゆかりんは一旦退場。雨音が聞こえます。

「雨のパンセ」

絞り出すように歌うゆかりんが、とても印象的。
最後に一礼して、ステージを後にします。

---アンコール
「星屑スパイラル」
「Gratitude」

まあここも嬉しい選曲をしてくれます。ホールでは「好きだって言えなくて」だったので、ちょっと大人しめの入りです。
「Gratitude」で盛り上がるので、すぐ汗だくになりましたが。(^^;;

田村「アンコールどうも、ありがとうございます。
 あっという間にアンコールだね。・・・あっつい。
 寂しいですけど、もう終わりなんですよ・・・」
(客席「えーっ。」)

田村「みんなさあ、1人で来たの?
 ・・・友達?幾らで来たの?レンタルおじさんとか、あの、会社とかに行ってない、ニー・・・でしょ?
 ネットニュースで見た。それでしょ?」

田村「ゆかり今日ね、友達が来てくれてね。
 香川で言ったけど、ゲームで知り合った友達が来たんですよ。」

田村「今もゆかりだって知らなくてゲームやってるんだけど、その中で“声優”を知ってる人がいて。
 でもミリタリーな硬派なやつが好きで。」

田村「そうしたら、17歳がどうとか言ってたら、
 「そんな“17歳教”みたいな言い方」
 「え・・・?“17歳教”ってあるの?」
 「“田村ゆかり”ってやつが・・・」」

田村「このまま泳がせておこうかと。「でも、最近田村ゆかり、歳のせいかキャラがぶれてるんだよね」って。
 変わらぬクオリティでやってきたんだけど、ぶれてるらしい。(^^;;」

田村「どうもネットの知識で、「最近生年月日を言った」とか。
 いやー、直接言われるとは思ってなかったわ。」

田村「その人は“ゆかり”を“ゆかり”と知らないまま、一方的にブロックされちゃって。(^^;;
 ゆかりは悪くないんだけど、グループ内で揉め事があって。人間関係って難しいね。」

田村「今日、(アンコールの)Tシャツ変わったんだよ?分からないと思うけど・・・
 お、(ステージ上の)ゆかりの机、水ばっかになった。」
(客席「ちょうだい!」)
田村「あげない。みんな頭いいから、“クローンゆかりん”作るでしょ?クローンゆかりん作ったら、ゆかりにくださいね。(^^;;」

田村「あー終わっちゃうね。・・・終わっちゃう。
 3週間も開いたから大丈夫、と思ったけど緊張して・・・明日も来る人?」
(多くの手が挙がる)
田村「そうだよね。(^^;;
 (最初に出てきた)ここ(花道の先)ばっかり見ないでね!」

と、惜しみつつ最後の曲に。

「あのね Love me Do」

最後の曲を歌い終え、「ありがとうございました!」と一列になって、客席に頭を下げます。
客席に向かって手を振り終えて、最後の挨拶に。

田村「今日は本当にありがとうございました。
 え、とても楽しかったです。途中で帰らないで良かった。(^^;;」

田村「えー、長かったツアーも明日の一公演でお終いで。
 今日でお終いの人もいるかも。素敵な想い出をありがとうございました。
 外、雨降ってないといいね。ポンチョは足下に気を付けてね。ポンチョも万能じゃないんで。(^^;;
 今日は本当にありがとうございました。」

去り際に投げキッスを3方向、そして最後におまけの1回があり、ゆかりんは笑顔でステージを後にしました。

始まるまでは寂しさがありましたが、そんな寂しさを打ち消すくらい楽しい、楽しいステージでした。
ホールツアーと変わるかな、と思ったら骨子はそのままで、けど大胆に換えてきました。
アリーナの“SsL”を垣間見たような気がします。

明日もまた換えてきそうな予感がするので、勝手に楽しみにしようと思います。(^^;;
最後ですが、楽しんで楽しみたいと思います!


06月26日(金曜日)


午前、午後と毛色の違う仕事に揺れる一日。

午前は毎月定例の、上司へ資料説明。
毎月のことなので慣れたものですが、時間が余りになくてバタバタした感じで、きちんと説明できたか不安。
まあ質問がなかったから良かったのでしょう。(ぉ

午後は取材?対応のお手伝い。
直接何かをするわけではなく、パソコンやらネットワークやらの設定。体のいい下っ端です。

その間にも打合せがあったり、電話対応があったりで、こちらもバタバタ。
その中で最低限のことはこなせたかなと。裏方だし問題が無ければOK。(ぉ

なんとか一週間が終了ー。
早く早く週末に!多少の雨なんか気にしない!

「ニコニコ超会議2015」は4600万円の赤字 初めて5000万円以下に

Amazon.co.jp、和書を2割引で販売、出版社6社が協力、110タイトルについて定価からの割引販売を認める

週末サイエンス:カンブリア紀の珍生物「ハルキゲニア」、また復元図が書き換えられる 実は前後も逆だった

キャラにもインテル、入ってる!?:インテルが“PCの擬人化”コンテスト……だと!?

同人誌即売会の強い味方「ダンダン段ボール」、資金調達に成功

本多真梨子、水瀬いのり、荒浪和沙、内田真礼、三上枝織らよりコメントが到着!「ロボットガールズZプラス」

中ノ森文子と山口立花子がゲストで登場!ニコ生「電波諜報局」5月14日レポート
中ノ森文子にインタビュー!ニコ生「電波諜報局」5月14日放送
山口立花子にインタビュー!ニコ生「電波諜報局」5月14日放送

今井麻美さんNewシングル『朝焼けのスターマイン』発売記念イベントオフィシャルリポートを掲載


06月25日(木曜日)


引き続き梅雨の晴れ間。

今日より気になる、週末の天気。
大雨の予報もありましたが、ピンポイントで見ると、そんなに降らないっぽい感じ。

今日なんかはほとんど外に出ない日なので、雨が降ってくれても良かったのにと思わなくもないです。
いずれにしても早く週末にならないかなー。

週末は楽しみで、さらに明日は色々と詰まっていて、億劫でしかないです。
あと一日、一日を乗り切れば・・・

「本人への通知手続きは不要」 携帯GPS情報、捜査活用への条件緩和 総務省

Facebookアカウント無しで「Messenger」アプリ利用可能に、代わりに携帯電話番号で登録

乗っ取り被害が出たIP電話機のベンダーが見解を発表、運用・製品の欠陥を否定

ヨドバシ、他社クレカの店舗利用でもポイント還元10%に。ネット会員登録+アプリで

複合機からのメールでウイルス感染、だましの手口にご用心

ゴキブリ型ロボット、流線型の“ガワ”で障害物突破力を得る

オバケのQ太郎:30年ぶりコミックス一新 装丁は祖父江慎

『ゼロの使い魔』シリーズ続巻刊行のご報告


06月24日(水曜日)


梅雨の晴れ間で、朝から青空が広がります。

いつものように鞄を持って出勤。
ちょっと重く感じるのは、疲れているからでしょう。夜更かしに注意しないと・・・と、昨日買ったお茶が、鞄に入ったままだったことを忘れていました。(^^;;
喉が渇いたら飲もう、と念じて400gほど重い鞄を持ち直しました。

出張の予定がなくなって、急の仕事で外に出ることに。
朝は気持ちがいい青空でしたが、14時の外は陽射しが厳しく、真夏のよう。
大した用事ではなかったのですぐに戻りましたが、給湯器で麦茶を飲んで。あ、またお茶のことを忘れていました。

さすがに2度も思い出せれば忘れないもので、帰宅してすぐにお茶を冷蔵庫に入れました。
食後に飲んで、残りは200〜300g。今週中に(忘れずに)飲むのが目標です。

IP電話の乗っ取り被害、特定ベンダーの交換機がネットに公開状態同然だった事例が判明

携帯の電波がペースメーカーなどに影響を与える可能性は低い――総務省が指針に追記

Gmail、送信後30秒までならメールを取り消せる機能が正式版に

カップ麺「熱湯3分」はお湯を「注ぎ始めてから」か「注ぎ終わってから」か 大手4社の回答は

木戸衣吹、伊藤美来らメインキャストが出演。TVアニメ『レーカン!』ニコ生&上映会「みんなで号泣!? するんです。SP〜感動回はまだまだ続くんです。〜」


06月23日(火曜日)


今日は夕方から外での仕事。

天気予報はきっちりチェックして、「雨が降るぞ、大雨が降るぞ」と聞いていたので、折りたたみ以外に据え置きの傘も持っていくことに。

外で立つこと、2時間半。
結局、雨はチラとも降らず、単なるお荷物になりました。
電車に乗って帰宅して、ようやくパラパラと降る程度。悔しいから傘を差してみました。(^^;;

ところが、帰宅して雨情報を見ると、各地で雨が降っています。
私がちょっと前に仕事でいたところも雨模様。帰宅して10分も経たずに雨が本降りになりました。

実はすんでの所で雨を避けていたようです。
もしかしたら、傘の効用かも・・・?

