FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

2004年05月 過去雑記

←「新宿鯖」TOPページへ

←「新宿鯖」過去雑記 TOPページへ


05月31日(月)

宴の翌日。

腕を伸ばすと違和感があるものの、それ以外は足も腰も肩も平気(膝に打撲傷はありますが(^^;;)。
けどライブ中はヘトヘトだったような記憶が。
きっと「筋肉痛になる前に体力がなくなっている」のではないかと。持久力つけないとなぁ。そんな時間と余裕無いけど。

けどそれより辛いのは・・・眠い・・・
土・日と(いつもの週末より)早く起きましたし、3時就寝→6時起床という3時間睡眠。健康的っ。(ぉ

さすがに明日は休もうかなぁ、と思って職場に着くと、係長からの休暇電話を受ける自分。
・・・報告することがあるから休めないかぁ・・・
水曜日から定例作業が忙しくなるから、火曜日は雑用を潰していく予定。とすると休めないわけで・・・

今日の午後は組合運動に頭数として参加。おかげで仕事も休めましたし、早々に自由の身になれました。
この時間を利用して『いつでも☆いっしょDVD』を回収、そして石丸電気でDVDを予約。
MURAMASAは安ければ悩もうと思いましたが、全然安くなかったので見送り。こうやってズルズルと買わなくなりそうな予感。

帰りに100円ショップでブックエンドを購入。
これでようやく職場の机が片付く予定。あくまで「予定は未定」なので。(^^;;

ソフトバンクBB、恐喝未遂事件容疑者逮捕を受け発表会開催〜「PC JAPAN」休刊へ。容疑者の1人は「PC JAPAN」に執筆するライター〜

京都地検、「Winny」開発者の47氏を著作権法違反ほう助の罪で起訴

ハピネット、DVD「まぶらほ 第5巻 限定版」に不具合
 >誤りの内容は、第5巻の初回限定版に特典として付属するCD「if 3」の収録内容が、第1巻の限定版に付属していた「if 1」と同じだったというもの。

サクラカフェライブショウ、4回目は「渕崎ゆり子『紅蘭』を歌う」

GBA『マリオvs.ドンキーコング』テレビCM撮影の裏側をちょっとだけ公開!

「ナムコ・ナンジャタウン」生誕8周年を記念して、「8にちなんだモノ」で入園無料!

「オリジナルの肝」高橋良輔×押井守対談
 >バンダイチャンネルでは6月に、この「押井守×高橋良輔対談」のネット配信開始を予定。

DIGI:F@Nでしか入手できない限定品 朝倉音夢等身大マルチカバー、予約受付中
6月13日までの完全予約製品。イラストは月刊コンプティークで『D.C.〜ダ・カーポ〜』のコミックを連載している、たにはらなつき氏。

OVA「ナースウィッチ小麦ちゃん マジカルてZ〜おぺ.1〜」9月10日発売!MOON PHASEさんより)
テレビオンエアもあるとか。

BTLIV、入場者数は7,102人
A席の後方とかスカスカでしたからねぇ。

「おたくの中のおたく」Tシャツをキミに!

05月30日(日)

BTLIV行って来たー。取り敢えず曲目だけ。
→追記
Mさんの車で横浜アリーナに到着すること9時過ぎ。ええまあぶっちゃけ、やる気なんて無いですよ。(^^;;

毎度のことながら凄い列。
9時過ぎだと会場の階段を下りたところくらい。ちょうど日向で暑かったり。列は何度が小刻みに動きましたが日陰は遠かったです。(^^;;

入場列が大きく動いたのは10時過ぎ。10:20頃には先頭が会場内に入っていた模様(元々の入場時間は11:00)。金属探知機も混乱無し(事前にビニール袋に対象物を入れるようにしていました)。
10:40頃入場。早速物販へ。・・・うわー、凄い人やなー・・・やる気減↓
先に入っていた N先生や Tさんにゲマポイントを戴き公開録音抽選に。

結果:
『カオ×アク』A-10番台
『airythラジオ』L-20番台

・・・おかしいって、この良番引きって・・・
---
日時:2004年05月30日(日)11:57〜12:37
タイトル:BTLIV カオシック×アクエリアンナイト公開録音
場所:横浜アリーナ
内容:公開録音


入場自体が遅れて、本来の開始時間より押し押しでスタート。
入場して分かったこと。“A-10番台”って最前列ど真ん中でした。・・・死ぬって・・・

やまけん氏の諸注意の後、出演者が登場。左から廣田詩夢・浪川大輔・新谷良子・なかいまれかつ・猪口有佳・近藤佳奈子(敬称略)の順。
良子ちゃんは白い半袖のブラウスにベージュのスーツっぽい感じに濃い茶色のネクタイ、黒のスカートという出で立ち。他は略。(ぉ

すぐに公開録音スタート。まず番組冒頭の挨拶。

浪川「(挨拶の後)・・・凄い人だね・・・」
新谷「これから祭りが始まるのかな。」

続いてCM明けにふつおたコーナー。
ネタは、
「耳掻き」・・・良子ちゃん中井さん・詩夢ちゃんはお風呂上りによく行う。浪川さんはくしゃみしたときに「メキッ」って音がしたらするくらい。
「初イベント」・・・浪川さんは10歳くらい。良子ちゃんは初めての頃に比べて「可愛くなった」(Y氏談)。中井さんはでじこオーディションの生CM。それ以来サングラスをかけるようになった。
「サイン」・・・良子ちゃんは段々簡略化している。猪口有佳さんは漢字で書くと「怖くなった」のでローマ字表記に。佳奈子ちゃんは家族で決めたとか。
など。

あとコーナーがいくつか行いました。完パケだとおもうので、気になる方は6月6日の放送を聴いてください。
そそくさと退場して終了。この番組が押すと、次の番組も連鎖的に押されるので、後の番組は困るとか木谷社長が出てきて言っていました。(^^;;
最前列で見る良子ちゃんは可愛かったです。♪以上。
---
んでさおりんに頑張っている mさんのお力に全然なれなかった『airythラジオ』は・・・回避。
昼食を取るために一旦会場を後にすることにしました。この判断が後に悲劇を産もうとは・・・

色々ありまして、結局お昼ご飯が目の前に置かれたのが14時過ぎ。開演は15:30・・・じゃなくて、G.G.F.ステージはその30分前なんですね。
昼食を駆け込んで、横浜アリーナに戻ってきたのが14:40頃。再入場できたのが・・・15:20。会場内に流れる『ネバギバ!』が再入場のテーマに。(^^;;
間に合うかなー、と思ったら再入場列の進みの遅いこと。同じ時間に初入場した人のほうが圧倒的に早かったです。
別にG.G.F.に必死なわけじゃないんですが、可能性を目の前で取られるのは哀しいです。
だから本編のみしか分からないんです。ずっと会場内にいればよかったかなぁ。
---
日時:2004年05月30日(日)15:31〜20:34(休憩:18:09〜18:23)
タイトル:BROCCOLI THE LIVE IV
場所:横浜アリーナ
内容:ライブ


ステージは左右に柱があり、鉄筋もあったりで機械的なイメージ。生バンドが入る場所が見えました。
客の入りは・・・A席が散々たる結果。前はもうちょっと入っていたような。

司会進行として内藤玲・森訓久両氏がタキシードで登場。
出演者の登場は、エンジェル隊→榎本温子→野川さくら→門脇舞→伊東隼人・MIKI→yozuca*・rino・佐藤裕美・サイキックラバー・UNDER17・橘ゆず(以上6組はビデオのみ)→P・K・O→D.U.P.の順。

Round1:ギャラクシーエンジェル
エンジェル隊が白の統一された衣装で全員集合。入場時の音楽は7月から始まるTV新シリーズのオープニングとか。
まずは、ギャラクシーエンジェル関係者の座談会から(姿はみんなノーマッドでした)。まあいつも通りの投げっぱなしになる模様。(^^;;

「笑顔にGet on!」(新谷良子・後藤沙緒里)
「花いろ日記」(後藤沙緒里)
「おうちへ帰ろう」(山口眞弓・かないみか)
「アテンション!」(田村ゆかり・山口眞弓)
「おひさま色のMerry-go-round」(新谷良子・沢城みゆき)
「LUCKY GIRL」(新谷良子)
「まっしぐら」(新谷良子・田村ゆかり・沢城みゆき・山口眞弓)
「ギャラクシー☆ばばんがBang!」(新谷良子・田村ゆかり・沢城みゆき・山口眞弓・かないみか)
「Angelic Symphony」(佐藤裕美)
「Eternal Love2004」(佐藤裕美)

Round2:ブシロード
「刹那の鼓動」(伊東隼人・MIKI)

“紅旗軍”登場。次に唄う曲は7月のキャラクターショーで発売される新曲。

「乙女恋歌」(榎本温子・門脇舞・新谷良子・野川さくら)
「Believe」(榎本温子)
「空のシズク」(門脇舞)
「ファンシー☆フリル」(新谷良子)
「Good morning〜にゃっほ〜♪」(野川さくら)
「OUR SONG」(鳥海浩輔・鈴木千尋・サエキトモ)
「熱風海陸ブシロード〜熱き咆哮〜」(鳥海浩輔・鈴木千尋・サエキトモ)

Round3:サイキックラバー
「特捜戦隊デカレンジャー」(サイキックラバー)
「TRANSFORMER-Dream Again」(サイキックラバー)

Round4:D.C.〜ダ・カーポ〜
VTRで流れる『第2ボタン』から盛り上がる会場。私もその中の一人。(^^;; 『D.C.P.S.』『D.C.P.C.』のオープニング画面でした。

「心配かけてゴメンね?」(野川さくら)
「月の魔法で恋したい」(田村ゆかり)
「サクラサクミライコイユメ」(yozuca*)
「未来へのメロディ」(rino)
「ダ・カーポ〜第2ボタンの誓い〜」(yozuca*・rino)
#2番の歌詞から野川さくら・田村ゆかり追加。

ここで10分間の途中休憩。
この時点で喉カラカラ。何とか水分補給は出来ましたが、まだ2時間しか経っていないと知って愕然。

Round5:UNDER17
「ラブスレイブ」(UNDER17)

UNDER17からのお知らせは、『ラブスレイブ』が7月発売、『くじびきアンバランス』のTVアニメのOP/EDを担当して8月25日に発売。

「マウス Chu マウス」(UNDER17)
「天罰!エンジェルラビィ」(UNDER17)
#今日は「横浜と間違えて横須賀に行っちゃいけません〜」

Round6:橘ゆず
『プリンセスコンチェルト』のキャラの衣装で登場(何かは失念)。

「運命のDear」(橘ゆず)
「Don't cry again」(橘ゆず)

Round7:P・K・O
「ONLY★YOU〜君を守りたい〜」(鳥海浩輔・鈴木千尋・サエキトモ)
「We are THE ONE!」(鳥海浩輔・鈴木千尋・サエキトモ)
「Red Emotion」(鈴木千尋)
「Knockin' on your Heart」(サエキトモ)
「EGOIST」(鳥海浩輔)

ここのソロパートは「自分が唄いたい曲を歌う」というコンセプト。だからちーちゃんがとりちゃんの歌を唄ったりしていました。
次に唄う曲は6月25日に発売するCD『みんにゃのうた』から“アホ曲第2弾”ということ。

「ヨロシク☆ロケンロール」(鳥海浩輔・鈴木千尋・サエキトモ)
「Precious Moment」(鳥海浩輔・鈴木千尋・サエキトモ)

ここでP・K・Oが秋にツアーを行うことが発表。今日以外の新曲を唄うとか。

「Run & Gun!!」(鳥海浩輔・鈴木千尋・サエキトモ)

Round8:D.U.P.
「ミラクル☆ワンダーランド」(真田アサミ・氷上恭子・沢城みゆき)
「ダイナマイト★I・N・G」(真田アサミ・氷上恭子・沢城みゆき)

今日の衣装は全部恭子さんが作成したそうです。「5年もやると衣装も揃うわけですよ。」(氷上)

「wanna be an actress」(氷上恭子)
「Spicy Girl」(沢城みゆき)
「でじこの「ど〜んとやっちまうにょ」」(真田アサミ)
「アメダスココロ予報」(真田アサミ・氷上恭子・沢城みゆき)
「てんてこまい」(D.U.P.サーキット仙台1位)(真田アサミ・氷上恭子・沢城みゆき)

実はこれからの曲は“D.U.P.サーキット”の各場所投票1位の歌を唄うとか。

「無限大∞ソリューション」(D.U.P.サーキット名古屋1位)(真田アサミ・氷上恭子・沢城みゆき)

ここでメンバー紹介。ベース→ギター→ドラムの順。名前が一般的過ぎて覚えきれませんでした。(^^;;

「D・U・P」(D.U.P.サーキット大阪1位)
−アンコール−
「ダイスキ」(真田アサミ・氷上恭子・沢城みゆき)

ここでゲマ役の亀井芳子さん・さんかいさん?櫻井監督・コゲどんぼさんが花束を持って登場。みんな涙目に。

「PARTY☆NIGHT」(真田アサミ・氷上恭子・沢城みゆき)
最後は全員集合。唄ったり、サインボールを投げたりすることは無し。

以上で終了。
いやー叫んだ、跳んだ、汗かいた、膝打った。(ぉ ともかく完全燃焼できたと思います。
あまりにペンライトを投げるのはやめましょうねー。
---
会場を出るところで『卒業 Next Generation』のチラシを戴きました。何の脈絡も無いのね。詳しくはこちら

新横浜付近で食事した後、Mさんの車で帰宅。
・・・明日、仕事行きたくないなぁ・・・

05月29日(土)

5月最後の土曜日。

いいお天気。夏を思わせる陽気。
天気予報では“雨”の表記も一時期見ましたが、晴れているのはいいこと。並ぶとき楽だし。(^^;;

まず並んだところは(何となくメールを送ったら当選した)『忘却の旋律』イベント。
豊島区民会館前の公園に行くと見知った顔が何人か。ていうかいっぱい。(^^;;
アニメイト枠とメール枠で別れて並びましたが、メール枠の方が若干多いくらい。メール枠に関しては、整理番号は先着順。12時過ぎに入場。
---
日時:2004年05月29日(土)13:01〜14:46
タイトル:『忘却の旋律』メロスの戦士 決起集会!
場所:豊島区民センター
内容:トーク&上映会


席はほぼ満席。予め座席には『忘却の旋律』紙袋が。中には宣伝紙一式。

司会としてTokyo-FMの山内智子氏が登場。
番組の紹介、7月23日にDVDが発売する、など紹介し、「Will」(lisa)をバックにスモークと共に出演者登場・・・なんですけど、早速むせる3人。(^^;;
スモーク臭い!」(浅野)とのこと。

浅野「外に並んでいた人を見て、「何に並んでいるんだろうね?」って言ってた。(^^;;」

(物語の設定について)
桑島「面白いことだらけ。」
能登「私の役はモノローグばかりで声が使い回しだったり。」

(アフレコは12話まで終了)
浅野「小夜子とボッカが大変なことに。あ、これ以上は言っちゃいけないか。」

というところで第3話「白夜岬」を上映。DVDのCM付きでした。
上映が終わって、再び3人登場。

浅野「(上映について)・・・すみません、楽屋でお弁当を食べていたもので何のことかと。(^^;; マイセンのカツサンドだったんだよ。」
(「白夜岬」の舞台について)
桑島「熱海かな?」
浅野「それは寂れているところが?他に集客の困っている温泉街は?」

桑島「(「白夜岬」での客がキューピー人形なので)こういう人が客なんだ、って思った。」
能登「・・・私だけ知らないんですね。
 オーディションで役を戴いたときは『忘却の旋律』ってタイトルが書いてあって、その下にまた「忘却の旋律」って、何のことかと。」
桑島「私は男の役が珍しく、しかも17歳という年齢に驚き。やっていいのか?って思った。顔が可愛いのにタッパがあるから・・・」
浅野「(笑いを堪えながら)“タッパ”って・・・桑島さんのキャラで・・・」
桑島「“身長”があるのに声が可愛いから、声変わりしているのかな?と思いながら演じました。」
浅野「小夜子はハンバーガーを食べるシーンが(第1話)あって、元気で小悪魔的。
 『一騎当千』ってアニメがあって、そこで私がやった“孫策伯符”に似てる、って思ったらキャラデザが同じ人で言わなきゃ良かったって。」

(役創りについて)
桑島「脚本がシュール。語尾を結構直している。「心のボッカはこんなこと言わない!」」
浅野「小夜子は人の好き嫌いが激しく、ボッカが諭す。現実的なメロスの戦士。」
桑島「非現実的な小夜子。(^^;;」
能登「私は人じゃなくて・・・もっと喋りたい。独り言とかモノローグとかしかないから。」

(アフレコ中のエピソード)
浅野「毎回新しい方が来る度に私と桑島さんが手分けして説明している。」
桑島「馴染んだ頃に「さようなら、旅に出ます。」後始末しないし。黒船さんと旅に出るのかな?と思ったら黒船さんは1クールお休み。」
浅野「本人も1話で知って「えーっ」って。森久保さんも同じ。」

(アルコトナイコトインコについて)
桑島「演じている方の身長が高くて、毎回かがみながらアフレコしている。涙ぐましいです。」
浅野「あのインコ、私の買っているオカメインコに似ている。携帯に入っている写真を見せたら「ハァー、参考にします」って言ってた。」

(携帯について)
桑島「私の待ちうけ画面は犬。チワワ。」
浅野「名前つけていたらやだよね。見ず知らずの犬に。」
能登「私は買ったときのまま。換え方が分からないけど、でも説明書見るのが嫌い。」
浅野「オヤジの携帯みたい。」
能登「着信音もそのまま。バイブ設定にしているから分からないけど。」

会場内に聞きましたが、着信音を換えている人の方が多かったです。舞台上では桑島・能登両氏がデフォルト設定の人。

浅野「携帯関係者の努力を無駄にしないで!