「Windows 10はプレビュー版からアップグレード可=実質無料」は誤報

14年の世界携帯契約数、世界人口を上回る「75億」に

攻殻の世界は実現できる? 神山監督や冲方氏がアツく語る!

竹達彩奈、盛りだくさんのバラエティ生誕祭「あやテレ」で感謝届ける


06月22日(月曜日)


キンスパ明けの月曜日。

レポは軽めで終わったので、早く寝られるはずが興奮してなかなか横になれず。
かと思ったら目覚ましの1時間前に目が覚めたり。なんなんやら。

声が思ったより出ず、職場での会話に苦労しましたが、電話があまり鳴らずに助かりました。
心身では“身”は疲れても“心”は満たされていたのか、思ったより元気。

まあ精神力で支えているので、少し走るとバテるんですが。(^^;;
平日で体調を戻すぞいやっ。

Apple幹部、「無料期間中もアーティストに支払う」とツイート テイラー・スウィフトの抗議受け

軽量&低消費電力化した新PlayStation 4が6月下旬発売。39,980円

「Pepper」、一般販売の6月分1000台が1分で完売

イタリア人も認めない、カップヌードル初の「パスタ」登場

ラブライブ!:劇場版アニメが観客動員でV2 「マッドマックス」「海街」抑える

i☆Risツアーファイナルライブレポ

坂本真綾さん「幸せな気持ちで、任務完了しました」

水樹奈々、田村ゆかり、小倉唯ら豪華22アーティスト集結『KING SUPER LIVE 2015』オフィシャルレポ到着!


06月21日(日曜日)


キンスパ2日目〜。

物販は昨日で押さえたので、基本的にのんびりと。友人たちと同じ感じで。
雨にそんなに降られなく、会場に向かえたのは良かったです。傘が荷物になりましたが。
荷物と言えば、昨日のうちに洗濯したTシャツを持っていきました。万が一、億が一でも・・・(ぉ(言うほど期待していません)

ライブの構成、順番は変わりませんでしたが、複数曲歌う人は曲を換えていました。
また、出演者に少し余裕が出来たのか、きちんと名前を言って挨拶をする人が多かったです。

ゆかりんは後半の後半に出演。「Little Wish〜first step〜」「Pleasure treasure」を歌った後に、短めのMCが入りました。

田村「こんばんはー。」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです。(息切れ気味)
 みなさん盛り上がってますねー。何か昨日よりも靄がかかってて、みんなのことがよく見えない。(^^;;」

田村「私はキングレコードに入ってからまだ数年なんですけど、みっしーこと三嶋さん、三嶋様、三嶋プロデューサー様、最近ゆかりの現場に来てくれなくて寂しいんですが。(^^;;
 みっしーが数年前から夢見たステージです。
 この場に立たせていただけることが嬉しくて、光栄なことだと思います。そして今日、来ていただいたみなさんにも感謝しています。」

田村「私事ではございますが、全国ちゅあーちゅうで。(^^;; 全国ツアー中で。
 私に興味を持たれた方、昨日と今日はよそ行きで比較的、お利口さんでやってるつもりですが、歌詞を間違ってしまい。
 こんなダメな私を見たいと言う方、ゆかり王国に興味を持たれた方、大丈夫、怖くない。あんまし、そんなにすごくないよ。」

そして「Fantastic future」を歌って、ゆかりんのソロでの出番は終わりました。

ラストのコラボでは、ほっちゃん、キタエリ、みかこしの4人で「For フルーツバスケット」を歌いました。
並び順はステージ左からみかこし、ほっちゃん、ゆかりん、キタエリの順。

今日はカメラで歌う人を映したので、映像がゆかりん・ほっちゃんになった瞬間に会場がどよめきました。おっさんの妄執かと思っていましたが、以外と需要あるのかも?
この曲は最後に岡崎律子さんのコーラスが入るので、5人目の声が聴けて、感極まるものがありました。

そしてラストでは、一列に並んで一言ずつ挨拶。

堀江「なかなかお礼を言える言える機会がないので・・・大丈夫かな・・・
 (マイクを外して)ありがとうございましたー!!!!!!
(客席、大歓声)
堀江「すみません、可愛くない声で。(^^;;」

と、ほっちゃんの声は会場の奥まで届いていたようです。
そしてゆかりんの挨拶。

田村「あのー、割とこういう挨拶がすごく苦手で。
 昔、アニソンのカウントダウン番組をやってて。その時に流れていた曲が、頭にすり込まれた曲が聴けて、すごく嬉しいなと。
 今日は昨日ほど緊張してなく、割と歌詞を、今までない歌詞で歌ってしまい。その分リラックスして歌えました。

最終日とあって、挨拶はちょっと長め(特にangela、しゅが、キタエリ)になって、最後はグダりましたが、大河の一滴といういうことにします。(^^;;
初日の好印象は変わらず、やっぱり総じて“楽しい”ライブになりました。
“次”の確定はありませんでしたが、来年とは言いませんが、またいつかやってもらいたいものです。


06月20日(土曜日)


今日はKING SUPER LIVE 2015に行ってきましたぁっ!

発表当初から楽しみにしていました。
何といっても参加者がゆかりん!ほっちゃん!すみぺみかこし、そして林原めぐみ様!!!
めぐさんに至っては、生歌を聴いた記憶が無いどころか、お姿を拝見するのが何年ぶりになるんだか。ありがたやありがたや。

そして、「田村ゆかり」「堀江由衣」という名前が同日に並んでいます。
これはもう、“あの”ユニットを期待してもいいですかぁ?(ぉ
さいたまスーパーアリーナにはそんな人がいっぱいいました。(^^;;

ライブは前後半に分かれていました。
前半は特にMCが少なく、怒濤の展開で過ぎていきました。後半になると遊びがあったり、MCが入ったりでその人の“色”が出だしました。

ゆかりんは後半の後半に出演。「Little Wish〜first step〜」「Pleasure treasure」を歌った後に、短めのMCが入りました。

田村「こんばんはー。」
(客席「こんばんはー!」)
田村「田村ゆかりです♡」

田村「私はキングレコードに所属してまだ日が浅いのですが、私を歌の世界に連れてきてくれたみっしー、三嶋さんとは15年。
 そんな三嶋さんが数年前から夢見たステージです。
 このステージを作ってくれた皆さまに感謝しています。そして来てくれたみなさんにも感謝しています。」

田村「私事ではございますが、来週、代々木でライブを行わせていただきます。
 後ろの席になりますが、ゆかり王国に触れていただければ嬉しいと思います。(^^;;」

そして「W:Wonder tale」を歌って、ゆかりんのソロでの出番は終わりました。

ラストのコラボでは、ほっちゃん、キタエリ、みかこしの4人で「For フルーツバスケット」を歌いました。
並び順はステージ左からみかこし、ほっちゃん、ゆかりん、キタエリの順。
ああ、真ん中が、真ん中が・・・
2人で歌うときに、見つめ合っていたのが微笑ましかったです。ええ本当に。

そしてラストでは、一列に並んで一言ずつ挨拶。
「緊張しすぎて、マイクを持つ手が震えましたが、吐かなくて良かったです。(^^;;」とチャーミング?なコメントを残しました。(^^;;

5時間強のライブフェス。
ソロあり、コラボあり、トロッコや色々なギミックもありましたし、歌われる曲はもちろん“キングレコード”の曲。
“キングレコード”に関わって生きてきたんだな、と認識させられたライブになりました。

ゆかりん以外でも、若手は若々しく、まもくんは茶目っ気ありつつ格好良く、angelaさんはエンターテイナーで、奈々ちゃんは力強く、林原さんは存在そのものが神々しかったです。
総じて“楽しい”ライブになりました。
自分の(勝手な)想いは、20%くらいは叶えてもらったかな、と。(^^;;


06月19日(金曜日)


傘を手放せない天気となった今日一日。

朝は小雨でしたが、我慢して駅までの道のりを耐えました。
バスに乗ると雨が強くなり、鞄の折りたたみ傘を確認しましたが、降りる頃にはちょうど止んでいました。

お昼に出掛けても、ファミレスで食事をしていたり、室内で作業しているときに雨が強まり、出る頃には小康状態に。
仕事が終わっても、ギリギリ耐えられる範囲内の雨っぷりでした。

結局、折りたたみ傘は鞄にしまったまま。
こういうものはあるだけで、いいんです。(^^;;

20年ぶりに発見された腕時計、異常なく動作中……カシオ時計の頑丈さに世界中から賛辞

タカラトミー、トランスフォーマー完全変形ロボット発表会詳報 〜2017年までに1/2サイズ、将来的には実物大のバンブルビーを商品化

東京おもちゃショー2015:ガンプラは難しいけどパズルなら……! 透明な立体パズルで組み立てるガンダムが登場

TVアニメ『グリザイアの楽園』より、櫻井孝宏・田中涼子・田口宏子・水橋かおりらメインキャストの最終話アフレココメントが到着

小野大輔、石塚運昇、三宅健太、平川大輔、小松史法らよりコメント到着!TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 SC」

声優・たてかべ和也さんが死去


06月18日(木曜日)


先日、夕飯の買い出しにコンビニに行くと、2つあるレジが両方とも外国人さん。

まあそれ自体は珍しいことじゃないのですが、奥から出てきた人も外国の人で、「乗っ取られてる!?」とびっくりしました。
シフトで休憩中の人が出てきただけなのでしょうが、外国の人がオーナーになってもおかしくないと思っています。

仕事ぶりはとても真面目で、安心してレジを見ていました。
パスタを買ったのに箸を入れるところは、自分の食生活を覗かれている気がしました。(違

今後とも使う店舗なので、これからもよろしくお願いします。m(_ _)m

フラッシュメモリを物理的に破壊せずに“忘れられる権利”を実現するメモリシステム、中央大・竹内健教授のグループが開発

ソフトバンク、「Pepper」を20日から一般発売 時給1500円で「バイト」も

え、家庭用!? 456万円でスター・ウォーズのドーム型アーケードゲームが買える!

東京おもちゃショー2015:私の知ってる黒ひげじゃない 「黒ひげ危機一発」40年の歴史を写真で振り返る

おもちゃショー2015:ガンプラHGUCシリーズ200体ずらり 第1弾ガンキャノンや巨大ネオジオングも

ファンとの交流に大満足――原由実さん『improvisation』秋葉原イベントをリポート

豊崎愛生ニュー・シングル「Uh-LaLa」発売記念インタビュー


06月17日(水曜日)


朝起きると、陽射しが眩しいいい天気。

朝食の合間に天気予報を見ると、明日から傘マーク。
これは、今日洗濯するのが吉か・・・と、後悔しつつ出勤。

ところが、昼過ぎからところ構わず激しい雨が降り、我が家もその影響下に。
洗濯物を干していたら被害を受けたわけで・・・良かった良かった。

帰り。
ノー残業デーということもあり、そそくさと退勤。

山手線が止まっていることは事前に知っていたので、散髪へ。
ある程度時間が経ったので平気かなーと思ったら、まだ復旧しておらず、どうやって帰ろうかと駅まで歩いていたら、復旧していました。

我ながらナイスな選択ができた一日でした。
明日にボロが出ませんように。(苦笑)

メールサービスのパスワード再発行の仕組みを悪用した詐欺に注意、シマンテックが警告

Twitter、タイムライン上の動画が自動再生されるように変更

「ねこあつめ」海外で人気 日本語版しかないのに3〜4割が海外から 「日本ローカルネタ多くて恐縮」と開発会社

大きさ約30倍のギガ級プリンが作れる「超ギガプリン 3.0」

羽ばたき、発光する! プレミアムバンダイより「天空の城ラピュタ」の小型飛行機「フラップター」が登場

バンダイ、プラモを超えた新プラモ「超次元変形フレームロボ」発表

人気アニメ「あの花」が実写ドラマ化へ!

『μ's Fan Meeting Tour 2015 〜あなたの街でラブライブ!〜』レポート!


06月16日(火曜日)


気温も湿度も高い朝。

「今日はこれ以上気温が上がらない」という予報でしたが、朝から暑かったので、上着無しで出発。
結局、気温は27度まで上昇。もし上着を着ていたら・・・

夕方には群馬・栃木で降っていた雨が埼玉まで南下。
雷が鳴って大変そうと他人事だったのですが、夜になるにつれて都内でも雨へ。

直接的な被害はありませんでしたが、気温がグンと下がったのは開けた窓から吹き込む風で分かりました。
なるほど、この気温なら上着を着ていても良かったかも。うたた寝した後だったので、特に感じました。(^^;;

SMSで銀行の偽サイトへ誘導する手口に注意

『シェンムー3』キックスターター募集開始後約8時間で目標額200万ドルを達成
シェンムー3:PS4で2017年12月発売へ わずか4時間で150万ドル調達

「ONE PIECE」を全巻無料配信 公式アプリ公開 1日1話ずつ更新

新劇場版も始動発表!柿原徹也、中村悠一、大原さやから出演の『FAIRY TAIL竜王祭2015』レポート

上田麗奈、田中美海、奥野香耶、大坪由佳、沼倉愛美ら出演!『ハナヤマタ 花彩よさこい祭二組目』レポート

原紗友里、青木瑠璃子、松嵜麗、杜野まこが出演!『CINDERELLA REAL PARTY 02』夜の部レポート


06月15日(月曜日)


起床して家を出る頃に、喉を痛めていたことを思い出しました。

まあ一人暮らしだとこんなもん。
更に今日は職場の両隣がいないので、声を出すタイミングがほとんどありません。

おかげでのど飴を消費せずに、静養に向かっている模様。よしよし。
その代わり、一日の長いこと長いこと。
喋らないというより、喋ることが出来ない、のが精神的にきつかったです。

明日は大丈夫・・・あ、外仕事だからまた喋る機会が無さそう。(^^;;

日本人の40%がLINEを常用しているが世界はWhatsAppとFacebook二強

バンダイ:ネットで回して自宅に届く カプセルトイ新サービスを発表

映画『ラブライブ!』2日間の興行収入4億円突破&ランキング1位

原紗友里、青木瑠璃子、五十嵐裕美、立花理香が出演!『CINDERELLA REAL PARTY 02』昼の部レポート

ふたりだから許されるトークの大連発に加え、アニメ化も堂々発表!「洲崎西」単独イベント『ざきにし春の豚まつり 〜Majiで絶頂5秒前〜』
洲崎綾&西明日香よりイベント終了後インタビュー!『ざきにし春の豚まつり 〜Majiで絶頂5秒前〜』


06月14日(日曜日)


昨晩は流川祭りから有志で飲み屋へ。

イベント後の飲み会は楽しいっ。
たとえお酒が飲めなくても!たとえ卵料理が続いたとしても!(通風じゃないから平気)