(アフレコ現場のお菓子について)
浅野「今日は何があるかな〜って思ってたら誰も持ってないなあって。」
桑島「レギュラーが持ってこないとダメでしょ。私、桜餅持ってきたことがある。一回だけだけど。」
浅野「私はマネージャが南部せんべいを。唐辛子が1本入っているやつ。田村ゆかりちゃんがみんなに食べさせてた。」
能登「私も持ってきます。・・・8月頃ですが。」
浅野「私、チーズケーキ!誕生日が8月!!ちょうど最終話のアフレコくらいかなぁ。うやむやにされたら嫌だ。「来週、私の誕生日なんだ〜」ってさり気無く言うから。
 (チーズケーキの中では)ベークドが好き。六本木で売っているの。買ってくるんだったら地図書きますよ。」

(好きなセリフ)
浅野「「やだぁー、ボッカ、テント張ってる。」が可愛い。アイバーマシンにテントもあるのがビックリ。」
桑島「布団も2組あるしね。(^^;; 私の好きなセリフはやっぱりこれ。「鳴り響け、僕のメロス!」」

そして実演することに。大照れするほーちゃん。ちゃんとボッカの声でした。

能登「私、選択肢少ないんですよ。「20世紀に大きな戦争が・・・」あと、「待ってる。」」
桑島「5話の最後で、石投げられているところでボッカのモノローグみたいなのがあって、“忘却の旋律もボッカの妄想”みたいな感じで演じてって言われた。」

(今後の展開)
浅野「小夜子としてはボッカと恋愛模様を描いて欲しいな、と。(ほーちゃんを見て)・・・どうして引いてるの?」
桑島「何て言うのかなってビクビクしてた。ボッカの願いは“報われたい”。みんなの人生をボロボロにし、石を投げられても戦いの最後には報われて欲しい。」
浅野「旅館の話とか・・・キョロちゃん?キューちゃんか。キョロちゃんはチョコボールの名前だ。キューちゃんと似ているなぁ、と思って。」
能登「私、まだ誰とも喋っていないんですよ。見て、気付いて、話したい。」

(スタッフに注文)
浅野「(脚本の)榎戸さん、アフレコに来たみたいだけど分からなかった。」
桑島「錦織監督は優しい方。」
浅野「冗談でも「こうしろよ。」と言うと傷つく感じ。」
桑島「全体的に突拍子も無い役が多い。」
浅野「(ボッカとほーちゃんは)性別以外は似ている。ポソッ、ポソッと喋るところとか。いい意味でだよ。忘却の旋律は良く分からない。私には見えないし。」

(作品について)
浅野「書かれているセリフが深い分面白くって、達成感があると思う。」
桑島「年齢の高い役は初めてで、何か掴めたらいいな。」
能登「色々考えさせられる、大切な作品です。」

ここで一旦トークを終えて『忘却の旋律』DVDの宣伝へ。特典CD「忘却CD」のコーナー「教えて、榎戸さん」のコーナーの声をこの会場で録音することに。言ったセリフは、

・教えて、榎戸さん
・えのきどさ〜ん
・榎戸さん、ありがとう

の3種類。テストの後、本番。ちょっとしたアフレコですな。(^^;;
そして“みなを”の2人が登場。エンディングテーマを生演奏。

「てのひらの光」(みなを)

告知では7月19日に忘却の旋律ライブイベントがあるとか。
続いては抽選会のコーナー。入場時に渡された整理番号で抽選が行われました。抽選会には小夜子コスプレの狭霧シオンさんも登場。
ますみんが生アフレコを行うものの、「全然合っていない!」(浅野)

プレゼントはポスター×5、台本×2、立て看板×1。ポスターは某 Mさんがポスターをゲット。運の使い方を(ry
看板は『この醜』でも見た、あの看板。郵送する、となったら騒ぐ客席。「お前等、他人事だと思って!」(浅野)

最後に挨拶があって終了。退場が早いのは何となく分かります。(^^;;
トークが爆発、というわけでもありませんでしたが、3人のトークは面白かったです。また機会があれば、できれば余裕のあるときに・・・
---
んで知り合いと共に今度は川口へ。品川に行く人もいましたねー。
川口については後で。
→お風呂上りでさっぱりしたので再開。

15:20頃川口に到着すると、川口リリアホールに入る人の列が。あまりに綺麗に並んでいるのでどんどん後ろに行くと、近くの公園に葉書の整理番号順に呼び出されていました。
私の番号(800番台)は既に入場していたので、係員に尋ねてから列に入ることに。席は先に入っていた Mさんが確保していたようでそこそこの良席に(というか空いていたみたい)。
トイレに行く余裕も無いなー。
---
日時:2004年05月29日(土)15:34〜19:51(休憩:17:58〜18:33)
タイトル:アニフェス2004 KSS夏祭り
場所:川口リリアホール
内容:トーク&ライブ&上映会


会場は埋まっていましたが、たまーに空席が見当たりました。そんな席に滑り込めたのが私だったりしますが。
幕が下りたまま、KSS広報?のお2人登場。片方は飯塚氏。

飯塚「もう一人は「先に横浜行ってます。」というメッセージが。ブロッコリーに体力温存しないでね!」

幕が開き、スクリーンに『夏色の砂時計』のPVが流れました。
続いて着物を崩したドレスに網タイツのモモーイ、いつもの黒い衣装の小池兄貴で登場したのはUNDER17。

「はじめての夏」(UNDER17)

桃井「(衣装について)今日が初お披露目なんですよー。コンセプトは・・・『かぐや姫』。」
客席「エー」
桃井「「エー」って何だよ!世界初の物語であれでも既に“萌え”ものなんですよね。竹やぶの中から女の子を見つけるなんて、有り得ない!プレゼントさせるところでジャンルが変わる。
 この衣装はまだ完成形じゃないんで、これから変わっていきます。」
飯塚「横浜で進化しているんですね。」

(『夏色の砂時計』について)
桃井「凄いなんつーか、重い話。生死に関わるので・・・」
客席「テンポ早すぎ!」
小池「ごめん、突っ込みいれられると思わなかった。ちょっと凹んだ。」
桃井「意見は受け付けます。それで、何もなければ平和かな、と思って作りました。スタッフには好評でしたよ。」
小池「いや、マイク持たされるとは・・・段取りとは違うんでドキドキしてる。」

告知は7月23日に『ラブスレイブ』発売、そしてアメリカ進出。次の曲でアンセブは最後。早っ。

「ラブスレイブ」(UNDER17)

アンセブが帰ると暗くなり、岸尾大輔さんや井上喜久子さんの声がして『夏色』と『ハピレス』の世界が川口リリアホール内で混ざったとか。(^^;; 両方に参加している人といえば・・・

「Drive away dream」(水樹奈々)

奈々ちゃんは黒のジャンパースカート、白のブラウスでフリフリという衣装。曲が終わって井上喜久子さん登場。「(奈々ちゃんが)可愛いバージョンと、(喜久子さんが)地味なバージョン。」(井上)

飯塚「香穂は1巻で轢き殺される役ですよね。」
水樹「何で殺したがるんですか!」
井上「一歩間違えるとドロドロになりますよね。」

(アフレコ状況)
水樹「くさいセリフを耐えながら喋ってた。交通事故で「痛いの、痛いの、飛んでけ〜」って飛ぶわけ無いじゃん!」
井上「(香穂のお父さん役は)普段押さえている分、CDでは弾けてた。テストで面白くて本番でつまらない、ってことがあったけど、これは殆ど一発録り。」

(曲について)
水樹「夏らしく爽やか。前はエンディングでしっとりしてたのに大丈夫?って思った。アンセブさんと同じでハッピーエンドを思いながら唄いました。」
井上「バラードの奈々ちゃんもいいけど、激しいのもいいよね。いつもおっとりしていて、ライブであんなに弾けるなんて。」
水樹「言わないで、お姉ちゃん!スイッチがあるみたいで、学生の知り合いがライブ見るとビックリする。このキャラ作ってないんですよ。」
客席「エー」
水樹「後で裏に。」
井上「体育館の裏に。(^^;;」

(『ハピレス』について)
井上「やよいは時々大丈夫かな?って思うところがある。今度の『FINAL』ではきもだめしで凄い怖いメイクに。」
水樹「みなづきはネコ娘。全然怖くない。Bパートなんて「にゃん♪」しか言ってない。」

ということで奈々ちゃん「にゃんにゃん♪」を実演。そして喜久子お姉さんも。「限界。年齢が。」(井上)
続いて歌に。

「おくじょー☆ダンスパラダイス」(水樹奈々)

最後に告知が終わったら・・・黒ずくめ×2にさらわれる奈々ちゃん。「私、必要ない?」(井上)
続いて『HAPPY☆LESSON』の人形劇、『サンダルバード』が上映。声はスクリーンの真下で生アフレコでした。
各人の挨拶。そして後ずさる飯塚氏。

飯塚「私にはこのメンバーを仕切る自身は無い・・・」

Sleepin' JohnnyFishが登場してトークコーナーに。

(『FINAL』について)
笹島「本当にFINALなんですか?」
飯塚「多分“FINAL”って冠を付ければみんな注目するかなって。」
岸尾「(役が入れ替わって続く、との話で)入れ替わるなら俺がさつきに。」
井上「世界初じゃない?」
飯塚「今回はふみつきが告白。まあ前も告白しましたが、そのときは記憶を消されて。今度は存在が消えるかも。
 続けるなら・・・フィギュア?実写?」
笹島「でも実写なら(岸尾さん)死ぬよね?」

(曲について)
OKEI「みんなで熱海に行ったじゃないですか?その酒の席でこの曲が出来た。」
岸尾「・・・酒の席って大事。技の名前みたいなのも酒の席で決まりましたし。」

ここから各人のお宝写真を紹介するコーナーに。

・笹島:テニスラケットを裏にハムスターの写真(丸々太って“テニスボール”)。
こやま「かほるんが、すき焼きしたときに「いい肉入ったよ。」って連絡を受けて、何時これを入れるのかと思った。」
・島:学生の頃の写真。「リアルふみつきです。」(島)
・浅野・島:マシュープリクラ
・浅野:年明けのハイテンションな写真
・岸尾:酒の席
・木村:『バサラ』の殺陣
・笹島・こやま:2001年キャラフェス
こやま「転ぶシーンで思いっきり転んで、練習とかでは血とか出た。」
井上「かほるんときみきみは芸人さんだなって思った。」
・井上:某ゴージャス姉妹との3ショット写真
井上「企業のイベントでご一緒して。まさかこんなところで写真を公開されるとは。名前は伏字にして置いてください。(^^;;」
・岸尾:額に“B”“C”と書き、サブキャラに哀悼

そして曲へ。ここではインターネット上で各キャラで人気投票して、その上位を唄うというもの。「選ぶって俺2曲しかない」(岸尾)という人もいましたが。(^^;;

「ひかりひとつひらり」(Sleepin' JohnnyFish)
「歩き出そう」(島涼香)
「Wonderful daisy」(浅野るり)
「One Drop」(木村亜希子)
「月夜の晩にお茶しましょう」(井上喜久子)
「GOLD」(笹島かほる)
「おゆうぎプリンセス」(こやまきみこ)
「スーパーデイズ!?」(岸尾大輔)

曲名は後で分かったら埋めます。すみません・・・(追記:ここ参照)そして最後に5人ママが終結し、この曲で締め。

「melody」(浅野・木村・井上・笹島・小山)

ここで幕が下りて30分の休憩。物販やお手洗いが賑わっていました。(w
休憩時間中は最後のコーナーということで『らいむいろ戦奇譚』の曲がかかっていました。

そして休憩が終わると『Wind』『モエかん』『Phantom』『らいむいろ』のCMが。
CM上映が終わると、外道Tシャツを着てあかほりさとる氏登場!外道コーナーになるかと思ったら、水谷優子さんが登場し、しおらしく退場するぽりりん。(w “生きているだけで大失敗”Tシャツに着替えていました。(w
ドリフのヒゲダンスのテーマにのり、らいむ隊の衣装で5人登場。バドミントンでシャトルを渡す予定が・・・結局失敗。息切れしながらも自己紹介。

あかほり「みんなも無事1年目を終えて・・・」
水谷「『サザエさん』みたいに1年を何回も続けるの。」

ということで進級するに値するか、まずは著名人からのメッセージをVTR上映。某監督やら某偽S氏やら、某あか○り作家先生やら。(^^;;
結果、この場で追試を行うことに決定。

−国語−
漢字の読みをテスト。正解すると黄色の和服をまとったきみきみから、正解札と熱い抱擁がプレゼント。
どんどん愛ちゃんとのラブシーンが激しくなっていきます。(^^;; 対照的に一門も正解できなかったのはかほるん。

−美術−
お題の絵を描くというもの。「決して『ぷっすま』のパクりじゃないぞ!」(あかほり)
お題は、自由の女神/モナリザ/イトーヨーカドー、の3問。最後はお情けでかほるんが正解。正解札で何故か首を締められるかほるん。

−音楽−
最後は音楽の実地で決めよう、ということ。準備時間にポリケロ+きみきみでトーク。

水谷「トイレに入ろうとしたらきみきみが入っていて、「ありがとう〜」って言われた。トイレのドアを開けてこんなに感謝されたのって初めて。」
こやま「ドアのノブが壊れていて、「あれ、外は平気じゃん」って思ったら中が壊れてて出れなくなった。しかも歌の前。」

壊したのはかほるんだそうです。(^^;; ここら辺で曲へ。

「学園天国」(らいむ隊)

この曲はOVAのエンディングとか。帽子を直しに舞台を後にする相本結香ちゃん。場繋ぎがなかなか出来ない愛ちゃんなど。

「凛花」(らいむ隊)

ここで水谷さん・ぽりりんが登場。「みんな進級!」(あかほり)ということで全員に花束贈呈。最後はこの曲。

「エターナル」(らいむ隊)
−アンコール−
「凛花」(らいむ隊)

幕も下りてこれにて終了。最後の諸注意はきみきみでした。
全体的に盛り上がっていました。自分の注目だけ浴びよう、という不埒な輩も見当たりませんでしたし。もうちょっと曲を勉強した方が良かったかな・・・
---
帰りは知人と川口で食事。やっとBTLのチケットを渡せましたー。(遅
早く寝たいので、ここまで。

05月28日(金)

今日は仕事の相方がお休み。
そして朝、連絡があってもう一人休みに。
係長は打ち合わせずくめ、もう一人も新システム移行に伴い忙しそう。

ということで構成員5人の係内で、
  • 休みの人:2人
  • 忙しい人:2人
  • 暇つぶしにプログラムをいじっている人:1人
ということになりました。もちろん最後の1人が私。(w
帰りに秋葉原に寄って声優Waveのチケットでも取ってこようかと思っていましたが、Tさんから

「(新谷良子ちゃんの)アルバム先行の結果は、どうでした?」

というメールが届き、気になったのでそのまま帰ることに。
うちは郵便事情が良くないので届いているか不安だったのですが、黒ネコ同盟ヤマトだったのでちゃんと届いていました。
結果・・・

整理番号A 50番台

他の人の結果を知らなかったのでそのときはいい番号かどうか分かりませんでしたが、どうやらかなり良番の模様。
『Studio Bambiで逢いまshow!!』といい良子ちゃん関係では良番を引くことが多い今日この頃。このまま8月もいい席が来たらなー。

寝るほんの前にベッド脇でインターネットを楽しむのが最近の日課。
そんな私のノーパソは「VAIO SR9/K」。
殆どインターネットしか使用しないのであまり不満は無いのですが、マイク出力がイカレたり、バッテリがへたったりと物理的にやばくなってきた感じ。
そしてベッド脇で使うとファンが騒々しく感じられます。買い替えを考えてもいいかな・・・

そう思いながらヨドバシを振らついていると、MURAMASAバッテリーキャンペーンの文字が。何でも「PC-MM2」シリーズを購入すると中容量バッテリーが貰えるとか。
「PC-MM2」に中容量バッテリーを付けたら「PC-MM50F」じゃないですかっ。しかも値段は「PC-MM2」の方が安い。

ちょっと心揺れたかも。でも締め切りが今月末、5月31日
今週末は色々あるし、残るは月曜日しか・・・どうしましょう?