そして帰れない友人を連れて我が家へ。
当初の予定から1人増えましたが、この時期なら凍えなくて大丈夫。逆に窓を開けて寝ました。

だから、なのか。
朝起きたら喉がガラガラ。直接的な原因はイベントで声を出しすぎたことですが、思ったより酷かったです。

でも大丈夫。ほとんど喋る予定が無かったので、喉の疲労は最小限に抑えられました。
明日になってもダメだったら・・・仕事ならいいや。(ぉ


06月13日(土曜日)


第2回初夏の流川祭りに参加しました。

当日は梅雨の晴れ間で、まさに“初夏”といった空模様。
13時半頃に物販列に並びましたが、200人ほど前にいました。

これくらいなら、と余裕に思っていたら、「ハッピ完売」「エコバッグ完売」「Tシャツ残りわずか」と不穏な情報が飛び交います。
その中でパンフレット、タオルを購入。入場前にはパンフレットすら完売との情報が。流川市民の方々、経済活動が活発的です。

---
日時:2015年06月13日(土曜日)17:00〜19:23
タイトル:第2回初夏の流川祭り
場所:ディファ有明
内容:トーク&ライブ

客席は立ち見もある満員御礼。
ステージに幕はなく、左にはゆかり・みらい、右には奈々子・ゆいの垂れ幕、中央にはスクリーンがありました。
スクリーンには【ろこどる】のCMが流れていて、BGMは劇中のものと、会場全体が“流川市”になっていました。

会場が暗くなり、イベントスタート。
奈々子・ゆかりの掛け合いが聞こえ、沙織さんが注意し、ゆいさんが進行、みらいちゃんが冷静に突っ込むという劇中そのままの影ナレが聞こえました。
「あの、マイクONになっているんですけど・・・」とみらいちゃんの突っ込みから、奈々子ちゃんが開き直ってイベントを進行させます。

まずステージ上に登場したのは、西深井沙織役の下田麻美ちゃん。
流川市ハッピを着て、やる気十分のマネージャーです。(^^;;

下田「盛り上がりが中途半端なら強制終了しますから。」
(客席「えーっ。」)
下田「さて、ぶるぶる震えている子鹿なようなキャストをお迎えしましょう!」

伊藤美来ちゃん、三澤紗千香ちゃん、吉岡麻耶ちゃん、水瀬いのりちゃんの順番で登場。
みっく・紗千香ちゃんは流川ガールズの衣装、まぁにゃ・いのりんは流川市のTシャツでした。
一言ずつ挨拶へ。

伊藤「こんなにたくさんの流川市民の方がいられることを、嬉しく思います!」

三澤「みっくが若くて可愛いので、(頭に)リボンを付けてみました。(^^;;
 生温かく見てください。」

などなど。
「緊張してる人?」との問いには、みっくが思いっきり、まぁにゃがおずおずと挙手。

伊藤「言った方が緊張しないかなと。」
三澤「緊張してたけど、みんなが温かく受け入れてくれたので大丈夫です!」

と、少し緊張も解けたところで、椅子が用意され、コーナーへ。

・みんなで当てろ!【ろこどる】名シーンクイズ

ビデオレターが流れて、ビデオレターの主が好きな名シーンを当てるというもの。
ただ、流川市民(客席)に答えを事前に見せて、キャストは「はい/いいえ」で答えられる質問を1回ずつ出来る、というシステムです。

1通目のビデオレターは野田硝子役の井澤詩織ちゃん。
「想い出は、原作者の小杉さんが持ってきてくれる、美味しい差し入れです。美味しいと楽しい現場でした。」

で、ビデオが終わります。名シーンに関するコメントは全くありません。
(ちなみにイベント的に「なるべく入れないで!」とお願いしたとのこと)

正解は「奈々子が百合まんがを見つけるシーン(第2話)」
第2話、というあさぽんからの質問を受け、質問タイムに。

伊藤「野田ちゃんが出てくるシーンですか?」→「いいえ」
三澤「ゆかりさんの部屋のシーンですか?」→「はい」
吉岡「第2話の後半ですか?」→「はい」
水瀬「このシーンは萌えますか?」→「はい」

これらのヒントから、「ゆかりさんと言えば“まんが”だから・・・」と推理した紗千香ちゃんから、見事正解!
いのりんからも「ちかちゅーが良かった。」と名アシストでした。

2通目は、柏葉さつき役の井澤美香子ちゃん。コメントで語ったのは、たぬケーキの想い出だけ。
「見れば見るほど、このシーンいるのか?」(下田)と司会者に言われる始末。(^^;;

正解は「「流川ガールズソング」を流さないシーン(第10話)」
あさぽんヒントは「第10話」「曲を作る話数」の2つ。質問は、

伊藤「4人が出るシーンですか?」→「いいえ」
下田「難しいですね。私としては、イベントが面白くなればいいです。」
三澤「魚心くんはいますか?」→「いいえ」
吉岡「誰もいない。(^^;; そのシーンは長いですか?」→「いいえ」

水瀬「(最後のヒントになるから)みんなで考えよう。」
伊藤「ヒントを・・・」
下田「ふふふふふふーふふふふふふ、ふふふふふ(文字数に合わせて)シーンです。」
伊藤「「流川ガールズソング」を・・・」
水瀬「その接続詞は「を」ですか?」→「いいえ(?)」

かなりの難問となった第2問目。回答者の紗千香ちゃんも悩みます。

三澤「「流川ガールズソング」をわくわくする・・・フリ。絶対違う。(^^;;」
下田「これは、何と言いました?」
三澤「わくわくして・・・
水瀬「流さない?

と、ここまで来て正解のジングルが流れます。
ヒントを導き出したいのりん、みっくがお見事っ。

3通目は水元美里役の津田美波ちゃん。まあ予想通り。(^^;;
津田ちゃんはハッピを着て、「流川愛」を語ります。

正解は「プールで「あぁ流川」を歌うシーン(第1話)」
あさぽんヒントは「第1話」「ゆかりと奈々子が出会う話」の2つ。

伊藤「奈々子とゆかりが出てるシーンですか?」→「はい」
伊藤「だと思った。(^^;;」
三澤「そのシーンは水着ですか?」→「はい」
吉岡「あそこしかないよね・・・そのシーンで2人は歌っていますか?」→「はい」
水瀬「みらいちゃんが出てもおかしくないシーンですか?」→「はい」
水瀬「みらいちゃんが出てもおかしくないなら、シリアスなシーンじゃないかなと。」

伊藤「1話で歌っていると言ったら、あれしかない。」
三澤「アングルとかじゃない?足から(上へ)・・・」

なんて推理がありましたが、まぁにゃが問題なく正答。
正解のVTRが流れます。

津田「私はあの歌が好きなんですよね〜。三澤さんは知ってるよね?」
三澤「は、はい!」

といきなり話を振られて、紗千香ちゃんはびっくりした様子で答えていました。(^^;;

4通目は太田貢役の室園丈裕氏。会場からどよめきが起こりました。
「絵のスタッフさんが細かい遊びを入れてるところ」が好きとのこと。もちろんクイズのヒントは皆無です。(^^;;

正解は「「流川ガールズソング」を歌うシーン(第12話)」
あさぽんヒントは「第12話」「ロコドルフェスタ2日目&夏祭りの話」。

伊藤「夏祭りのシーンですか?」→「いいえ」
三澤「おじさんが出てるシーンですか?」→「いいえ」
吉岡「和菓子屋のおじさんが出てるシーンですか?」→「いいえ」
吉岡「私、あのシーン好きなんで。(^^;;」
水瀬「流川ガールズ以外が出てるシーンですか?」→「いいえ」

皆目見当が付かない4人。
「私が好きなの、みんなが新幹線からぴょんと出るシーン。」(三澤)なんて言いつつも、流川市民の反応を見て、正解に至りました。
市民とのコミュニケーションは大事です。(^^;;

ビデオレター最後となる5通目は、AWA2GiRLSリーダー・阿南葵役の今井麻美ちゃん。
映像ではAWA2GiRLSを推しに推します。

けど、正解は「魚心くん感動のゴールシーン(第6話)」
不正解のジングルも聞いてみたい、とあさぽんの希望からヒントは「食べるパンが関わってるシーン」の1つのみ。

伊藤「小倉トーストのことですか?」→「いいえ」
三澤「「流川パン」とかなかったからなぁ・・・パン・・・パン・・・頭がパンパンになって来た。」
下田「順番じゃなくてもいいですよ?」
吉岡「屋上でパンを食べているシーンですか?」→「いいえ」
水瀬「AWA2GiRLSは出ていますか?」→「いいえ」
三澤「みらいちゃんが出ているシーンですか?」→「いいえ」

ここまでのヒントで、5〜6話と類推。なかなか鋭いです。

三澤「ゆるキャラ運動会で!・・・あと分からない・・・中の人が分かっちゃったところ?
吉岡「あ、「×」ってやってる・・・」
三澤「「×」の音源聞きたいから、言うね。(中の)メガネの人が出てくるシーン!」

そして正解VTRへ。もちろん違うわけですが、

今井「リーダー降ろされないですかね?」
下田「いやー、しっかり爪痕を残していきましたね。(^^;;」

と、不正解のジングルが流れます。
ちなみに「5問全問正解でも、全問不正解でも特に何もありません。」(下田)ということでした。(^^;;
「みなさん、楽しめましたか?」(下田)に大きな歓声が返ってきたので、それで十分でしょう。

次のコーナーのために、出演者が一旦退場します。

・生アフレコ「離ればなれになってみた」

生アフレコでは魚心くんも出演。
寸劇の役の気持ちが分からない奈々子のために、奈々子とゆかりが離れてみることに。

奈々子のためのはずが、禁断症状が出たのはゆかりさん。(^^;;
でも時間が経つにつれ、奈々子もゆかりさんの掛け替え無い存在感を理解し、無事に役に挑めることに。

という寸劇でしたが、アドリブはあさぽんの独壇場でした。
「ひゃっはー!」を演じる、というところで「ブルンブルン・・・(バイクを乗り回す感じで右へ左へ)ひゃっはー!!!」と芸人っぷりを披露。(^^;;

水瀬「「ひゃっはー!」アドリブは?」
下田「一通り浮かんで、画像検索して、“世紀末”の方を。」
吉岡「リハーサルでは別の「ひゃっはー」でしたよね?」
下田「そうですね・・・ではどうぞ!」
吉岡「え・・・!?ひゃ・・・「ひゃっはー!」(ふ○っしー風)」

世紀末は「ヒャッハー!水だ!」の方ですね。(^^;;
そしてあさぽんが場を繋いで、最後のコーナーへ。

・ライブコーナー

「ミライファンファーレ」(伊藤・三澤)

オープニングらしくノリやすい曲調に、市民も一気に盛り上がります。スクリーンにはオープニングの映像も。
曲が終わって、まぁにゃがステージに現われます。

吉岡「出てきた瞬間、みんなの盛り上がりがすごかった。」
吉岡「(2人を送って)もう心臓出そう。(^^;;
 独りぼっちだけど、みんながいると思えば大丈夫!」

「Within U」(吉岡)

ミディアムテンポでしたが、ノれるところはノるスタイルでっ。
そしていのりんが登場します。

吉岡「みんながいたから頑張れました。」
水瀬「盛り上がるアッパーな曲じゃないですけど、ピンクのライトを振ってくれると嬉しいです。」

「泣き虫のfairy tale」(水瀬)

いのりんの願い通りに、会場がピンクの光で揺れました。
続いて登場したのは、あさぽん。

下田「みなさんライブパートを楽しんでいらっしゃいますねー。
 この様子を見て、楽屋から来たい人がいるので、紹介します。魚心くんです!」

と、客席左側後方から魚心くんが客席を練り歩きます。
ここでの魚心くんはゆい先輩(まぁにゃ)の声付き。そして「撮影OK」になりました。
そこそこ近くないと見られませんでしたが、イベント中に撮影OKになるとは思ってもいませんでした。
続いてステージ上に現われたのは、みっく。

伊藤「そんな癒やしムードを取っ払って、盛り上がりたいと思います!」

「For you!!」(伊藤)

盛り上がった会場の中、まぁにゃ・いのりんが登場します。
この3人の面子は、「秋の流川祭り」で「未来少女たち」を歌った布陣。また紗千香ちゃんが出ないのか・・・と場内が一瞬ざわつきましたが、みっくが退場してざわつきが収まります。

吉岡「さて、もう1人友達が足りないね。呼んでみよう、せーの!」
(全員「魚心くん!」)

と、インターバルもそこそこに魚心くんが登場。この組み合わせならこの曲。

「魚心くんソング」(吉岡・水瀬)

この曲は掛け声で盛り上がるより、みんなで踊っていました。「祈りをこめて」で自分アピールをするいのりんもさすがっ。(^^;;
何より、前振り無しで「魚心くん!」が合う市民の意識の強さを感じました。

今度はみっく・紗千香ちゃんが登場。
「メイクさんまで踊ってた。」(伊藤)という「魚心くんソング」に対応するのは、この曲。

「流川ガールズソング」(伊藤・三澤)

スクリーンには劇中のシーンが映ります。
ちょっと感動してしまいました。

三澤「すごいね。」
伊藤「ドキドキした。」
三澤「歌詞で「この街は流川 私たちの生まれた ちいさなまち」ってところが、「ここが流川なんだな」と思いました。
 アニメの再現をしたいと思っていましたが。」
伊藤「ちょっと間違えたりしましたが。(^^;; これからもよろしくお願いします。」

ここで魚心くんが退場。

三澤「今日のMVPだね。
 歌詞で(魚心くんを)紹介するときに、初めて魚心くんを紹介できて良かったです。」

代わりにまぁにゃ・いのりんが登場します。
「沙織さん目線で、カーテンの奥から見てました。」(水瀬)この4人が揃って、いよいよこの曲っ。

「未来少女たち」(伊藤・三澤・吉岡・水瀬)

スクリーンにエンディング映像も流れ、ま・さ・に!エンディングでした。
大団円の雰囲気で、あさぽんが登場。少し早口で告知コーナーに。

キャラソンCDでは、ついにゆかりさんのキャラソンも入ることにっ。
そして新作OVA、TBSアニメフェスタ出演とどれも大発表でした。最後に一言ずつ挨拶へ。

下田「もっと続けたいくらいでした。」

水瀬「私、長く動かないので、今日はこんなに動いて、残りの6月がどうなるのか心配です。(^^;;」

三澤「クイズコーナーで今までのことを思い出し、ドラマで新しいものを演じ、今までの歌が全部聴けるという完璧なイベントで、もっと大きな会場でもできる?
(客席「おーっ!」)
三澤「今、無責任なこと言ってるから。(^^;;」

と、面白いところを抽出しましたが、みんな感謝の気持ちでいっぱいでした。
「今日はもうお別れですが・・・またすぐに、すぐに会いたいですね!」(下田)とかなり意味深なコメントを残して、全員が退場しました。(^^;;

---アンコール
アンコールでは、全員がフルグラフィックTシャツを着て登場しました。
魚心くんも登場して、客席をバックに記念撮影。でも、アンコールです。

下田「まだ歌っていない歌がありますね・・・!?」
伊藤「それでは、せーのっ!」
(全員「「あぁ流川」!」)

「あぁ流川」(全員)

スクリーンに歌詞も流れて、ステージも客席も歌います。
ステージ上では色んな人が抱き合っていて、正真正銘のエンディングになりました。

第2回となる“流川祭り”。
掛け合いの言葉がぴったり合っていて、中の人ファンだけじゃなく、作品ファンで集まった愛のあるイベントになりました。
でもまだまだ通過点っぽく、これからの展開が楽しみになる、素敵なイベントでした。
これからも“流川市”から目を離せなさそうです。(^^;;
---


06月12日(金曜日)


今日は職場の歓送迎会が行われました。

料理は海の幸中心で、刺身も蕗の天ぷらも美味。
中でもほたてを貝いっぱいにバター焼きしたのは、なかなかの味でした。

システムって人の入れ替わりが狭い範囲で行われるので、AさんとBさんの共通の知り合いが、Cさんの上司だったり、Dさんの前任だったりということがザラ。
自然と和やかな話になります。(^^;;

惜しむらくはTさんのいるテーブルに着いてしまったこと。
ちょっと真面目なTさんなので、仕事の話ばっかりだよ!向こうのテーブルは楽しそうだよ!
まあ、隣の芝生は青く見えると思うことにします。立ち回りって大事。

無線LAN「ただ乗り」を初摘発、電波法違反容疑で男を逮捕

TwitterのDMでの文字数上限が7月から140字→1万字に

ローソン、40周年を機にユニフォームを一新

累計で地球1周超え:タカラトミー「トミカ」累計出荷台数6億台間近! 過去10年の販売台数ナンバー1はあの車種

朗読劇は「虹の橋」!「金元寿子と川上千尋のテラ娘屋」第21回レポート!