今こそ始めよう! 春からのブログ入門 第14回:ブログの上にも3カ月!? 「ブログを続けるコツ」を考える
私のサイトははじっこねっとさんで“やまなこチケ完売報告”を取り上げられてからアクセスが伸びました(その節はサイト名を間違えてすみません)。
決定的だったのは各あんてな登録。

混雑よさらば?! JR秋葉原駅電気街口新コンコースは30日使用開始!

『スパロボMX』初回出荷本数は50万本!『スパロボ』シリーズ累計で1,000万本を突破

タイトー、日本ファルコムとPS2向け事業で提携 PS2用「ツヴァイ!!」、「イースIII」などを発売
『Zwei!!』続編の話はどうなったのでしょう?

文化放送インターネットラジオ「金田朋子のミニミニミクロ電子幼稚園」放送再開!

5月28日発売、OVA『Wind-a breath of heart-先行特別版 Serial No.0』メインキャストインタビュー

05月27日(木)

寝るときが一番薄着(挨拶)。

仕事中にちょっと悩んだことはありましたが、「明日できることは今日するな」の精神で二日連続の定時上がり。
母に頼まれていたCDを購入し、あとは何処にも寄らずに帰途へ。

夕食後にネットを巡回し、寝転がりながら『黒うさぎの小部屋』を視聴。今回のゆかりんはテンション高っ。祭りじゃー。
一息ついて、コーヒーを飲んでぼんやり。

・・・することないなぁ・・・

いきなり暇になったので時間を持て余し気味。明日もホストのバックアップがあるので定時上がりは必死。
忙しいときは頭が働いているのか、いろいろとやりたいことが思い付くんですけど。ひとまず部屋の片付けをしようかと計画中。

DDIポケット、米投資ファンド・京セラ連合が買収か
話題のOperaはどこまで使える?〜「AH-K3001V」

ソニー、MPEG/MP3対応のモバイルHDDプレーヤー「HMP-A1」発表
最近発表したVAIO Pocketとは違ってMP3対応、ATRAC3非対応。ちぐはく感否めず。

“アニメ声”で自然にしゃべる音声合成技術、富士通が新開発

イベントで人気の和泉子も参加 『D.C.P.C〜ダ・カーポ〜プラスコミュニケーション』発売記念店頭イベント

「激★店」にヒーロー現る! 萩野崇とかかずゆみは穴落ちつながり?

ファーストイメージDVD「萩野崇」発売記念イベント開催

快進撃! メッセージ動画付き「DROPS」2ndマキシシングル「ふられ気分でRock'n' Roll」発売記念イベントレポート!

アクセス殺到! ダイジェスト版配信も実施。5.22『コゼットの肖像』ネット試写会 舞台裏レポート!

さらば凛花! OVA『らいむいろ戦奇譚 南国夢浪漫』アフレコレポート!

月子とマロミのほんわかトーク!? 能登麻美子、桃井はるこ『妄想代理人』上映会・トーク&プレゼント抽選会レポート
 >「好きな映画を聞かれたら『パーフェクトブルー』と答えるくらい今監督の作品が大好きだったんで」(桃井)

アニメイトにてランティスフェア開催

ゲーマーズのコミケカタログ購入特典はツイン蛍光マーカー3本セット
もうそんな季節になりましたか。

木谷社長、東大で講演!

BTLIV、当日券発売
席種はSS席・S席・A席・B席。当日8時から販売開始。

「ギャラクシーエンジェルEternal Lovers」主題歌を歌う佐藤裕美さんにインタビュー!

アニメG.A.主題歌「エンジェル★ろっけんろー」7月23日発売!

後藤沙緒里の「○○つくるぞぉー!」第2回!
製作する商品は“帽子”に決定。

週刊少年チャンピオンで「カオシックルーン」オリジナルドラマCDの応募者全員サービス

新谷良子ファーストライブ前売チケット特別抽選販売受付中!
 >ゲーマーズWeb店で50枚限定で特別抽選販売決定!

田村ゆかり.comはリンクフリー
白/ピンクとFlash有り/無しの4種類のバナーがあります。

05月26日(水)

早く帰ることが出来たので、念願のものを購入。
それは・・・

蛍 光 灯。

一週間前から2本あるうち1本が切れていたのですが、点いてないわけじゃないし、一週間も経てば暗さも慣れるもの。
とはいうものの暗いままにしておくのも何なので、早く帰れたことだし、いいきっかけ出し買ってみることに。

あ、明るい!

明るいと眼に優しいですねー。気分も軽くなった感じ。近頃の頭痛もこれが原因かも。

・・・CDを買う前に蛍光灯くらい買っとけって。

リビングで多角的に音楽を楽しめる「Any Music」を試す

ハローキティパソコン、NEC Directが300台限定販売

「ゴジラ FINAL WARS」製作発表記者会見

実況パワフルプロ野球11の特典はうまい棒!?
コナミスタイルドットコムでの予約特典。味は“めんたい味”。

「ギャラクシーエンジェル」ゲーム最新作のテーマ曲収録を直撃!
PCゲーム『GALAXY ANGEL Eternal Lovers』オープニングとエンディングを佐藤裕美が熱唱

StarChild、『庵野秀明監督作品』ページオープン

ときめきメモリアルスーパーライブ2試写会の追加上映決定!!
5月29日19:30〜、こなみるく本店にて。

声優Waveにて6月1日から新番組『新谷良子のいつでも☆いっしょ!』スタート

05月25日(火)

頭痛継続中(挨拶)。

午前中に大方の用事は終わり、大事な用事もあるので時間休を取ることに決定。
しかし、仕事が入り、

午後休→2時間休→1時間休→・・・

結局定時上がり。(^^;; これでも無理矢理切り上げているので、2〜3時間休んだことと同じか。・・・哀しい言い訳。

でもでも、定時でも意味はあるんです!明日発売の『夢見月のアリス』をゲットしなくては!!(ついでに特典も)

ともかく秋葉原に向かい、

アニメイトヤマギワソフト アニメ館石丸SOFT 1アソビットシティ1号館石丸パソコンタワーゲーマーズ本店

と特典が付きそうな店をハシゴ。そしてゲットした特典は、
『夢見月のアリス』ゲーマーズ特典生写真
ゲーマーズでの生写真一枚。何処にもポスターは付きませんでした。帰り際にゲーマーズ新宿店も行ったのですが、特典は生写真のみ。

注:あくまで私がパッと見ただけです。後で「この店では付いたよー」と言われても責任は負いかねます。むしろ教えてください。(^^;;

家に帰ってCDを視聴・・・と言いたいのですが、「ファンファン〜」とCDとはまるで関係ない音がするので一旦MP3に落としてiPodで聴き直し。CDプレイヤーもそろそろ買い替えの時期かぁ・・・
感想。
どれも派手さは無いものの、爽やかな初夏の感じのする佳曲揃い。満足の一品です。

少し心の栄養が補充できたので、また明日からまた頑張るかー。

BIGLOBE、映画「キューティーハニー」特設サイトを開設

初回版を買ってゆうこりんと握手!『BLOODY ROAR 4』購入者をイベントに招待
 >6月12日に銀座ヤマハホールで開催される小倉優子さんのイベント「ゆうこりんフェスタ」の握手会に、
 >PS2用ソフト『BLOODY ROAR 4』のソフト購入者を招待する。


7月から放送開始! TVアニメシリーズ「スパイダーマン」

KOTOKO初の全国ツアースタート! 1stアルバム「羽-hane-」に詰まる想い
KOTOKOのインタビュー掲載。

05月24日(月)

月曜日から(ほぼ)午前様。
仕事ですけどね・・・_| ̄|○

お昼頃からこめかみ辺りが痛く、夜が更けるにつれ頭の周りが全体的にジンジンとした痛みに。
週初めに頭が痛くなることは良くあった(単に仕事を拒否しているだけ?)のですが、ここ何週間か音沙汰が無かったですし、こんなに酷いのは久々。

昨日気持ち悪くなるくらいコーヒーを飲んだから?ゲームボーイの小さい画面を長時間覗き込んでいたから?
理由は色々考えられるのですが、頭痛の中パソコンの画面を見なければならないことには変わり無い罠。

適当な時間で切り上げて帰宅すると、日付が変わる間近。
明日こそ何とかしないとなぁ。「特典を探しに行く」という重要な用事があるので。(^^;;

「デジタルときわ荘」プロジェクト始動!

秋葉原に映画館誕生! こけら落しの『真月譚 月姫』一挙上映でトークイベント!

「マリア様がみてる」DVD発売記念イベントが開催(色んなところから)
何気に『マリみて』を良く取り上げるAV Watch。

BTLIV、公開録音の座席番号はランダム配布
他にもプレゼントを贈る際の注意点・入場時に金属探知機設置などが更新。

05月23日(日)

今月3日目の完全休養日。
でも出掛けるかもしれないし、出掛けないかもしれない。(謎

その前に一更新。
今日のBTLIV「声のカウントダウン」は新谷良子ちゃんですよー。

(追記)
マリみて』やら『やまけんトークライブ』やらに誘われたのですが、どちらも気分が乗らなかったので回避。
結局一日中家の中にいました。気分が乗らずに参加しても楽しめませんし。
でも誘って戴いてありがとうございます>関係諸氏

何処にも行かずに何をしていたかというと、メジャーリーグ→西武×ダイエー戦→大相撲→阪神×巨人戦、とスポーツ観戦ずくめ。
とはいうものの、どれも真剣に観ていた、というよりどれも「取り敢えずテレビを点けていた」状態。阪×巨なんて途中で寝ているし。(^^;;

あとはゲームボーイ三昧。
『ゴエモン』は攻略ページを参照。ええ、ヘタレですから。自分で努力しようなんて端から考えちゃいません。
『さくら』は小狼編・知世編をクリア。今日はどちらかというとこっちをメインでやっていました。家だと音を出せるし。

そうこうしているうちに一日終了。
あー、また蛍光灯買うのを忘れた。(ぉ

ゆかりんゲストの『こむちゃっ太日記』更新
写真付き。3月・5月・6月の別名も色々。

特報!「マリア様がみてる」TVアニメ2ndシーズン放送決定!MOON PHASEさんより)
 >7月4日(日)より 毎週日曜日 午前7:30〜
深夜から日曜朝放送に。

05月22日(土)

昨日は台風一過で晴れ模様だったのに、昼頃起きると曇り模様。しかも肌寒い。

こう気温の変動が激しいと体調を崩しやすいですが、お昼まで寝ていたおかげで全然平気。
睡眠って大事。平日ももっと寝ておかないと。

イチローの2001本安打を見守ったあと、『この醜くも美しい世界』トークショーに参加すべく池袋へ出発。
アニメイト池袋店前には14:30頃到着。列は既に出来ていて、私は裏口近く。

小雨が降っていたせいか、14:45くらいには列が店内に移動しました。
#それでも私はあとちょっとのところで店の外でしたが・・・ 雨が降るなんて聞いてない〜。
15:00に入場開始。
---
日時:2004年05月22日(土)15:33〜16:22
タイトル:『この醜くも美しい世界』トークショー
場所:アニメイト池袋店
内容:トーク


入場時にヒカリのポストカートと(プレゼント)抽選券を渡されました。抽選番号はランダムでなく前から順番に。
ステージ正面にはスクリーン、右手には「醜美委員会」からの花束と、等身大ヒカリのフィギュアがありました。会場の埋まり具合は80%くらい。
前説があり、高橋洋子さんの「metamorphose」が流れて・・・やや間があって高田由美さん・清水愛ちゃん登場。
愛ちゃんは真っ黒のジャンパースカート(後ろの裾が長かったです)、由美さんは・・・ジーンズということくらい。(ぉ

高田「こんにちはー。“セクハラ声優”の高田由美でーす。
 イベントの度に多方面からクレームがきますが、今回も爆弾発言をしようと思います。」
清水「今回はラジオのようにゲストを向かえてイベントを行いと思います。」

そして水島大宙さん登場。

高田「「この3人はどういう選抜なの?」と聞かれますが、この2人が若手有望株。で、(私が)バーター(=抱き合わせ)。」
清水「イベントに出しやすい3人ってこと?」

清水「「『この醜くも美しい世界』見てる人?
 結構いる!いつもこういう質問すると少なくって(頭を下げて)こうなるんだけど。」

ここでスクリーンにオープニングを上映。
・・・というかメイン画面があって、そこから“ノンクレジットオープニング”を選んで・・・「DVDをそのまま再生しています。」(水島)ということが分かる映像。(^^;;

高田「撮り終わった感想は?」
水島「8話まで終わったんですが、改めて僕らも見返せるじゃないですか。こうだったのかって。」

現場は絵が追いついてなく大変なようです。(^^;;

高田「高校生活について。愛ちゃんは「ごきげんよう」だったんですよ。」
清水「女子高から徐々に男子が増えていったという時期。男子との挨拶も「ごきげんよう」。」
水島「俺のところは(敬礼して)「ご苦労様です!」。全寮制の男子校だったから。」
清水「男の子が癒してくれるんですか?」
水島「先輩が新入生を見て「あいつ可愛いな」みたいな・・・(以下、ボーイズラブな話を続ける大宙さん)」
清水「(台本で顔を隠して)・・・どうぞワンマンショーを続けてください。」

ここから『GENEON Presents 週間アニメプレス』から「アカリの夏休みの宿題」コーナーを実践。

清水「宿題の苦手なアカリの手伝いをする、というコーナーなんですが、最近は質問コーナーになっています。」

・理想の女の子が現れたら
水島「そりゃ付き合う。」
清水「相手の意思は関係ないんだ。」
水島「親切な振りをして近づく。そして危機になるのを待つ。」
高田「策士ですね。」
水島「そうでもしないと生きていけない。」

・『この醜』キャラの中で一番好きなのは?
水島「宇宙人も?タコみたいじゃなくて、ヒカリみたいってこと?ようするに・・・子供を作れるかどうかってことですよ。」
清水「それは・・・子孫を残すか、行為そのものかどっちなんですか?」
水島「子孫を残さない方です。エロですよ。」

・部活について
水島「女の子が吹奏楽部でフルートを吹くの。吹くときのこういう口がたまらない。」
清水「番組にもそういうお葉書来た。フルートフェチ?」
水島「水泳部で水着をパチッとするのもいい。それがそこらへんのどうでもいいのじゃなくて、水泳部を真面目にやっているんだけど、そういう娘が見せるのがいいの。」
清水「私はバスケでシュートするときに汗がふわっとするのがいい。汗フェチですね。」
高田「GENEONの飯田さんはラクロスがお勧めだって。」
水島「チェックのミニスカートってたまんない・・・いや、可愛い!」