06月11日(木曜日)


今日は夜に雨が降るよ、と言われたものの、雨が降る前に帰宅。

東京アメッシュを見ると、以外と近くまで雨雲が迫ってきていたので、危ないところでした。
そういえば、関東は梅雨入りしたとか。
梅雨入りしてから雨が降らないことって、よくあることです。(^^;;

梅雨と言えば、沖縄地方は梅雨明けしたとか。
そしてエルニーニョ現象が強まって、梅雨明けが遅れるとかなんとか。

気温はこれくらいがベストなのですが、湿度が高いのはちょっと。
ほどほどに、ほどほどにお願いします。(^^;;

LINEの定額音楽配信「LINE MUSIC」スタート。月額500円〜

時代の流れ:太陽誘電、光記録メディア事業から撤退
太陽誘電、光記録メディア事業から撤退 〜2015年12月末で製品販売を終了、「That's」ブランドも

焙煎後24時間以内に発送、ヨドバシがコーヒー豆を取り扱い開始

ドコモ×ローソンのコラボメニュー! ドコモダケづくしなメシを喰らう!

あのアイドルや俳優も使った? 日本青年館が思い出の備品販売 座席プレートや楽屋の鏡など


06月10日(水曜日)


今日から社会復帰。

朝起きるのに抵抗はありませんでしたが、歩いていると何か違和感が。
何かと考えたら、周りが全部日本語!
わずか数日でしたが、全部フィンランド語or英語、ドイツ語、ロシア語etc.だったので、耳が違和感でいっぱいに。

時差ボケはあまり感じませんでした。
飛行機が現地時間で11時出発→15時到着/17時出発→(翌朝)9時到着なので、違和感を感じないようにしているのでしょう。
そもそも寝不足はいつものことなので、この眠気もいつもどおりです。(^^;;

けど眠いことには変わりなく・・・Zzz・・・
深夜番組はさっぱり諦めて、少しの間は早く寝ることに務めます。(>_<)

ピッ、ピッ、ピッ、ポーン、ポーン……7月1日の「うるう秒」、ひかり電話では時報の「ポーン」2回

「ペヤング」関東以外の販売再開を延期 「予想をはるかに上回る注文」のため

「マックでDS」終了 開始から6年

ゲストにTRUEと井口裕香&分島花音が登場!青木瑠璃子が部長代理のニコ生「電波諜報局」4月30日レポート
TRUEにインタビュー!ニコ生「電波諜報局」4月30日放送
井口裕香&分島花音にインタビュー!ニコ生「電波諜報局」4月30日放送


06月07日(日曜日)〜09日(火曜日)


6日の土曜日以降は、ヘルシンキをうろうろしていました。
今回は写真多めににしてみます。それでは、しゅっぱーつっ(片道9時間半)。

フィンエア

ヘルシンキの街並は石畳で、古そうな石の建物が多くありました。

ヘルシンキ駅その1 ヘルシンキ駅その2 ヘルシンキ街並その1 ヘルシンキ街並その2 ヘルシンキ街並その3 ヘルシンキ街並その4 ヘルシンキのカジノ ヘルシンキ大聖堂

時系列バラバラですが、ヘルシンキは海沿いの街らしく、午前中は晴れていても、昼過ぎから雲が多くなり、にわか雨が降ることもしばしばありました。
そしてラハティの「ですコン」会場はこんな感じ。

ですコン付近 ですコン会場

朝早くに来たので誰もいませんでしたが、時間が経つにつれ多くの人(主にコスプレ)で埋まっていきました。
ヘルシンキからラハティまではVR鉄道を利用。

ヘルシンキ駅ホーム

ホームのはずなのですが、“改札”がありません。
鉄道の切符はエリア毎で、「○○行き」という表記がありません。おかげで最初に切符を買ったときに、みどりの窓口的なところで聞き直しました。

最後に食事事情など。
LAPPIという有名なところでトナカイ料理を食べました。

LAPPI看板 LAPPIメニュー トナカイの涙 前菜・ラップランドの味盛り合わせ(4人前) トナカイフィレのグリル焼き

観光客が多いのか、日本語メニューが出されました。(^^;;
食前酒として「トナカイの涙」を頼みましたが、アルコール度の高さにやられました。北の方だからアルコールの度数も高いですよね。(>_<)
そして前菜「ラップランドの味盛り合わせ」はこれで4人前。美味でしたが、ちょっと量が多かったです。
最後の肉料理「トナカイフィレのグリル焼き」はちょうどいい量でした。当然ですが、鹿っぽい味がしました。

普通に歩いていると、可愛い女の子からビジネスマンまで、バナナを食べている人を多く見ました。
地元民に聞くと、バナナとリンゴはよく食べられているとのこと。キオスクでもよく見ました。
てことで、飛行機に乗る前にフィンランドっぽい食事で締めました。(^^;;

帰りの空港にて(バナナ)

以上、フィンランド滞在記でした。


06月06日(土曜日)


フィンランド滞在2日目。
そして三澤紗千香ちゃんの出演するですコン本番です。

色々検討した結果、始発で移動することに。ここまで来て後悔したくないもので。
4時半に起きましたが、外の明るいこと。夜も明るければ、朝も明るかったです。さすが北欧の地。

かなり迷った電車のチケットも、会場への道のりも、前日に予習しているので問題なし。
海外らしい“雑”さに助けられつつ入場、そしてサイン会のチケットをゲット。これでもう一安心。
紗千香ちゃんが出演する“ですコン”最初のイベント、Accel Worldista Aldnoah.Zeroonへ。

会場は“Paasali”というコンサートホールで行われました。
知名度は不明、そして朝早い時刻のイベントで、集客が心配されましたが、150人以上は脚を運んでいました。

司会のお姉さん2人に迎えられ、通訳(男性)と共に紗千香ちゃんが登場。
紗千香ちゃんは紺のワンピースに青白ストライプのブラウス姿でした。
挨拶は短めに、インタビュー形式で三澤さんに質問が行きます。

(フィンランドの感想は?)
三澤「涼しいと思いました。(^^;;
 日本だと夏の始まりで、30度くらい越えることもあるんですが、こちらは涼しいなと思いました。」

(ですコンについて)
三澤「かなり大御所の人が来ているので、緊張しています。私で大丈夫ですか?

(三澤さんにとってアニメとは)
三澤「とても好きでよく見ていましたが、フィンランドではアニメを放送しています?」
司会「日本のアニメはあまり放送していません。ここにいる人は別ですが。(^^;;」

(好きなアニメは?)
三澤「一般的には『ドラえもん』『アンパンマン』なんでしょうね。
 アニメ大好き!になってからは、『REBORN!』『銀魂』ですね。」

(黒雪姫役になったきっかけは)
三澤「オーディションを受けて、黒雪姫役をやらせていただくことになりました。
 みんな『アクセル・ワールド』を見てくれていますか?」
(現地の客「はーい」)

((AW内の)“ブレインバースト”は誘われたらやりますか?)
三澤「やります、やります。やりたいです。」

(『悪魔のリドル』で千足役をやっていますが、王子様っぽい役をやるのはどうでしたか?)
三澤「声変わりできないけどどうしよう?と思いました。」

(男性役をやるときはどんな気持ちですか?)
三澤「声優さんだから出来ることと、わくわくしながら、心配をしながらやってます。」

(『ろこどる』について)
三澤「クールな役が多かったのですが、ゆかりさんはふわふわしてて、優しい・・・と、自分の引き出しに無い役だったので、緊張しました。」

(『ろこどる』のゆかりについて)
三澤「元々アイドルが好きで、自分が好きなアイドルを思い出しつつやりました。」

(『アルドノア・ゼロ』のライエについて)
三澤「お父さんを殺されて、他の人から話しかけられても心を開かない。
 でも、心を開きそうになって、難しかったです。」

(『とある魔術の禁書目録〜エンデュミオンの奇蹟〜』について)
三澤「作品の中で6曲も歌わせていただいて。映画とアニメの違いは・・・長さ。(^^;;
 アニメだと1話やるんですが、映画だと丸一日かけて録りました。」

(新しい役を演じる上で調べることは?)
三澤「原作がある作品だと原作を読み込んで、現場に原作者の先生がいたら話をして、聞き込みます。」

(海外の吹き替えは?)
三澤「やったことなくて、難しそうだなと。やってみたいです。」

(アフレコの日はどうしていますか?)
三澤「朝はお腹いっぱいは食べないです。声が出なくなるので。
 あとストレッチをして、声が出る状態にして挑みます。

(アニメの中で好きなジャンルは?)
三澤「バトルで、ハラハラしますね。みんなは何が好きなんですか?」
司会「私は、BLが好きで・・・(^^;;」

(声優になって変わったことは?)
三澤「ノイズに気を使うようになって。
 今日も自然と音が出ないような服を選びました。(と言って、立ったり座ったり、ワンピースの裾をひらひらしました)

(声優になってアニメの見方は変わりましたか?)
三澤「スタジオの様子を想像します。仲良くやってるかな?とか。
 アニメを純粋に楽しめなくなりましたね。子供の頃より。」

(海外での人気によって変わったことは?)
三澤「今日呼ばれて来たことです。(^^;;
 あと、ブログのコメントや手紙に書いてて、こんなところから来てくれているんだ、と思います。」

(外国語を演じたことは?)
三澤「母国語の人に怒られそう。(^^;;」
司会「そんなことないですよ?やってくれたら嬉しいと思います。」
三澤「微笑ましく見てくれるのなら、やりたいですね。」

(フィンランドについて)
三澤「自然がいっぱいで、可愛い街並で。シャイな人柄も日本と似てて、もうちょっと滞在したいですね。
 半袖の人もモコモコの人もいて、季節感がよく分からないですね。(^^;;」

(ですコンについて)
三澤「みんな色々なコスプレがいて、可愛いなと思いました。
 あと、カラコンが要らなかったり、体型も似合いすぎてるかなと。あと衣装も自分で作ってるらしくて、すごいなと。」

(やってみたいタイプの役は?)
三澤「もっと明るくて若い?可愛い役をやってみたいですね。」

そして最後に一言があって、イベント終了となりました。
質問としてはこの他にも「声優になったきっかけは?「憧れの声優は?」というよくある質問や、「声優のオーディションとは?」という“声優職”一般的な質問もありました。

紗千香ちゃんは質問を受けるときは、フィンランド語でも相手の顔を見て、自分の言葉が通訳されているときに会場全体を見回していました。
通訳されることを意識して言葉を選んで、時には言い直したり。そして会場の笑いを取って、場を賑やかにすることもありました。
初の海外イベントで、最初は緊張している様子でしたが、少しずつリラックスしているように見えました。
基準はありませんが、個人的に大成功だったと思います。

で。
今度は「サイン会」。会場は“Metsahalli”とありますが、有体に言ってホール前の待機場所です。
そして休憩所だったところを片付けて、机と椅子が用意され、即席のサイン会会場が設営されました。

サイン会は時間を別けて2回行われ、75人×2ということでしたが、どちらも多くの人が参加していました。(スタッフ証を下げていた人も。(^^;;)
サイン用に主催者側で用意されていたのは、普通のうすっぺらい紙。
ただ、私物OKだったので、現地の『アクセル・ワールド』タペストリー、中には紗千香ちゃんのCDや写真集『さちか。』を持っている人もいました。
話をすることも出来ましたが、特にスタッフが注意することもなかったので、かなり長い時間話すことができました。(さすがに現地の人は、すぐに立ち去る人が多かったです)
個人的には、話したいことが概ね話せたので、大満足なサイン会でした。

それからしばらく間を置き、最後のイベント:Sachika Misawa Q&Aへ。
こちらも最初のインタビューと同じくらいの人が集まっていました。
質問は事前にネットで受け付けていましたが、会場でも募集していました。(英語でも日本語でもOK)
司会者、通訳はインタビューと同じ人でした。

三澤「moi!三澤紗千香でーす。よろしくお願いします。」

とフィンランド語で挨拶をして、緊張も解けた感じで紗千香ちゃんが入場しました。

(声優学校で学んだことは?)
三澤「私は通って無くて、短期間先生に学んだことはありました。フィンランドにはあるんですか?」
司会「演じるための学校は2箇所しかないんです。」

(『REBORN!』の中で好きなキャラは?)
三澤「(六道)さんですねー。(雲雀)恭弥さんも好きです。イケメンだから。(^^;;」

(『ろこどる』でゆかり役をやりましたが、アイドルになりたいと思ったことはありますか?)
三澤「ハロー!プロジェクトに憧れてたことはありますね。
 声優になったら、ちょっとアイドルのようなこともやれるし、アイドルも演じられるし、声優になりました。
 アニメの中でもアイドルをやって、アイドルの服を着て、ちょっとその時にちっちゃな時の夢が叶ったなと思いました。」

(『ファンタジスタドール』では3つの役をやりましたが、やるのは大変でしたか?)
三澤「モブの役はいきなり振られてやるので、心の準備はしています。
 「いらっしゃいませー」とか「こんにちは」とか、「ちっちゃな女の子で」「おじさんで」とか振られます。
 その時は無理と思っても、やってみます。

(『ガンダム00』では誰が好き?)
三澤「ティエリアです。メガネの人は好きです。あと、CVが神谷(浩史)さん。(ここで黄色い声が上がる)
 神谷さんは好きですか?」
(女性の声で歓声が上がる)
三澤「あ、世界の神谷さんですね。(^^;;」

(フィンランドと日本で同じところは?)
三澤「むしろ違うところがなくて、ここは日本かな?と思います。
 でもビックリしたのは、明るいときでもヘッドライトが付いていて、眩しいなと思いました。(注:これは法律で決められてるとのこと)」

(フィンランド語でやってみたいキャラは?)
三澤「moi!moi!可愛いなと思います。フィンランド語は。
 みんなが「Joo!Joo!」(=はい)って言うのが可愛い。」

(黒雪姫と似ているところは?)
三澤「ん〜〜〜・・・髪型?(髪の毛が)黒いところ。
 あと、演じていたときが18歳で、黒雪姫が中三なので、年齢差がなかったところも似てるかなと。
 あと、真っ直ぐで頑固なところが、自分とちょっと似てるかなと思いますね。」

(『夢色パティシエール』は長くやりましたが?どんな感じでしたか?)
三澤「1年3ヵ月演じて、毎週会っていたので、家族みたいな感じがしましたね。」

(子供向けの役は演じてみたいですか?)
三澤「すごく興味がありますね。」

(『ファンタジスタドール』では魔法少女っぽい役をやりましたが、本気で魔法少女はやりたいですか?)
三澤「やりたい。とてもやりたい。(フィンランドでは)何が人気ですか?」
(客席「まどか!」「プリキュア!」「なのは!」
三澤「日本みたいですね。(^^;;」

(『アクセル・ワールド』の決めゼリフをお願いします)
三澤「(立ち上がって)もっと先へ『加速』したくはないか、少年。
(客席、拍手)