高田「愛ちゃんの胸が大きくなったって疑惑が。」
清水「これは・・・詰め物が・・・」
高田「そんなこと言っちゃダメ!愛ちゃんの胸には夢と希望が詰まっているだから。私、最近小さくなって・・・揉まれなくなったから。」

清水「ラジオはこんな感じでやっています。」
水島「今度ゲストに出してください。スケジュール真っ白なんで。」
清水「是非。メールでも。」
水島「俺、実際にラジオにメール出したことあるよ。」

水島「収録も高校みたいな感じ。途中で仕事が入っても、終わったら戻ってくる。部活とかそういう感じ」
高田「大宙さんは途中から一人入ってきたんですけど、どうでした?」
水島「初めは緊張したけど、ディレクターに「大宙、おまえは馴染みすぎだよ」って言われるくらい。怒られることじゃないんだけど。」
高田「そんな番組も12話で終わってしまうんですけど・・・続編とかいいですよね。」
水島「続編ね・・・作れるようになっていればいいんですけど・・・」

ここで川澄綾子ちゃんからの“ビデオコメント”が。「あの人は忙しいのにビデオは録るのね。」(水島)
今度は南仏プロバンス風ではありませんでした。(^^;;

川澄「ここに来ている方はDVDを予約した方たちで・・・極楽浄土にいけます。更に功徳を積みたい方は2本・3本と買って頂ければいいと思います。」

高田「低い物腰の中にも高い要求が感じられるコメントでした。」

ここでDVD第1巻の商品サンプル登場。オープニング・エンディング・サウンドトラックのCD3枚が入るファイルなど、BOXに色々入っていました。

清水「すご〜くきれい・・・」
水島「タケルは・・・?」

そういやアカリばかり目立ちます。(^^;;
ここで質問コーナー。

・Hなシーンは(TV放送→DVD化に際して)変わってる?
清水「お風呂の湯気とか?」
高田「(ステージ脇にいるスタッフを見て)期待していいそうです。」

・アフレコの失敗・アドリブシーンなど
水島「凄い間違いをした。「一台まるごと」ってところを「まるだい」って言っちゃって。アフレコ現場はドッとなりました。」
清水「(非常に受けて)ワンパクでもいい・・・」
高田「長セリフでテーク10とか録った。そして、それが移って行くの。どうでもいいとこで間違えたり。」
清水「笑い出すと止まらないみたいな。」
高田「それは愛ちゃんだけでしょ。」

・イベントは行われるんでしょうか?
高田「6月13日・・・?TBSアニメフェスタが一番近いようです。皆さん調べてください。(^^;;」

ここでプレゼントコーナー。
サイン入りクリアファイル・台本や立て看板など。Yさんが何気に当たっていたのが印象的。(^^;;
ここら辺で最後に。

清水「もっと掘り下げればよかった・・・」
水島「色々準備しようと思ったけど、何も出なかった。1時間が限界。
 もっと時間をかけて、遅い時間になれば色々喋れますよ。気が付けば僕と高田さんだけになってたりして。
 ぶっちゃけ、ガイナックス20周年記念の時もめっちゃ押したんですよね。」
高田「最初の3人で30分押し。(^^;;」
清水「私、何にも喋っていない・・・」
高田「山本麻里安が悪いのよ!」

これにて終了。
『この醜』の作品紹介はあまりあったように思えませんでしたが(w、清水愛ちゃん・高田由美さんのラジオの公開録音のようで、短い時間ではありましたが楽しめました。
本当にラジオの公開録音も行われればいいと思います。
---
イベント終了後は同じく参加した N先生と Mさん・M岡さんと合流。やっと『hm3 EXTRA』を買えました。良子ちゃん可愛い〜。
そして一路池袋駅へ・・・とその前に Mさんのペンライトを買うためにハンズへ。
ピンクのペンライトだけ包装が新しくなっていることを発見。(^^;; 需要が多いんでしょうねぇ。何故って?そりゃ・・・

palmOneの手書き技術めぐる訴訟、「Xeroxの特許は無効」の判断
Graffiti1に戻らないかなー。「2」に慣れたといっても、「1」の方が速記しやすいです。

05月21日(金)

朝は父親に最寄り駅まで車で送ってもらい、
昼過ぎには台風一過の青空。あれだけ台風・台風と騒がれながら殆ど濡れませんでした。

一度も開かなかった傘を手に持て余しながらの帰り道、ファミコンミニの『がんばれゴエモン!』を購入。
可愛くない頃のゴエモンです。(w

早速家に帰ってプレイ。
あ〜、懐かしい〜。地下迷路のこととか説明書に何も書いていないんですね。この不親切感も懐かしい。

1ステージもクリアしている記憶が無かったのですが、小判を使って通行手形を購入したりしていきなり3ステージまで。
ゲームの世界でも“お金”は強いです。(^^;;

そんな今日は誕生日。とうとう大台に乗っちゃいました。
20年前はまさかこの年で“ファミコン”をやっているなんて思っても見なかったなぁ。“三十路”の実感全く持ってなし。

Amazon、「輸入盤CD規制や値上げにつながる法改正に反対」
Amazonのおかげで輸入盤の存在が近くに感じられました。

HMV、ゴジラの爪をプレゼントするDVD予約キャンペーン

バンダイビジュアルのインターネットラジオ局「BEAT☆Net Radio!」が開局!

ニュータイプ携帯サイトに福井裕佳梨、水野愛日、音宮つばさの着信ボイスが登場!

業界初!? 5月22日(土)22:00より、OVA『コゼットの肖像』ネット試写会開催!

緊急ニュース!BTLIVに第4の特別ゲストが参加決定!
『ギャラクシーエンジェル Eternal Lovers』の主題歌を唄う佐藤裕美さんが出演。

BTLIV、出演声優による「声のカウントダウン」スタート
5月21日は氷上恭子さんでした。

後藤沙緒里の「○○つくるぞぉー!」第1回!

BTLIV、ゲマポイントの景品発表
ラジオの公開録音は全て50GP。

05月20日(木)

ここ何日の中では気温が下がったので、クリーニングに出すつもりだったスーツで出勤。
“暖かい”より今日くらい“涼しい”方が過ごしやすくて好き。

仕事もいい加減落ち着いてきたので、定時+一時間ほど作業して終了。
でも・・・30分ほどしたら殆どの人がいなくなっていました。いくら台風が来るからって・・・

早く以前のようにのんびりしたいです。
#仕事時間にイベント情報をまとめられるくらいに。(^^;;

帰りの電車で『カードキャプターさくら』をプレイ。
実は買った初日にやって以来、殆ど遊んでいなかったりします。(^^;;

今まで遊ばなかった一番の理由は、電車の中だと音を出せないから。
よく喋るんですが、音がないとその魅力も半減。でもやってみると思ったより楽しめたので、明日からはまたやり始めようかな、と。

・・・ってファミコンミニ第2弾の発売日は明日か。もっと前にやっておくんだった・・・

モーターショーの期間延長 07年以降は隔年総合展示

Googleの「メール容量1テラバイト」はバグだった

前回記事の補足&スポーツ系のエンコードを考える

【50人に聞きました特別編】アスキー社員50人に聞きました!「自宅のマシンのCPUは何ですか?」

6月9日は“ロックの日”! 豪華スペシャルユニット“SEGA ROCKS”インタビュー

『頭文字[イニシャル]D Fourth Stage』のセルDVD発売が早くも決定

人気声優・水樹奈々さんのラジオキャラがADVに!?
主演・プロデュースは水樹奈々ちゃん本人で、タイトルは『解決!オサバキーナ』。

人気声優・並木のり子さんがバースディライブ

NHKアニメ劇場「アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル」に超大物がCV参加!
ポワロ役:里見浩太朗
マープル役:八千草薫

DVDで「さんにん」の活躍を見よ! さんにんのかい第二弾公演「異聞 西遊記『-孫悟空-歌果西遊妖仙奇譚-』」発売記念トーク&握手会
動画メッセージ有り。

未放送「人魚の傷」(前後編)が収録! TVアニメーション『人魚の森』DVD-BOX化記念スペシャル・プレビュー開催

今年も熱い季節がやってくる…! 堂々31曲を熱唱!スーパーロボット魂2004“春の陣”ライブレポート

音緒とカナタ。2人の恋の行方は…OVA『メモリーズオフ3.5〜想い出の彼方へ〜』アフレコレポート

05月19日(水)

午前中にキーボードをカタカタ打っていると、左肘の内側がビクビクッと痙攣。

まあよくあることなので放っておいたら・・・同じ場所が何度も痙攣。
こりゃ疲れているんだろう、ということで久々の定時上がり(本当の理由はサーバの保守によるネットワークの停止(^^;;)。

『hm3 EXTRA』を買いに行こうとしたら、雨、雨。
新宿って池袋・渋谷・秋葉原の何処へも交通の便はいいのですが、アニメイトが無いのが難点。
結局何処にも寄らずに地下通路を辿って帰途に着きました。

最寄り駅に着くと雨も小降りで、折り畳み傘でもそんなに濡れずに自宅に到着。
梅雨前線っぽいものが来ているのは知っていましたが、よく雨が降るなぁと思っていたら台風が来ているんですね。

台風が北寄りのコースを通ったら関東上陸もあるとか。
週末は晴れるようですが・・・まだ5月ですよー。何か変じゃないですかー。

日本のCD価格は安くなる?――法改正がもたらすエンドユーザー利益の真偽
 >現状を見る限り、少なくとも売れ筋邦楽CDについて「価格を下げる」という選択肢をレーベル側は取っていない。

ナムコ、来年6月1日で創立50年周年! プロモーション用のシンボルマークをデザイン

音楽ユニット「SEGA ROCK」にインタビュー!

5月20日より第二次会員受付スタート サーカスファンクラブ

「アニメイトEXPO 2004」開催!

プロダクションI.Gによる完全オリジナルTVアニメ「お伽草子」

『コゼットの肖像』女性限定ゴスロリイベント開催!
マルイワン新宿店にて。
 >日時:6月5日(土)16時〜
 >内容:井上麻里奈、斉賀みつきによるトークショー


『激★店』今週は総集編
5月24日のTBSでの放送は中止。

日本工学院卒業生・清水愛インタヴュー魂は永遠に彷徨うさんより)
動画も配信。

『忘却の旋律』公式ページによるガイナックスフェスティバルレポート
もちろん休憩時間のますみん・ゆかりんの場面も。

岡崎律子さん ニューアルバム発売延期のお知らせ
 >公式な案内としては「発売中止」とは発表しておりませんのでご理解下さい。

05月18日(火)

職場で暑さを感じることが多くなったので、スーツを夏物にしてみました。

早いかな〜と思っていたのですが、5月も既に半ば。
立夏はとっくに過ぎているから、“夏”でも問題ないんですね。

・・・でも職場はやっぱり暑かったです・・・各人が机にパソコン2台立ち上げているような環境じゃぁ暑くもなりますね。

帰りの電車で座ったらすぐに意識がなくなり・・・気が付けば終点。
他の人に起こされるまで、電車が止まっていたことに気付きませんでした。(^^;;

自宅の最寄り駅は終点の一つ手前。そして次の電車までは8分。
歩けない距離でもないので、久々に歩いてみました。いい運動にもなりますし。

思ったより苦しく無かったです。・・・iPodの電源が落ちるまでは。
音楽を聴いているときは足取りも軽かったのですが、電源が切れてからは家までが遠い遠い。
あと5分くらいのところだったのでなんとか耐え抜きました。

早速iPodを充電中。電池でも動いたらいいんですけどねぇ。

福岡県警ハイテク犯罪対策プロジェクト ゲーム画像を無断使用したホームページを初めて摘発

「コゼットの肖像」ネット試写会開催

アニスタ.TV「サービス停止に関するお詫び」魂は永遠に彷徨うさんより)
ドメイン切れって、ますみんの個人ページみたい。

05月17日(月)

土・日と身体を動かしたので朝が激しく不安だったのですが・・・何も、本当に何もなし。

全体的に身体がややだるいものの、至って普通の月曜日。
目が充血しているのは夜遅くまでキーボードを打っていたから。(^^;;

仕事中に友人から『hm3 EXTRA』の特典情報(アニメイト:ポスター/ゲーマーズ:なし)がメールで届きましたが、返事している余裕なし。

8:30から、昼食を買いに行った10分間以外はずーーーーとモニタとにらめっこ。気が付けばアニメイトはとっくに閉店している時間。
明日以降買いに行きますか。
予想:土曜日に池袋アニメイト(ぉ

にしても今日動いたのって、自宅⇔最寄り駅の徒歩くらい。職場では座りっぱなし。仕事が終わっても疲れているので運動する気なし。
本当に身体を動かす時間がありません。あるとすれば・・・土日くらい。(^^;;

だから今日は不安だったのですが、前述の通り筋肉痛はなし。まだまだ若いってこと?
まさか・・・2日遅れって事は・・・無いですよね・・・?

Winnyを肯定的に議論する

「求めたのは還流阻止。CDでは他に方法がなかった」――レコ協に聞く

中国?の“模倣SoftEther.com”に注意

ガンホー、会員数が50万人を突破「ラグナロクオンライン」アカウント数は62万強

またもや両A面仕様! tiaraway(千葉紗子、南里侑香)待望の2ndシングル「超絶特急Go→tiara/LOVE★微熱!?」
佐藤裕美さん、YURIAさん、yozuca*さんが、ラジオ番組から誕生したセッション「GLS」でCDデビュー!
どちらもハロプロみたいなジャケット。「tiaraway」ってこんな感じでしたっけ?
「GLS」の店頭特典は、
 >アニメイト:あぶらとり紙/ゲーマーズ:生写真

Club TITTAに集まった参加者全員が酔いしれた SONGS FROM age THE LIVE

I.G FESTA by club asia リポート

アニメ『この醜くも美しい世界』待望のDVDリリース&フェア『KONOMINIX』全国で開催中!

05月16日(日)

今日の天気は・・・晴れ?曇り?雨?そして暑い?涼しい?

微妙な天気の中、三社祭中の浅草に行ってきました。神輿は見ました。移動中の車の中からですが。(^^;;

まあ予定にあるように『声優Waveプレミアムイベント・ 坂本美里バースデースペシャル!』に行ってきました。

取り敢えず感想を。
美里ちゃん歌謡ショーキタ───、ゲストの清水愛ちゃんキタ───、スペシャルゲストもキタ───(゚∀゚)───!!

詳細は後ほど。
---
日時:2004年05月16日(土)16:40過ぎ〜18:47
タイトル:声優Waveプレミアムイベント・ 坂本美里バースデースペシャル!
場所:asahiスクエアA
内容:トーク&ミニライブ


今回のバースデースペシャルはいつも通り座席がありました。椅子の上には坂本美里ちゃんへのメッセージカードが。
チケットが完売した情報がなく客席の入りが心配されましたが、左側後方がやや空席があったくらいでほぼ満席。

司会は声優Waveスタッフの鈴木氏。諸注意の後、曲とともにイベントスタート。

「本気のLOVE&PEACE」

美里ちゃんの衣装はスパンコールが眩しい水色のタイトワンピースに王冠のティアラ、手にはいつもの杖を持っていました。

司会「すっかり“フェアリー坂本”ですね。」
坂本「姫って呼んで♪
 (服装について)歌謡ショーみたい。」

ここでメイド服の声優Waveスタッフ・こっしーからケーキがセッティング。もちろんローソク付き。

坂本「良かった。知り合いから酒樽が出てくるよって言われてた。」

「ハッピバースデー美里姫」と祝いました。事前に有志から戴いたクラッカーが鳴り響きます。

坂本「20ウン回目の誕生日をこんな格好で迎えるとは思わなかった。
 asahiスクエアの近くの台東区の病院で生まれたので、印象深いです。」

ここで事前に集められた「メッセージカードの紹介」へ。机と椅子が用意され、座ってトーク。
・今年やってみたいこと
坂本「歌をもうちょっと唄いたい。」

・いい女になってください
坂本「私、むちゃくちゃ子供っぽくって。クールにお酒を飲みたいと思います。」

・プリンセスの名前が似合うように
坂本「ロン毛にしてみました。(座っている前にある)机の前は見えないよね?こういう服着ると、足開いちゃうから。」

・コスプレは微妙
坂本「よく「コスプレは微妙」って言われる。」

ここで机が片付けられ、ステージ正面のスクリーンを使って、これまでの人生を振り返る「坂本美里ヒストリー」へ。
−幼少期−
坂本「記憶に無い。これが妹の写真って言われても分からない。」

−中学くらい−
坂本「このくらいから恥ずかしい。」
−締めはプリクラ−
坂本「これがコスプレが好きになったきっかけ。もしかしてやれる?私頑張れる?と思った。」

続いて美里ちゃんは退場して『坂本美里のフェアリー☆プリンセス』のダイジェスト版を上映。画面の中の美里ちゃんは“ナース姿”でした(6月の衣装)。
映像が終了後、美里ちゃん再登場。今度の衣装はカチューシャに白のブラウス、赤チェックのエプロンというウェイトレス姿。
『片道切符』という自作の詩を朗読しました。

坂本「こんな格好で真面目な詩を読むなんて。」

ここで台本と花束を持ってゲストの清水愛ちゃん登場。半袖で裾の広がった黒のワンピース姿。いきなり台本を落とす愛ちゃん。(^^;;

坂本「早くもドジッ娘ですか。」
司会「それは計算ですか?天然ですか?」

坂本「(ゲストの登場について)知ってた。」
清水「知られてた。」
司会「勘ぐられるから発表しました。新谷さんは来ませんよ?」

坂本「前回来た時は上の廊下を這ってきて。途中で良子のマネージャの秋葉さんに「どうも」って這ったまま挨拶したりして。」
清水「凄いビックリした。アミューズメントパークみたいだった。」
司会「昨年12月の時点で決まってました。構想3ヶ月。隠すの大変でしたよ。(スタッフの中で)バレたら罰金10万円。」

そして声優が2人集まったということで、美里ちゃんが創った2人のミニドラマに。
坂本:みさき/清水:あや
役で、お互いに「しょう」という男の子が好きなシチュエーションの学園ドラマ。
「みさき」の誕生日に「あや」が何が出てくるか分からない植木鉢をプレゼント。3人の関係と共になかなか芽が出ない植木鉢。「みさき」が素直になったとき、芽が・・・
#詳しい内容はこちら

坂本「楽しかった。」
清水「(感動して)鼻水でた。」
司会「感情移入しすぎです。」
坂本「どうしても愛に「ごめんなさい」って言わせたかった。
 自分の持っているポインセチヤが話の元。うまくいかないときにポインセチヤが萎れてて、「頑張らなきゃ」って思ったときにポインセチヤが元気になったの。
 (愛ちゃんのセリフは)エロ本性が出た。(^^;;」
清水「私もたまごっちがさっき死んじゃって・・・中原麻衣ちゃんと通信やってて。私も諦めちゃいけないって思った。」
司会「5代目ですか。虐殺ですね。東スポなら『清水愛、たまごっち大虐殺』って見出しですよ。『大虐殺・・・か?』って。」

ここで新谷良子ちゃんからビデオメッセージ。

新谷「・・・そんな私23歳、みさ24歳。(^^;;」

メッセージの最後の方で声が「アフレコって難しいなぁ〜(新谷)」マイク音声になったかな〜、と思ったらステージの後ろに良子ちゃん登場!

良子ちゃんの衣装は上が黒のブラウス、下が黒と紫のミニスカート。花束を美里ちゃんに渡して3人でスカートめくり。(^^;;

司会「3人の関係は・・・見たまんまですね。」
清水「スカートをめくりあう仲?」

そして司会の鈴木氏が舞台から降り、愛ちゃんが舞台から去り、良子ちゃんから美里ちゃんへメッセージ。
美里ちゃんもウルウルきたようで、

坂本「マスカラが落ちる・・・
 良子のインターネットの日記見て、「仕事」って何?って思って、ファンサイトも見てきたのに。」
新谷「わたしもみさの日記見た。ファンサイトも見た。疑われたらやだな、って思って「大変なお仕事」って書いた。」
司会「客席見たときにあれ?って思った。バレたか、って。」

結構時間が経って、愛ちゃん登場。

清水「たまごっちにえさやってきた。さっきの話し聞いたら行かなきゃ、って思って・・・」
新谷「愛、そういうときは時間を遅めたり早めたりして寝かせておくんだよ。」
清水「それもやってる・・・」
司会「たまごっちのイベントじゃないんで。

ここで美里ちゃんが退場し、愛ちゃん・良子ちゃんで坂本美里のひみつのコーナーに。

清水「私が「えーっ」って思ったこと。良子ちゃんがCDドラマを貸したとき・・・」
(鈴木氏の相槌のうるささに良子ちゃんが「うっさい」と小声でいう場面有り)
清水「「上田祐司さんの声って腰に響くよね」って。そういう声質。」
新谷「貸した貸した。しかもそれBLだ。しかも上田祐司さんが攻めだ。」

新谷「みさと卒業した後学校に行く機会があって、後でお酒を飲みに行って、みさがお酒に強いの知ってる?
 みさって酔うとすっごく子供になる。「あー、ほっけだー」って笑ったり。」
司会「松本伊代ちゃんみたいだ。らっきょうが転がっただけで笑ってた。」
新谷「(鈴木氏を指して)あの人、MCとして喋りすぎ。」

清水「日本工学院時代に映像コースの人たちとドラマを撮った。そのときキスシーンがあって、その人が女の子。」
新谷「そんなドラマあった。(相手役も)両方知っているから複雑だった。」
清水「何回もやり直したみたいで、「何回もキスしたよー」ってあっけらかんと言われた。本人にこのこと言うよ、って言ったら「いいよ」って(呆気なく)言われた。」

新谷「引越しの手伝いをしたことがある。みさは意外と・・・」
清水「意外と・・・なし崩し?本とか積んでて、ちょっと横になっていると思ったら次のものから元に戻ってて、みたいな。」
新谷「私の部屋ほどでもないけど、意外と散らかってた。こんなところに布団があるんだー、みたいな。A型なのに。」
清水「でも良子ちゃんの部屋、そんなに散らかってないよ。」
新谷「最近愛を部屋に呼んでないでしょ。前は散らかってなかったの。
 あと、みさは力持ちだった。愛はお姫様抱っこしてもらったから知ってたけど、重いものをホイホイ持っていった。あんなに細いのに。」
清水「腕、長いから。」

新谷「あと、(引出しを開ける仕草で)「これはダメッ!」って言われた。」
清水「炊飯器?
新谷「いや、炊飯器じゃないけど、見て「あ〜」って納得した。あと生ゴミが冷凍庫に入っていた。」

ここいらで美里ちゃん登場。肩が網目状の涼しげな水色のブラウスに、所々破けたジーンズというラフなスタイル。

坂本「普段着ってことで。
 生ゴミは捨てようと思ったの。でも夏だったから、冷凍庫の中に入れれば臭わないなって思って冷凍庫の中に入れた。」
司会「捨てたのはいつ頃?」
坂本「前に捨てたのは・・・1月。」
清水「美里ちゃんの家には何年に一回ゴミを回収するの?」

そんなやり取りがあって、最後のライブコーナーに。

「A⇔LIVE」(坂本美里)

まずはアップテンポのノリのいい曲。続いて2曲は大人しめの曲でした。

「夢があるこの空の下で」(坂本美里)
「雪花〜sekka〜」(坂本美里)

坂本「「雪花」は初めて大人っぽい歌詞と歌に挑戦してみました。次でライブコーナーも終了です。坂本美里・初の萌えソングです。」

「元気になぁれ」(坂本美里)

最後に全員登場。

坂本「姫は・・・満足じゃ。
 おめでとう、おめでとうって言われて、本当は両親にありがとうの日なのに。」
清水「告知の前に感想いいですか?美里ちゃんは祝われる側なのに一番頑張って。告知は・・・」

覚えてい内容なので、鈴木氏が愛ちゃんの声真似で『愛☆娘DVD〜其之弐〜』の宣伝をしました。

新谷「今度はびっくりさせることが出来ました。告知は・・・(鈴木氏の台本を覗き込む良子ちゃん)」

いつでも☆いっしょ!DVD』の宣伝とキャンペーンイベントの紹介でした(イベントの反応が意外とありました)。
---アンコール---
「さんきゅ」(坂本・清水・新谷)

曲途中で紙テープが投げられたり、その紙テープを美里ちゃん・良子ちゃんにかける愛ちゃんがいたり。(^^;;

これにて終了。
声優Wave初イベントとなる坂本美里ちゃんは・・・堂々としていました。話が途切れることはありませんでしたし、司会がいなくても一人で十分イベントを行えるのではないでしょうか。
清水愛ちゃんは・・・無軌道っぷりが炸裂。(ぉ “無邪気”な行動が多かったです。思いっきり笑わせていただきました。
そしてかな〜り読むことが出来たスペシャルゲストの新谷良子ちゃん。(^^;; ファン視線ですけど、良子ちゃんが来て会場の雰囲気が変わりました。
約2時間、楽しい時間を過ごせました。

そして、坂本美里ちゃん、一足早いですがお誕生日おめでとうございます。
今度は正式に3人でなにかあるといいですね・・・十分有り得そう。
---
終了後に良子ちゃんのイベントチケットを確保するため、ドコモショップに向かうため Mさんの車で秋葉原へ。
アソビットはまだチケットがありました。バースデーイベントに参加していた方々もまた拝見したり。(^^;;
ドコモショップは19:30で閉店。平日なら20:30まで空いていたんですけどね〜。頑張れ、Tさん。

そして5人で食事。
5月末でイベント参加回数が50回近いなんて、有り得ない。それ以上に「20回くらい」と仰った Mさん、もっと有り得ない。(ぉ

05月15日(土)

お昼に大阪に着かなきゃいけないので、7:30に起床。
いつもより全然遅いけど、ラジオを聞いて寝たのが3:30。平素の睡眠不足がたたって眠い。

重い足取りの中、予定通りに最寄り駅に到着。電車を待っていると・・・別のホームから電車出発。(ぉ
すぐに後続の電車がきましたが、それでも5分遅れ。新幹線乗り換えの有効時間はダイヤ通りなら約2分・・・この時点で遅刻を覚悟。

まあでも何とかなるもので、無事乗り換えを済まし車内で見つけた mさんと大阪に向かうことが出来ました。半分以上は寝ていましたが。(^^;;
br> 頼んでおいたチケットを引き取り、会場となる大阪・西区民ホールへ。
少しは迷うかと思っていたら分かりました。分かりやすかったので。客層が。(^^;;

前と同じく13:30で整理券配布を一旦打ち切り、前のほうから完全抽選。
12:30くらいについた私が引いたのは・・・B列十数番。先週といい引きいいですねー。8月にとっておきたい。
---
日時:2004年05月15日(土)14:59〜16:14
タイトル:Studio Bambiで逢いまshow!!
場所:大阪・西区民ホール
内容:トーク&ミニライブ


会場はフラット。でもステージは高め。照明も舞台上にありました。
横は29列で私の席だとほぼセンター(やや左より)。見知った顔が何人か。・・・これって抽選ですよね・・・

つつみんの生諸注意の後、照明が暗くなりスタート。

「誰がバンビに恋したか?」

ここではまだ良子ちゃんが登場せず、真っ暗のまま。曲の最後はアレンジが加わっていて、CDとは違っていました。
照明が点き良子ちゃん登場。ピンクの上着を羽織っていて、ピンク模様のロングスカート。頭にはティアラがありました。
そのまま次の曲へ。

「Trip into Tiny Peace!」
「10年後のタイムカプセル」

新谷「久々に大阪に帰ってきたぞー。」

「ファンシー☆フリル」

ここだけで汗だく。ここまで会場全体のノリは非常に良かったです。「Trip〜」のClapは完成させたかったけど。良子ちゃんのラップ部分はダメダメでしたね。(^^;;
つつみん登場。

新谷「(衣装について)何となくミニと思ったけど、スカートが四角なの!」

といってスカートの裾を上げると真四角。スカートというよりテーブルクロスみたいな形でした。
テーブル・椅子が用意されトークコーナーへ。

新谷「見えなかったら言ってください。声を出します。」

バンビの成分2004
『ファンシー☆フリル』の曲を抽選で無作為に選び、その曲の成分を勝手に決めてしまおう、というコーナー。

つつみん「非常に微妙なコーナー。」

抽選箱は座席抽選でも使われていたふつーの箱。

新谷「金色の箱はどうしたの?」
つつみん「忘れました。」
新谷「三重野瞳ちゃんが飾り付けしたあの箱は?」
つつみん「記憶にございません。」

・「10年後のタイムカプセル」:
 >隠し撮り:80%
 >ヒューイ:15%
 >試合に勝って:5%

新谷「(隠し撮りについて)「ウー・・・1,2,・・・」の前に物凄く喋ってる。くしゃみのツボについて。
 営業ボイスではない素の声が撮りたい、ということで一生懸命くしゃみのツボについて喋っていました。
 「今週のヤンジャンの表紙、よくない?」とか言う声が入っているんだよ。しかもCDという半永久的残るものに。
 隠し撮りって分かったとき半泣きになった。半泣き?半ギレ?」
つつみん「全ギレです。」
新谷「みんな気付いた?(まばらな反応)言わなきゃバレなかったのに!」

新谷「(ヒューイについて)曲の一番初めに口笛が入っている。あれ、私の口笛じゃないんですよ。口笛できないから。」
つつみん「アレンジャーさんが吹いて一発OK。アレンジャーだから、自分の納得できる音を出せる。」
新谷「(会場に向かって)口笛できる人?やってみて。」

客席からヒューヒューという口笛が。

新谷「すご〜い。日本映画(のお化け屋敷)みたい。巻き舌できる人?やってみて。(客席からルルル・・・の音)うわわ・・・ありがとう。」

新谷「(試合に勝ってについて)Lantisの掲示板につつみんが書いてたの。「試合に勝って勝負に負けた」って。」
つつみん「「いぇい!」があるでしょ。これを主張したのは僕。入れたら曲が完璧だって。
 それで試合に勝ったんだけど、新谷さんが予想以上に良い「いぇい!」を入れたから「試合に勝って勝負に負けた」。」

・「誰がバンビに恋したか?」:
 >当日決定:50%
 >クエスチョン:10%
 >コック長:30%
 >小芝居:10%

新谷「(当日決定について)当日に決まってできた曲。
 (クエスチョンについて)初めて「可愛い、私の声」って思った。」
つつみん「600人分の苦笑いだ。」
新谷「(コック長について)「ランチBOX」でオペラ調の部分があって、(「B・A・M・B・I」を)その声で撮った。でも目立ちすぎる。」

そして一例として、ささやき/可愛い/半ギレ(w で「B・A・M・B・I」を実演。

新谷「(小芝居について)音が途切れるのは仕様です。Lantisに質問がきたみたいだけど、みんなのコンポが悪いわけじゃないからね。
 街の雑踏を撮ることになって、マイクが無かったからつつみんがビデオにキャップを付けたまま街中を撮影。私とR.O.N君は後ろで“XBOX”の話をしていたり。
 駅前に行って撮影していたとき、「けんじ君、おまたせっ。」って小芝居をやった。」
 つつみん「凄いリアルな雑踏の中に萌えキャラが。」

・「ファンシー☆フリル」:
 >ハレンチ:0%
 >俺もだよ:10%
 >栄養(えいよう):90%

つつみん「(ハレンチについて)「太陽の下で抱き合って」って・・・僕が教頭先生なら不純異性行為ですよ。」
新谷「ビルとビルの隙間より太陽の下のほうが健全!」
つつみん「しかも「chu→lip♪」って。「lip」ってくちびるですよ。「chu」「やじるし」「くちびる」って。いやらしい。「chu」「やじるし」「ほっぺ」ならまだしも。」
新谷「いや、「chu→ほっぺ♪」って言い難いし。みんな「chu→ほっぺ♪」なら買う?(上々の反応)みんなつつみんに毒されすぎ!」

新谷「(俺もだよについて)最後の「愛してる」の後につつみんが「俺もだよ」って言える間を入れて。ヘッドフォンで聴いた?右の後ろから聞こえるようにした。」
つつみん「抱き合うとそうでしょ?良子ちゃんが言ってるんですよ。」