(フィンランドの人に何か聞きたいことは?)
三澤「昨日トナカイの肉を食べましたが、お勧めは?」
(客席「SALMIAKKI!」、そして失笑)
三澤「美味しいですか?」
(客席「Ei!(=いいえ)」
三澤「えー(^^;;、なんで勧めたんですか?」
司会「実は買ってあります。」
三澤「今食べなくて良かったです。(^^;;」

時間になって、最後の一言に。
紗千香ちゃんは「またフィンランドに絶対来ようと思います。プライベートでも、お仕事でも。」と言って、フィンランドへの“愛”を示しました。

緊張が解けたようで、最初に比べて会場へ質問する自由さがありました。
それに応える客席も客席でしたが。(^^;;
笑顔が絶えない、楽しい「Q&A」になりました。

6日の「ですコン」については以上!
帰りの電車は疲れ果てて、うつらうつらしましたが、満足度は十二分にありました。
ちなみに我々の夕食は、もちろんトナカイ料理。(^^;; 美味でした〜。


06月05日(金曜日)


6月5日金曜日、フィンランドに行ってきました。

目的はですコンに出演する三澤紗千香ちゃんを見るためっ。
フィンランドは日本から遠く離れた北欧の地。飛行機で9時間半の長旅です。
友人といっしょにいたので、思ったより退屈せずに済みましたが、ロシアがながーーーーーいことは嫌というほど味わいました。(^^;;

てなわけで、フィンランドに到着したのは現地時間で15時半。
中途半端な時間だったので、下見のために現地のラハティに向かいます。
慣れない北欧の地。まーーーー苦労して苦労して、現地に辿り着いたのは20時過ぎ。それでも明るい北欧でした。

下見を終えて宿泊地であるヘルシンキに帰れたのは、23時近く。
明日の予定を決めて、早々に寝たのでありました。長い一日だった・・・


06月04日(木曜日)


昨日とは違い、朝から気持ちのいい青空が広がりました。

洗濯物や布団を干したくなりますが、洗濯はローテーションが合わず、布団は仕事があると夜まで干すことになるので見送り。
残念でしたが、風が結構強く吹いていたので、飛ばされる心配をしなくて済んだので、結果オーライかなと。

結果オーライと言えば、今日の夕食で火曜日に炊いたご飯、月曜日に買った惣菜がきれいさっぱりなくなりました。
ご飯は想定どおりとしても、惣菜は値引きされたものを買ったので、賞味期限はとうの昔に過ぎています。

冷蔵庫に入れていたとはいえ、食べる前には一応臭いを嗅ぎました。
味に異常はなかったし、数時間経った今でもお腹の調子は悪くないので、結果オーライでしょう。(^^;;
買い物は計画的に・・・

「自然な会話」できるロボ タカラトミーとドコモが開発 「しゃべってコンシェル」活用

改めてみると誰得な製品も…時代を先取りしすぎたカシオの多機能時計たち

発売日決定よりもホット? 「Windows 10を入手する」アイコンの消し方を調べる人が増加

東京ビッグサイトのファミマ閉店! ローソンとセブン-イレブン開店でコンビニ三国志へ

楠田亜衣奈さんのイベント模様&インタビューをお届け!

渕上舞のインタビューが到着!「音楽少女 3STARS」が6月26日に発売!


06月03日(水曜日)


朝から雨。

しかも雨足も強いので、こういう時は据え置きの傘が役に立ちます。
メインで使っている傘は大きさ・重さと問題なし。

ただ、留めるところがマジックテープになってて、そこが弱っているのが問題。
気が付けばほどかれていて、電車の中で困ったことがしばしば。

そこで、輪ゴムで縛ってみることに。
もちろん効果は絶大。格好は悪いですが、背に腹は代えられません。

買い替えればいいのでしょうが、輪ゴムで対応できているので、このままでもいいかなと思ったり。(^^;;

Amazon.co.jpが中古本の買取サービス開始、1冊から無料で自宅まで集荷、買取不成立時の返送も無料

iOSを狙うトロイの木馬が日本で出回る、アダルト動画サイト見て9万9000円請求される

自転車に乗る人は必見、警視庁作成「交通安全教育用リーフレット」が分かりやすいと評判

バーガーキングがエナドリを6月12日から発売!

『桃太郎電鉄』シリーズに関するお知らせがKONAMI公式サイトにて公開 シリーズ継続の意思を示す

「なかよし」電子版配信スタート 「きんぎょ注意報!」など懐かしの名作が付録に

芹澤優:「実は私は」声優が「チャンピオン」表紙に 制服姿で葉子とポーズ

シリーズ最新作『音楽少女 3STARS』が2015年6月26日にリリース――渕上舞さんインタビュー


06月02日(火曜日)


今日から職場に復帰。

金曜日は外仕事だったので、事務所に戻るのは木曜日以来。
無事に復帰できるか心配でしたが、思ったより精神的ゆらぎはなく一安心。

ただ、眠い眠い・・・これは想定内。
もう一つ気になったのは、昨晩から急に喉が痛くなったこと。

体と喉の疲労が混ざったのでしょうが、喉から風邪を引くことが多いので、要注意。
ひたすらのど飴を舐めて回復を祈っていますが、なんとか週末に響かないように・・・

警視庁、ロジテックの古い無線LANルーターを狙った攻撃を確認、該当製品ユーザーはアップデートを

Microsoft、「Windows 10」のシステム要件や“アップグレード先”を発表

ローソンでよく紙の雑誌を買う人向けに、電子雑誌445冊が読み放題になるキャンペーン

KONAMIとの間に何が…… さくまあきらさん「ここに桃太郎電鉄は、正式に終了します」

ラブライブ!:ベストアルバムが初のオリコン首位 「けいおん!」以来の4年7カ月ぶり快挙

茅野愛衣:「あの花」ヒロイン声優が明治チョコレートのテーマソング歌う

ついに番組スタート!ゲストに村川梨衣を迎えた『遠藤ゆりかの今夜もユリーカ!』第1回レポート

坂本真綾、雨の嚴島神社で神秘の世界遺産劇場


06月01日(月曜日)


昨日はライブ後に、みんなで福岡公演打ち上げ。

感動的な公演なだけに、みんなのテンションが高い、高い。
日曜日の夜、ということもあり、飲み屋全員ライブ参加者だったり。(^^;;

ただ、そこでも私のお腹の調子は優れず、一杯目のビール以外はソフトドリンクをちびちび飲んでいました。
食べ物もそこそこに。イカの天ぷら、ごま鯖、もっと食べたかった〜。

一晩明けて、今朝のお腹の調子は・・・うーん、いまいち。
それでも折角の福岡、らしいものは食べたいもの!
てことで、お昼は博多ラーメンに。替え玉は遠慮しておきました。(^^;;

そして東京に到着。
休みな浮かれた気分でお菓子を食べたかったですが、夕飯がきちんと食べられないと思い、断念!
空腹が一番の調味料だと思っています。(^^;;

対象OSで無料アップグレード予約も可能に:「Windows 10」は7月29日に提供開始

Wi-Fiは使えない? 他社のSIMは違法? Surface 3 LTEの疑問あれこれ

楽天市場、ブランド模造品をつかまされた人へ1回あたり最大30万円補償

そんな“決定打”がお前にあるのか!?:“金色”とグリーンを駆けろ! バンダイから「百式」デザインのゴルフ用バッグが登場

松岡禎丞、原由実、諏訪彩花、佐倉綾音、日笠陽子らが集結!「トリニティセブン」SPイベント『魔道祭』レポート

水瀬いのり、加隈亜衣、井澤詩織、渕上舞ら出演!「Tokyo 7th シスターズ」1stライブオフィシャルレポ到着!

姫崎愛美、秦佐和子、田辺留依ら出演!『VENUS PROJECT LIVE Vol.1」ライブレポ&インタビュー

坂本真綾:厳島神社で初の“世界遺産ライブ”
全15曲1時間半の奉納ライブ! 坂本真綾、広島・嚴島神社ライブレポート