新谷「(栄養(えいよう)について)考えた直後に「あたし天才」って思った。恋をするとそれが心の栄養になって・・・(段々小声に)」
つつみん「ご自分で作詞したのに“えいよう”って言いましたよね。」
新谷「歌詞の中に入るため眼を閉じて唄うんですよ。歌詞が前にあるんだけど、眼を閉じているから見えなくて、3行目くらいからうろ覚え。」
つつみん「新谷さんってレコーディングでカーテン閉めるじゃないですか。たまに「ゴン!」とか「いて。」とかあるんですけど・・・」
新谷「ああ、あれは唄ってて、水を取るときに(体制を崩して・実演付き)マイクにぶつかる。」
つつみん「あとカーテンをそっと開けるの、怖いんですけど。」
新谷「レコーディングでヘッドフォンでしかつつみんの声が聞こえなくて、何も聞こえなくなると不安になるから見るの。だから「飛雄馬・・・」みたいに覗くの。」

つつみん「もう一枚いきましょうか。」
新谷「ちょっと待って、あれ見せようよ。」

と良子ちゃんが取り出したのは『hm3 EXTRA』。良子ちゃんが表紙を飾っています。

新谷「嬉しくって持ってきちゃった。」
つつみん「表紙を飾っています。Vol.1はなんと林原めぐみさん。」

立ち上がって深々と頭を下げる良子ちゃん。

つつみん「『hm3』史上最大の売り上げになりますよ。」
新谷「ってつつみんが言ったんだよね。」
つつみん「はい。だからみんな買って下さい。」
新谷「『hm3』は1番目から持っているので・・・」
つつみん「Weiβが表紙のやつね。」

押さえるところはきちんと押さえています。(^^;;
机が片付けられ再びライブのコーナーに。

新谷「私髪を伸ばしているの。それで髪をかき上げる癖があるんだけど、これ(ティアラ)を忘れてて「痛っ」ってなっちゃう。
 (左手を見て)書いているだけど・・・汗で滲んで何が書いているか分からない。(w」

「Slow Down」

かなり間違えたので間奏で一謝り、最後にも改めて深々と頭を下げました。

新谷「ここでゲストをお呼びしたいと思います!あまり期待しない方がいいよ・・・ギタリスト、ケン・サンダース・トムさんです!!」

と現れたのはピンクのZO-3ギターを持ったつつみん。

新谷「(サンダースに向かって)どうですか?(無言で首を横に振るサンダース)私も。こんな2人が舞台上でお送りしています。」

「あいのうただから」

新谷「大阪では初めてかな?」

「ray of sunshine」

新谷「この曲、頭のひなどりが落ちちゃう。
 ライブコーナーもこれで終わりです。(「エーーー」の声に)今「エーーー」って言った人、ライブにきてちょ。」

「Thank You for my Dear」
---アンコール---
「ピンクのバンビ」

最後につつみんが出てきて、終わりの挨拶をして終了。
正直昨年11月の立命館が盛り上がらなかったので、関西で行うのは不安だったのですが、全くの杞憂でした。
盛り上がるところは盛り上がりましたし、「Slow Down」は座って聴けましたし、「ray of〜」のコールも入っていたみたいですし(あれは分かりやすいか)。
今日の内容自体も楽しめました。つつみんのトークも面白かったです。特に「ハレンチ」ネタが。(^^;; 汗もかきましたし、いい運動になりました。
---
重かった身体がイベント後には軽くなりました。ならし運転?(それにしては激し過ぎ)
足も腕も痛くないんですが、逆に翌日以降に出てくるのが怖いです。一日遅れだと月曜日とか。何事も無いことを祈るばかり。

5月22日の『こむちゃっとカウントダウン』にゆかりんゲスト出演
番組内にて発表。

05月14日(金)

職場ではクライアントサーバを使用しているので、ネットワークの保守が夕方から行われる今日は、爽やかに帰れるはず。
なのに・・・

なんで時間ギリギリになって仕事を持ってくるんですか。
頼んだ方は飲み会やらで早々に職場を後にしているし。ムキーッ!

気も晴れない中、なんとか帰れそうになった19時頃に M氏からメールが。
5月26日に発売される『新谷良子のいつでも☆いっしょ!DVD〜Vol.1〜』のキャンペーンがアソビットシティで行われるとか。

19時といえば、何事も無ければ家にいる頃の時間。でも今日は職場(新宿)。しかも帰り支度中。
明日は大阪に出掛けるし、日曜日もなるべく寝ていたいし・・・と考えた結果、秋葉原に向かうことに。

M氏に「アソビットシティ1号館」の場所を確認しつつ、駅前にある同店舗に到着。前に比べるとかなり窮屈な感じ。
イベントはこの6階で行われるのですが、この広さ(というより狭さ)でどんな感じのイベントになるのか、期待と不安が同居。

レジで予約をしていると、横に Ny氏が。なんでもネットカフェで知って、すぐに来たとか。お疲れ様です。
氏はこれから夜行バスに乗って西に向かうそうで。更にお疲れ様っ。また明日。

何事も無ければ予約できなかったから、「人生万事塞翁が馬」を体現したような一日でした。

Sasserの欠陥を突く新たなワーム浮上

幼い日の憧れ――“腕テレビ”を使ってみました
[週刊] デバイス・バイキング 実売2万円の“近未来”製品の実力は?腕時計型テレビ登場!「NHJ VTV-101」

眠らないゲーマー、そして眠れないIT戦士へ……
「BAWLS」プレゼント有り。

小枝ちゃんの“毛”再び 「激★店」はまたも爆笑の渦!!

遂に決定! DROPS LIVE TOUR 2004

木谷社長ライブ第5回 6/11開催決定!チケットは5/16から!
“サタデーナイト”イベントなのにまたしても金曜日開催。

05月13日(木)

天気予報で「昨日より温度が下がる」みたいなことを見た(ような気がした)ので、ちょっと厚着して出掛けると・・・暑ぃ。

汗だくにはなりませんでしたか、常に汗ばんでいる感じ。
でも冷房を入れるにはまだ早すぎるこの時期、袖をまくったり扇子で扇いだりみんな暑そう。
外は過ごしやすい気温なのに、建物の中は按配が難しいです。事務所勤めの悲しいところ。

そういえば前の職場では、夏になると冷房の設定温度を上げる人/下げる人で温度がかなり変わったり。
私は上げる方。仕事で半袖を着た記憶がありません。
一番の理由は「満員電車などで他人の肌に触れるのが嫌」という、ちょっとした潔癖症の性格ですが、冷房が苦手なのも大きな理由の一つ。

今年の夏はあんまり暑くないように。冷房がきつくならない程度でお願いします。

輸入音楽CD規制に「待った」――音楽関係者268名が反対表明、幅広い層への理解を求める

DVDの私的複製を合法に――DMCAの修正求める法案
著作権に関する国内(上)外(下)の動き。

水野愛日ミニアルバム発売記念スペシャルイベント開催

あの、すかいてんぷるも出店 ランブリングトルネードvsちよれん大サーカス2

多くのファンが会場に足を運んだ DreamParty東京

ネット試写会も敢行! 幽玄と愛憎の美『コゼットの肖像Vol.1』完成披露試写会レポート

女子校が戦艦に!? 3人娘が織りなす痛快スペースオペラ『汝子校戰艦シンフォニア』より、永田亮子さんインタビュー!

アンコールは…もちろんOK! 番組新展開へ向け「るちあのマーメイドビーチパーティー(5)」が開催

「花右京メイド隊 La Verite めろん、まろん、れもんのお世話します」もコーナー参加!ラジオ「GENEON PRESENTS 週刊アニメプレス」好評放送中!

爆笑トークが次々と!(笑)ハピネット・ピクチャーズ アニメDVDフェスティバルイベントレポート!

早くも実現!「ラグナロクオンライン THE RADIO」第1回公開録音〜リスナーズギルド結団式〜レポート!

空前絶後の巨大イベント! 「BROCCOLI THE LIVE IV in 横浜アリーナ」出演者記者会見レポート
ゲーマーズ店頭で流れているプロモーション映像を配信。

ライブDVDリリース直前! とっておきメッセージ動画付き『D.C.〜ダ・カーポ』シークレット・ライブレポート!
野川さくら・松来未祐/伊月ゆい・松岡由貴・桃井はるこ/田村ゆかり・堀江由衣・神田朱美という組み合わせで動画メッセージ有り。
やまなこのコメントが長い・・・

BTLIVチケット状況
D.U.P応援席・B席は完売(ロイヤル席は特別販売のみ)。

BTLIV記念CD詳細発表!参加人数32人・驚異の65トラック(+α)!!

夏の新作「ギャラクシーエンジェル Eternal Lovers」の主題歌に佐藤裕美さんを起用!!

「ブロッコリーアートエキスポ2004」5月29日より開催!
公式ページはこちら。全国8箇所で開催。

岡崎律子、6月23日発売予定だったアルバムの発売は延期未定れいんぼあくたさんより)
難しいとは思いますが、気長に待ちたいと思います。

05月12日(水)

今日は22時過ぎに帰宅。
昨日より2時間半も早く帰れました!・・・はあぁ。

今日の原因も仕事相手。それともデータをきちんと確認しない自分が悪いの?
怒りを通り越してため息が出てきます。無気力感いっぱい。

そんな感じでダラダラ歩いていた帰り道に白フリルのブラウス&ピンクのスカートの甘ロリ服発見!
髪は肩と腰の間、身長も低くなく高くなく、淡い期待を寄せて顔を見たら・・・違った、ゆかりんじゃなかった。

その方も十分に綺麗だったのですが、ゆかりんに見られる可愛らしさが無い。
まあその前に新宿といってもビジネス街の新宿西口じゃあいる確率は低いですね。何処かでばったり会わないかにゃー。
もし会ったら・・・何も言えずに通り過ぎるだけかも。(ぉ

ついに登場したNDSとPSP
どちらもIEEE 802.11b装備なのが時代を感じます。

HMV「キューティーハニー」キャンペーン開催
実写版のほうです。庵野監督や佐藤江梨子さんが出演。

ほちゃ『Angel Egg』内STAFF COMMENT更新
ほちゃのポエムを解説。

05月11日(火)

夜が好き。

何かが慌ただしく始まる朝よりも、

誰もが騒しくする昼よりも、

落ちついた夜の雰囲気が好き。

だからといって夜遅くまで職場に残るのは嫌い

昨日は21時過ぎ、今日は帰ってきたら『saku saku』(再放送分)が終わっていました。
残っている理由が自分の責任ならまだしも、他の係のミスによってここまで居残り。愚痴はなるべく書かまいとしていたのですが・・・ムキーッ!ヽ(`Д´)ノ

大阪には“ぷらっとこだま”を使って交通費を浮かそうと思っていたのですが、大人しく“のぞみ”に乗ることにします。1時間でも貴重な睡眠時間です。

そんなささくれ立った気分でネットを徘徊していたら目に飛び込んできた一つの記事。

岡崎律子さん死去

普通私は人が死んだとき、どんな状況であれ“寿命”だと思うのですが、本当に惜しい人を無くしました。
もっとあなたの曲が聴きたかったです。こんな気持ちになったのはX JAPANのhide以来。
今、私があなたに出来る精一杯のこと。心からお悔やみ申し上げます。

「美少女戦士セーラームーン ビジュアル・ブック」発売記念イベント

BTLIV、History of BTL更新

05月10日(月)

今週前半は忙しくなるなぁ、と思っていたら予想より忙しくて、てんやわんや。
例えて言うならば、盆と正月とクリスマスと節分が一緒に来た感じ。(何

新しく来た方へのフォローも後回しに。すみませんねぇ。
昼休みも組合の会合に呼ばれていたけど、日程が延期になった模様。
元々今日の昼休みは『声優グランプリ』を買いに行く予定だったんですが、昨日のうちに声優グランプリを買えてよかったです。
少しは休めましたし、さおりんの写真も無事貰えましたし。

ちなみに写真は「ジーンズ姿のさおりんがiMacの前にいる」姿。どういう意図でこの写真になったか謎。
#雑誌内の写真と同じでした。

仕事をかなり端折って帰宅。明日の朝から忙しそうでちょっと憂鬱。
時間に余裕が無いなぁ。家に帰ったらページの更新があるし、通勤中は曲を聴き込む貴重な時間だし、土日は出掛けることが多いし、切り詰められる時間って・・・

整理券配布で並んでいるときくらいでしょうか。(ぉ

“神田祭”陰祭で神輿がアキバに!“秋葉原IT守護神開運キャンペーン”も!

「Wind -a breath of heart- 先行特別版 Serial No.0」発売決定!

GAINAX「碇シンジ育成計画」アフレコインタビューMOON PHASEさんより)

『GATV』テレビ大阪再放送分 放送時間変更のお知らせ

ほちゃ、FM横浜『MUSIC KINGDOM』ゲスト出演時の写真公開
他にもキャンペーンの模様を伝える予定だそうです。

05月09日(日)

トップページが重くなったので軽めに更新。

『ファンシー☆フリル』購入者特典のチケット先行予約がe+で行われました。
昨日のお昼過ぎには当落が分かったようです。抽選でないって書いていたのに落選って・・・
携帯を登録していた友人には赤羽公園で並んでいるときにメールが来ていました。

“落選”を知らせるメールが・・・

周りにも何人か落選した人がいたようで、戦々恐々としながらメールをチェックしたら・・・当選
友人分も確保できたようなので一安心。たまには役に立たないと。

朝起きたら外は雨。
出かける予定が無ければ雨も嫌いじゃないんですが、予定があるので・・・しかも夜にかけて雨脚が強まるとかいうし。何とか間隙を縫って出掛けますか。

今日はペンライトを持っていくけどお気楽予定。すごく思い入れのある曲も聴けるみたいだしちょっと楽しみ。
帰ったらもうちょっと更新する予定。では。

→追記:行って来たー、楽しかったー。
月瀬さんに(正確には“月瀬組”の M岡さんに)誘われて、Artemis Brain『Pure Heart Vol.14』@なかの芸能小劇場に参加してきました。
目的は今回が初ステージとなる「日向れん」さんを応援すること。青リウム必須。

面白いことがたくさんありました。
  • 司会者が面白すぎ
    お笑いの方だったようですが若干投げやり気味なトーク、痛い客(後述)のあしらい方など面白かったです。コントも見たくなりました。
  • 選曲が面白すぎ
    日向れんさんが「だいすき」(高橋由美子)「夢冒険」(酒井法子)を唄うのは知っていたのですが、他にも「New Sensation」(水樹奈々)「風が吹く丘」(椎名へきる)「サクラサクミライコイユメ」(yozuca*)など(殆どは分かりませんでしたが(^^;;)。
  • 正拳突きが凄すぎ
    一人の客が曲でノッているときに、拳を前に向かって交互に突き出す姿・・・あれは正に正拳突き
    「お前等のノリなんて中途半端なんだよ!俺の熱いソウルを見てくれ!!」
    と言わんがばかりに。新しいアクションの登場です。(嘘
    注:この人がMCに意味不明なツッコミを入れたりする「痛い客」だったりするんですが。
  • 日向れんさん落ち着きすぎ
    今回が初ステージということだったのですが、唄うときもMCの時も堂々としたステージさばき。とても初ステージに見えませんでした。次回以降も楽しみ。
会場に入った時にはかなり場違いな感じがしましたが、いい経験をさせていただきました。次回は5月29日とか。
KSS夏祭りや「メロスの戦士決起集会」の日ですね〜。(謎

ドコモの成長が一服〜2004年度は減収減益予定

大人をも魅了し続ける“ベルトの力”
 >「仮面ライダーファイズ(555)」。その劇中に登場するグッズの“大人用DXファイズギア”を入手してみた。
作りが甘いとか。子供を舐めると痛い目を見ますよ。

05月08日(土)

9:30に起床。
涼しいのか暑いのか分からない天気。こういうときは取り敢えず厚着に。

11:45頃、埼京線に乗り赤羽駅到着。晴れてて結構暑いです。
途中で Kさん尾行して見かけて一緒に赤羽会館へ。予想通り整理番号の抽選は近くの公園で配布とのこと。

すっごい人。

先頭は泊り込み?抽選だから意味無いと思いますけど・・・
12:30までに並んだ人には「整理番号抽選券」を配り、それがないと抽選できない、というシステム。

12:45くらいから抽選。私は・・・C列右側。何の問題もございませんっ。
私よりちょっと前にいた N先生は・・・C列。それも私の真横。ありえな〜い。
---
日時:2004年05月07日(土)14:02〜15:18
タイトル:Studio Bambiで逢いまshow!!
場所:赤羽会館
内容:トーク&ミニライブ


物販では良子ちゃんのCDは当然あるんですが、マキシシングル+800円で『Little Pink Memories』が売っていました。作り過ぎ?

会場に入ると N先生とは通路を挟んだ形に。これでお互い気を使わなくて良かったです。(^^;;
ふと横を見ると・・・見知った顔が色々。ますますありえな〜い。

まずつつみんが登場し諸注意の後、この曲からイベントスタート。

「Trip into Tiny Peace!」

良子ちゃんは頭に王冠のティアラ、白いブラウスに黒の長く細いリボン(端には何か付いている模様)、薄いピンクのスカートに黒いハイソックス。

つつみん「赤羽ですからね。」
新谷「北区ですからね。埼玉じゃなくて東京。」

すみません、てっきり埼玉と思っていた人です。

新谷「(遠くから来た人を聞く。会場の声が大きく)分かった。パスポート使ってきた人?」

さすがにこれはいませんでした。

新谷「今日の衣装が・・・いつもと違うから緊張している。」

机が用意され、座ってトーク。

新谷「この机、つつみさんがいる割に小さくない?でも痩せたんだよ。もう一緒にトンカツ屋さんに入れない」
つつみん「油物がダメですから。」

パッと見、ちょっと頬がこけたように見えました。

ひみつのchu→lip♪初級編
一般的にいうと「キーワードトークコーナー」。スケッチブックに書いてあるキーワードに答える、という形。

・タイトルのひみちゅ
新谷「『ファンシー☆フリル』って何の意味か知っている人?(会場の声を聴き)保母さんになったみたい。
 タイトルは発売時期に咲く、ピンクのチューリップを探してつけた。“ファンシーフリル”って一見可愛いのにフリルが刺々しく見えて、私の目指した歌の方向性に同じかな、と思って。
 換わり(のタイトル)は『怪盗チューリップ』とかね。」

・Studio Bambiのひみちゅ
新谷「今回のアルバムにも“Pink Bambi Clappers”とか“Pink Bambi Babes'04”とか。“PINK BAMBI ARTWORKS”は『Little Pink Memories』を作った人々です。
 『Little Pink〜』は家に5冊ある。でもお母さんが3冊持っていった。だから今は保存用と観賞用。
 Lantisのホームページにつつみんがアルバムの裏話を書いていますよね。何でその話をこのイベントの前にするかな。」
つつみん「昨日気が付きました。(^^;;」

・ちょうちょのひみちゅ
新谷「テレビCMにもあるんだけど、ちょうちょに「RYOKO SHINTANI」って名前が書いてあるの。気付いた?大丈夫、つつみんも大分後になって気付いたから。
 あと歌詞カードの右上に針金のちょうちょがあるんだけど、つつみん気付かなかったんだよ。「デザイナーの方が疲れてやったんだ」って。蜂の指輪にも気付かなかった。
 (ジャケットのコンセプト)真っ白のTシャツにジーンズのお姉さんがピンクの部屋に入って、という写真を初めは撮りたかった。もっとお姉さんのイメージだった。
 でも(撮影の日に)つつみんが2時間遅刻して、その間にみんなが色々考えて出来た。真ん中のジーンズが反応良かった。
 (客席に向かって)どれが好き?(「全部!」との声に)ありがとう。でも求めてない。(^^;;
 何気に私物も映っている。カバンとか。そのときに買った小物もある。ハートの形のスライム状のものとか。投げるとベン!って板に付くやつ。」

作詞、策に落ちましょう
ここでゲストの三重野瞳ちゃん登場。

新谷「(2人の関係)初めて会ったのは・・・Vステ?違うな。大阪で行われたエモフェス?思い出した!居酒屋!!ネコのバンソウコウもらった。」
三重野「覚えてる。バンソウコウなのに喜ぶ子供だなぁ、って思った。その後エモフェスで挨拶した。でもそのときはゆかりんがいたから。あの娘、印象が、ねえ。(^^;;」

つつみん「(作詞について)打ち合わせが短かったですね。」
新谷「したっけ?」
三重野「15分くらい?」
新谷「「ファンシー☆フリル」と「いたげる。」の締め切りが同じだった。でも私はワンコーラスだけで、三重野ちゃんは全部。しかも私の方が早くから書いていたのに。
 (締め切りの)前の日に会ったときは「まだ全然書いていない」って言ってたのに、凄い。」
三重野「「三重野瞳から見た新谷良子」を書いてくれっていう、抽象的というか、緩い注文だった。でも信頼されているなぁって思った。」
新谷「(歌詞を色々読んで)意地っ張り。・・・なんで分かるの?」
三重野「だって分かりやすいもん!(そういう感じが)出てる?毛穴から出てる?」

三重野「「神様、あのね!」「再生専用の思い出」が最初に出てきたフレーズ。タイトルは一番最後につけた。」
新谷「“。”付けてごめんね。」
三重野「大丈夫。モー娘。みたいで可愛い。」

ここからゴールデンBOXによる歌のタイトル・キーワードを元に新谷・三重野両氏が答える、というもの。そのBOXには色々な絵が。

三重野「楽屋で暇だったから描いちゃった。」

絵は“スタイリスト中の良子ちゃん”“良子ママ(想像)”“つつみん”など。
・「Slow Down」〜このカップルは付き合い始めてどれくらい?
新谷「1年くらい。新鮮でもないし、倦怠期でもない感じ。」
三重野「ついさっき。告白して「飯行こっか」ってなって、「あ、財布忘れた」。」
新谷「でも「これが初デートだったら」ってあるよ。」
三重野「妄想!男の子が女の子を好きで、前から頭の中でデートしてたんだよ。」
つつみん「あなたもDVD出してるでしょ。」
新谷「そうだ!今度は『いつでも〜』とか出すんだ。正解!」

・「君のもとへ」〜「夢の扉は やっと いろんな人の力で 開き始めた」のいろんな人って誰?
新谷「私優等生だ〜。ここにいるみんな!」
三重野「酷い〜。これ正解じゃん。私のは・・・ランティス。」
新谷「でも私のは「ここにいる人」だから、ランティスも入っている。
 ところで(CMで)「ランティス!」っていう時につつみんの台本には「っランティス」って書いてあるんだけど、どう言えばいいの?」
三重野「良子、この人マニアックだから全部言うこと聞かなくていいからね。」

・「誰がバンビに恋したか?」〜誰がって誰?
2人とも回答した後、お互いを見合って交換。(^^;;

新谷「ここにいるみんな。」
三重野「つつみん。「良子ちゃんの今日の衣装可愛いね。下は何色?」」

「いや〜〜」と言って舞台後方に後ずさる良子ちゃん。

新谷「レコーディングの時、仮歌撮ってた。歌詞もその場で辞書を持ち込んで作った。あいうえお作文もやった。」

良子ちゃんが瞳ちゃんの手を取って、

新谷「三重野ちゃんの手が冷たい。」
三重野「心が温かいから。」
新谷「じゃあ私は心が冷たいってこと?」
三重野「良子の手は暖かいよね。治療できるくらい。」

こんなライブはchu→lipじゃない
瞳ちゃんの絵で説明。

三重野「こんなライブは嫌だ〜。
 ・ピンスポットと思ったら・・・UFOにさらわれてた。良子が浮いたらみんなガーッって(身体を)持つんだよ。
 ・つつみさんが太ってた・・・鬱陶しいから止めて。
 ・よく見たらスピーカーの中にお母さんが応援してた。・・・スピーカーの換わりに声を出すの。
 ・ドラムがお母さん。

新谷「(ライブの意気込み)まずはお母さんにお寿司を持ってきてもらって、スピーカーの中に入らないように言って、「ドラムもちゃんといるから」って言う。」
三重野「私がお母さんを羽交い絞めしておく。」
新谷「いや、逆に三重野ちゃんを羽交い絞めしてもらう。(^^;; 1秒以上滞空したら止めてね?」

ライブコーナー
机が片付けられ、ライブコーナーの準備へ。何となく良子ちゃんが落ち着いていないように見えました。

「いたげる。」
「10年後のタイムカプセル」

新谷「気付いた。ジャンプするとこれ(リボンの先)が攻撃してくる。勉強になった。
 次が最後の曲になります。(会場から「えーっ」の声)今「えーっ」と言った人、ライブで。または大阪で。」

「ファンシー☆フリル」

これにて終了。
アンコールも何も無く終わりましたが、終了予定時間より早いとは思いませんでした。「時間が押している」ってつつみんも言っていたのに。

東京会場は盛り上がりますねー。
ライブ形式での初お披露目だったので様子見だったのですが、ライブは疲れそうだな、ということだけは分かりました。(^^;;
あとはこれを大阪でも盛り上がれたら、と思います。

サインは退場時に貰いました。でも生のまま。せめてビニール袋くらい付けてくださいっ。
---
2階にいた知り合い情報。
どうやらポアロの鷲崎さんがいた模様。→アニスパ!冒頭でも言っていましたね。野球で押さなかったらもうちょっと話題にしてくれたかな。

明日は某所でまったり。

「某駅にて○○時くらい」

というえらいアバウトな予定。(ぉ

05月07日(金)

巨乳キャラといえば?(挨拶)

2日間仕事をしたと思ったら、明日は休み。
いつもこんな感じだったら楽チンなんですけど(無理)。

「休み」といっても、8日は待望の「Studio Bambiで逢いまshow!!」@赤羽。9日も何やら予定が埋まっています。
今月の休みの予定を見てみると、
  • 02日:烏丸ちとせ全国行脚@町田、でぃあ☆ふぇす
  • 03日:ランブリングトルネードVSちよれん大サーカス2
  • 05日:ガイナックスフェスティバル
  • 08日:Studio Bambiで逢いまshow!!@赤羽
  • 09日:お呼ばれ
  • 15日:Studio Bambiで逢いまshow!!@大阪
  • 16日:声優Wave坂本美里バースデーイベント
  • 22日:『この醜くも美しい世界』トークショー
  • 30日:BTLIV
と完全に空いているのは4日間のみ。このうち何日かはまだ予定の入る気配があるし。大型連休って何?
いやはや・・・まあ引き篭もり→自己嫌悪よりマシかな、なんて思う今日この頃。
それに体力的に疲れても、精神的に休めるから「休日」には変わりない・・・はず。

子供の日、ハロと戯れる

「はてなグループ」、正式版も無料で

Zepp東京がアニソンでアツく燃えた! 「スーパーロボット魂2004 “春の陣”」

「激★店」TBS放送終了は誤報! 放送継続で特番も!
 >TBSでの再放送枠が数回にわたり休止となったこと。
なんじゃそりゃー。ヽ(`Д´)ノ

緊急ニュース!コミック版ギャラクシーエンジェル最終回!?新展開はなんと…!

ゲドッコリー・ザ・ライブ、略して「GTL in 横浜アリーナ」開催決定!魂は永遠に彷徨うさんより)
 >ブロッコリー・ザ・ライブのパンフレットと、ゲドッコリー特製・あかほりさとる題字による”生きてるだけで大失敗”Tシャツ”のお土産付
このお土産いいなぁ。

BTLIV、物販情報更新

新谷良子ちゃんがパーソナリティーを務める『マジキュー ラブラドールリボルバー』、5月中旬ネットラジオに小指のささくれさんより)
『野川さくらのマシュマロ♪たいむ』も同時期にネットラジオ化。
ラジオ関西は入りにくいので嬉しい限り。

ほちゃFM出演情報
05月14日 25:00〜:Nack5

05月06日(木)

昨晩、大宮から自宅にたどり着いたのは日付が変わるちょい前。

お風呂に入り、『saku saku』を横目に見ながら更新作業開始。
正直あまりの長さに更新を止めようかと思いましたが、2時過ぎに一旦更新して、終わったのが3時前。

そして起きたのは6時。
睡眠時間3時間かぁ。職場にきて1時間で帰りたくなりました。(^^;;

一応「即日更新」がこのページの売りの一つですから(というかそれ以外“売り”は無いですが)。
それに仕事が遅くなったらますます更新し難い・・・と思っていたら嫌な予感は当たるのか、ちょっと残業。

なんか最近「イベント/特典紹介/仕事の愚痴」しか書いていない気がする。忙しいから仕方ないんでしょうが。
・・・逆に「仕事の愚痴」が無くなったら暇になった、ということか。

マイクロソフト、IE上で利用できる「Sasser」の検知・駆除ツール発表

AMD、小売デスクトップPCでIntelを抜く
ノートはIntelが強い模様。

『ファイナルファンタジーXII』の発売時期が変更!2004年冬から2005年春頃を予定

歴史の名を刻んだ名車たちがここに復活する──食玩「絶版名車コレクションVol.2」

「激★店」初の男性ゲストは、熱きアニソン&ロッカー・影山ヒロノブ!
そういや男性ゲストって見て無かったです。

サタデーナイト・メインイベントに潜入!

ガイナックスフェスティバルで明るいシンジ計画発動!?

新しいみんなとの挨拶は“にゃんきゅ〜♪”「野川さくら2nd LIVE にゃっほ〜♪ TOUR 2004〜春U・La・Ra〜」開催

TVアニメーション『この醜くも美しい世界』アフレコ現場からメインキャストメッセージ!

第3期シリーズの制作決定! 『円盤皇女ワるきゅーレ〜時乃湯 大宴会〜』レポート!

特報!ギャラクシーエンジェル新シリーズ放送枠決定!
7月7日(水)放送開始。時間枠は『キン肉マンII世』枠なのは既報の通り。
こちらを見ると、烏丸ちとせを含め、メアリー少佐も出演の模様。

『楽園』オリコン初回売り上げ、『sky』を抜く(れいんぼあくたさんより)
『楽園』は21,016枚の11位、『ファンシー☆フリル』は3,741枚の63位。

何処かで見たことのある『ぷしきゃっとはうす』閉鎖のお知らせ
閉鎖の経緯はこちらに。

05月05日(水)

連休最後の日、締めは大宮@ガイナックスフェスティバルに出向きました。

14:00過ぎに到着、小雨模様の中すでに凄い人。
でも私はS席なので急ぐ必要は無し。ていうか何でそんな早く付いたんだろう。(ぉ

会場前に人も少なくなってきた15:30に入場。
客席の埋まり具合は思ったほどでもなく7割程度。なんでも14時でも1階席そこそこの席に座れたみたい。
開演時間にはほぼ満杯になっていました。
---
日時:2004年05月05日(水)16:00〜20:20
タイトル:ガイナックスフェスティバル〜20th Anniversary〜
場所:大宮ソニック
内容:トーク&上映会&ミニライブ


ステージ中央にはスクリーンが、その下(一段高くなっていますが)には両開きの扉が3つ。座れるスペースが扉の脇にありました。

清水愛ちゃん・中原麻衣ちゃんらしき声の諸注意の後、時間きっかりにスタート。

会場真ん中(?)から清水愛ちゃん・真田アサミちゃん・山本麻里安ちゃん・福井裕佳梨ちゃん登場。ステージに駆け上がります。
それぞれの自己紹介の後、前半の司会は麻里安ちゃん・裕佳梨ちゃん、後半の司会は愛ちゃん・アサミちゃんということに。
既に「いっぱいいっぱい」になって飽和状態になっている裕佳梨ちゃん。

これから順々に作品を紹介するのですが、その順番はスクリーンに映るルーレットによって決めるとのこと。
最初の作品は・・・

『この醜くも美しい世界』
まずはオープニング画面の紹介。
次に出演者として水島大宙さん・清水愛ちゃん・高田由美さんが扉から登場。高田由美さんは挨拶の前にセクシーポーズを決めていました。(^^;;

水島「いつもより黄色い声が大きいような(その後、男女問わず“黄色い声”が)。」
清水「・・・みんな黄色い声・・・(大受け)」
高田「声援が凄い、というか暑苦しい、というか臭い。」

山本「水島さんは“新たに”加わった、まあ新しい作品に“加わった”というのはおかしいんですが、どうですか?」
#注:『この醜』メンバーは殆ど『まほろ』と同じ。
水島「いい空気の中に入れた・・・かなぁ・・・」
清水「水島さんは第1話から液体のように馴染んでいます。」
高田「ものすごい気を使ってお菓子とか持ってきて、女の子はそれに群がる。そうやって媚を売っている。」
水島「媚を売らなきゃいけないんですよ!」
清水「・・・買収されました。」

続いて高田由美さん・愛ちゃんのキャラ紹介。次に高田由美さんが唐突に、

高田「“ガイナックス”って言葉の意味知ってる?
 “ガイナ”は大きい、“ックス”はセックス、だからガイナックスは巨根の集まりなんですよ。そしてそれに集まってくる女子たち。」

と話が暴走したところで次のゲスト、瀧本富士子さん・菊池由美さん・水野愛日ちゃん・真田アサミちゃん・荻原秀樹さん・私市淳さんの登場。

水島「いつもより黄色い声が大きい理由がわかりました。こいつら(荻原・私市両氏)だろ!」

というくらい女性の声が一段と大きかったです。
時間が押してきているというので、各人のキャラ説明はひとまず省略。

山本「時間が足りなくなってきました・・・作品が知りたい人は見て!雑誌とか買って!情報載っているから。」

ということで次に歌のコーナーに。まずはオープニングから。

「metamorphose」(高橋洋子)

再びキャストが全員登場して、キャラ紹介に。
そして一人だけこの場にいない主人公・ヒカリを演じている川澄綾子さんからビデオレター。「南仏・プロバンス風(東京)」って。(^^;;
あやちー曰く、ヒカリは「無垢な瞳と雌豹のポーズ」だとか。

高田「まだまだひねりが足りない!どうせビデオレターなら付け鼻をつけるとか、着ぐるみを着るとか。」

続いてエンディングを唄っている石田燿子さんが登場。歌う前に全員が挨拶して退場。

「夏色のカケラ」(石田燿子)

山本麻里安ちゃんの締めは、「いい跳びっぷりでした。」

『忘却の旋律』
まずはオープニング映像の上映。
そして桑島法子ちゃん・浅野真澄ちゃん・小林沙苗さんと、能登麻美子さんの2本のビデオメッセージ(先週の『Anime-TV』みたいな感じ)が。
続いてオープニング・エンディング曲の演奏。

「てのひらの光」(みなを)
「Will」(lisa)

『新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画』
まずはVTRを紹介、そして出演者として新オペレータ役の堀江由衣ちゃん・清水愛ちゃん登場。
もう一人の麻里安ちゃんは一度扉から入って、新たに出てきて登場。ここからは福井裕佳梨ちゃんが単独司会。

山本「わざわざ入ること無かったね。」
堀江「でも出るときハリウッドぽかった。」
山本「まあ適当な。」
堀江「私、適当なこと言わないもん!」
会場「えーーー!」
堀江「凄い!会場が一番揃った。」

後ろのスクリーンに映っているビデオカメラに向かってピースするほちゃ・麻里安ちゃん。

山本「田舎の小学生みたい・・・ で、育成するんですが・・・」
堀江「育成した!」
清水「(やや間があって)・・・育成した!台本を全部貰って2日かけて読んでたら色んなお話があって面白かった。」
堀江「私、全部貰ってない。だから続きが気になる。」

堀江「(どんなキャラ?)クールで知的で、ゆかぴーの好きな眼鏡っ娘。碇指令に注意したり。」
会場「階級は?」
山本「マヤの一つ下。」
堀江「ああ、自己紹介のとき言ってた。読めなかったけど・・・」

続いてキャラクターのセリフをこの場で言ってみることに。照れて照れてなかなか言えないほちゃが逆に印象的。

清水「(どんなキャラ?)家庭的で、・・・(以下、台本を棒読み)マヤちゃんとは一番仲良し。
 (大変だったセリフは?)今まで小さい娘の役が多くて、働いている人なんて・・・ 特に専門用語が。「ファーストをフィフスの部屋で見つけました。」とか。」
山本「アンビリカルケーブル、アンビリカルプラグ。」
堀江「私、エントリープラグしか覚えていない。」

それを受けてエヴァに出てくる言葉で早口言葉に挑戦。順番はジャンケンで決めて、愛→ほちゃ→麻里安→ゆかぴーの順。
愛ちゃん・麻里安ちゃんは上手くこなしていましたが、ほちゃは若干たどたどしかったような。
ゆかぴーは遅いながらも途切れることなく。「これでも早い方なんだから。」(山本麻里安談)
そして愛ちゃんの生セリフ。さっぱりやっちゃいました。

山本「(どんなキャラ?)ロシア人とのハーフ。ウォッカを飲んでた。」

続いてゲームのキャラクターデザインをした米倉けんご氏(女性)からビデオメッセージ。そして本人は忘れ去ろうとしていた麻里安ちゃんの生セリフ。

福井「もう終わりの時間になりました。」
会場「えーーー。」
福井「じゃあ止めましょうかね。」

とは言うものの、やっぱり終わりは終わりで。各人の挨拶。ほちゃは第1話から見ているのが自慢とか。発売日は8月27日に。

『グラップルガイア』
最初にプロモーションムービーの上映。
続いてメインの4人のキャラクターを担当している吉住梢ちゃん・門脇舞ちゃん・中原麻衣ちゃん・今井麻美ちゃんの登場。各キャラクター毎に描いている人が違うとか。
そして各キャラの紹介の後、曲を担当している葉山宏治氏登場。

葉山「SFということで、MSXとかPC-9800の音源を加工して音楽を作った。」

とか。今日ホームページを開設したそうです。

次は休憩、といったところで・・・

「ちょっとまったー!」

との声と共にますみん登場。

浅野「折角二人三脚してここまでやってきたのによー。」

『忘却の旋律』ということでもう一人、田村ゆかりちゃん登場!挨拶の後、声援のあまりの凄さにますみんも「凄いゴールデンウィークだ。」と。

田村「私ね、ちゃんとオーディション受けたの。そして受かったら「8週間お休みです」。
 何か知らないことばかり。主人公の名前だって“ポッカ”と思ってた。“ボッカ”なのに。」
浅野「“アイパー”マシンじゃないから。“アイバー”だから。
 キャラはこれから全とっかえ。そして新しい人が来る度に私と桑島法子ちゃんが一から説明するの。」
田村「私、「武装演劇集団」なの。その中の一人。」
山本「色んな客層を取り込もうとしているわけね。」

最後に挨拶して終了。
ここで一枚の紙が司会者に。時間が押しているので休憩時間は無し、ということに。
司会が真田アサミちゃん・清水愛ちゃんに換わって後半に突入。

ガイナックス20年を振り返る
のはずだったのですが、サエキトモさん・松岡由貴さんが乱入。「愛の水中花」で愛ちゃんをからかって(し〜み〜ず〜あい〜)から歌へ。

「ME-CHA OSAKA」

サエキトモさん・松岡由貴さんが残って、庵野秀明氏が編集したというガイナックスの映像史をみることに。
古くは「DAICON FILM」から。FENCE OF DEFENCEのPVとかも手掛けられていたんですね。オネアミス辺りで一旦中断してフィルムの説明が入りました。
そして額をあらわにした山本麻里安ちゃん・福井裕佳梨ちゃんが登場し、3人編成“ぷちぷりーず”として歌へ。

「えがおのてんさい」(真田アサミ・山本麻里安・福井裕佳梨・サエキトモ)

時間が無いとのことで一番のみ。途中でサエキトモさんも歌に参加されていました(『ぷちぷり*ユーシィ』メンバーではありますから)。
これで全員退場・・・と思いきやサエキトモさんが残り、

サエキ「じゃあ時間も無いし『ブシロード』で。」

一応ルーレットを回してみると、やっぱり『ブシロード』に。

清水「やっぱり『ブシロード』なんだ・・・」

『熱風海陸ブシロード』
プロモーション映像の上映から。
続いてサエキトモさん・門脇舞ちゃん・榎本温子ちゃん・新谷良子ちゃん・野川さくらちゃん・山賀博之監督が登場。
まずは各人のキャラ紹介。

サエキ「ハシバということで(羽柴)秀吉がモデルです。サルになりきれるか。(会場から「サルー」の声が)サルサル言うな!」
榎本「『ブシロード』をやるって事しか知らないもので。」
サエキ「『ブシロード』の主題歌しか知らないもので。(^^;;」

ここで発表として22〜3分の短編版を山賀監督が作成することに。ちょっと変?になっているとか。

『Re:キューティーハニー』
映画のプロモーション映像から紹介。続いて庵野秀明監督・ほちゃ登場。

庵野「映画の方はアニメの技術で実写を撮ってみました。」

清水「“おにぎり”がよく出てきますが、好きなおにぎりの具は?」
堀江「鳥五目かエビマヨネーズ。」
庵野「昆布。肉とか魚とか食べないので、それしかない。」
清水「じゃあミネラルを取っていきましょう。」

清水「いびられたらどうします?」
堀江「いびられたら・・・倍にしていびり返す。」
清水「それが5代目襲名する人ですね。」

ここら辺は愛ちゃんのコメントが秀逸です。(^^;;

庵野「(映画とテレビの違いは?)実写とアニメ。(簡潔)」

そして新作のアニメ版オープニング映像を上映。最後にほちゃが「変わるわよ」の決め台詞を披露。

堀江「これから・・・変わるわよ(未だアフレコに入っていないとのことなので)。」

ガイナックス20周年記念作品・『トップをねらえ2!』
監督・鶴巻和哉氏、プロデューサー・佐藤裕紀氏が登場。OVAとして2004年9月発売予定。
そしてメインキャラとして福井裕佳梨ちゃん・坂本真綾ちゃん・沢城みゆきちゃんなどの名前が挙がりました。今回はゆかぴーだけ出てきて初の主役となる意気込みを語っていました。

ライブコーナー

「まほろDEまんぼー」(真田アサミ・水野愛日・菊池由美)
「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子)
「魂のルフラン」(高橋洋子)
「言えないから」(石田燿子)
「Yes,I will...」(森川美穂)
「ブルーウォーター」(森川美穂)

「ブルーウォーター」では2番から出演者(一部出演していない人もいましたが)全員が登場して、ペンライトを振っていました。
ファン的に見ると、良子ちゃんとゆかりんはステージ左端で仲良さそうにしていました。(^^;;
最後はかなり慌てて幕が降りました。イベント終了のアナウンスも急ぎ気味。

これにて終了。さすがに後半は駆け足になりましたが、時間の長さを感じさせない面白いステージでした。
曲にあわせて放映時の映像が流れているのが感慨的でした。つい最近のことと思っていたら10年前のことだったり。今度はもっと時間に余裕があるといいですね。
---
長くなって済みませんっ。こんなの最後まで見る人いないだろうなぁ・・・

05月04日(火)

これといって出かけていないので、連休中の残務整理。
まずは烏丸ちとせ全国行脚@町田のポスター&さおりんのサイン。
『烏丸ちとせ全国行脚』ポスター 後藤沙緒里サイン
・・・って烏丸ちとせいないじゃん。(^^;;

続いて昨日、勢いで購入した某CD。
D.C.P.C.『ちょっと○○○なドラマCD Vol.2』
万が一、いや億が一を考えて買っておいたのですが・・・
“元祖”芳乃さくら
“元祖”芳乃さくらでした。
#北都南さんのファンの方々、失礼しました。m(_ _)m

あとはいつもながら録画した番組を見たり・・・『CLIPS1』をやっと観賞したり。(ぉ ほっちゃんの可愛さにゴロゴロしました。
明日はほっちゃんに会えるぞー(10数列目ですが)。

「ランブリングエンジェル」イベント大盛況!!

サクラS歌謡ショウ「新西遊記」の概要決定
 >なお,全公演ともサイリュウムやペンライトの使用が禁止されている。

ゲーマーズ本店 ガチャ・美少女館UFOキャッチャー景品にズゴックハンド登場

野川さくらが映画に出演(れいんぼあくたさんより)
他にも2つの実写のドラマも進行中とのこと。

05月03日(月)
5連休の中日、7:30起床。
いつもより遅いとはいえ眠いよー。

小雨降りしきる中、10時前にりんかい線・国際展示場駅到着。列は・・・伸びに伸びて、駅の改札から5分程度のところまで伸びていました。
開場は「若干遅れる」と係員が言っていましたが、11:00から列は順調に進んで、私が入場できたのは11:40過ぎ。
アージュVS.サーカスステージの整理券は m氏に依頼。無事確保の連絡は来ましたが、私が入ったときでもギリギリ取れた雰囲気。

ブロッコリーステージの優先券は、1〜300までが優先券として用意されていたようです(整理券順に並んだとき、途中が空いて301番から並んでいました)。
どちらも無事確保して万事順調。・・・友人3人がこの時点で両国にいることを除いては。(^^;;
---
日時:2004年05月03日(月)12:23〜13:07
タイトル:ランブリングトルネードVSちよれん大サーカス2 ブロッコリーステージ
場所:東京ビッグサイト 西3ホール
内容:トーク&ミニライブ


井口裕香ちゃん・後藤沙緒里ちゃん・廣田詩夢ちゃん・近藤佳奈子ちゃんの順番で舞台左から登場。自己紹介は逆の順番(佳奈子ちゃん→詩夢ちゃん→・・・)。
そして“先生”として音宮つばささん登場。

・音宮先生とアクエリアンエイジのカードを作ろう!
G.G.F.の4人が実際にアクエリのカードを描いてみよう、というコーナー。だから音宮さんは“先生”。
G.G.F.が「先生!」と呼ぶ度に、

音宮「先生ってもっと呼んで!」

とご満悦の模様。
実際に各人にカードが渡されて描いているときには、音宮さんが自分のカードを描く課程を説明していました。
テーマを持つ、鉛筆で下書きをする、など。静かになることが無かったので、弛んだ感じはありませんでした。
そしてさおりんが一番早く筆を置きました。

後藤「何でみんなそんな丁寧に描いているんですか?」

程なく全員終了。

近藤:魔法使い「ドジっ娘魔女、ってことで王子様をカエルに換えてしまった。」
廣田:メイドさん「音宮先生によると金髪ってことで。」
後藤:巫女さん「後ろに抱えているのは猫です。」
井口:ねこ娘「モデルがいて、3人いる姉の中で2番目の姉をイメージしました。」

音宮「感動しました。私の言い方じゃ伝わらないけどもう一回、感動した!」

というくらい全員とも上手かったです。まるでプロが描いたみたい。でもさおりんってあまり絵が上手くなかったような・・・
このカードはジャンケン大会で5人にプレゼントされました。

そして音宮さんが退場し、『GATV』の話に。「お試し」ということで番組をちょっと流すことに。
自分のアップになると凄く照れて、「止めてください。」と画面を遮ろうとするさおりん。(^^;;
・GATV番外編・GAQ
ここでは『GATV』の一コーナー“GAQ”(ギャラクシーエンジェルに関するクイズ)を実際にやってしまおう、というコーナー。
司会はさおりん。ちなみに商品は何も出ないとのこと。

第一問:烏丸ちとせの年齢は?→17歳(正解者:廣田・井口)

後藤「同い年なので親近感が沸きます。」

第二問:ちとせと同い年のキャラは?→ミルフィーユ(正解者:廣田)
第三問:ちとせとミルフィーユ、背が高いのはどっち?→156cmと157cmでちとせ(正解者:廣田・井口)
第四問:ちとせの特技は?(「私もかじったことあります」(後藤談))→弓道(正解者:近藤・廣田・井口)

全問正解は詩夢ちゃんだったのですが、トップだろうが全問正解だろうが商品は無し。

続いて「BTLのテーマ」が流れて、BTLIVの話題に。
さおりんとゆかちーの2人の宣伝映像(音なし)を流して説明。

井口「この日は化粧しました。」
後藤「晴れてたけど、風が強くて髪がはねた。」

そして“つーちゃん”コールで音宮つばささんを再び呼び込み。アクエリ外道軍VSブロッコリー軍の宣伝でした。

音宮「外道軍は・・・私一人?誰か味方はいないの?」

の声に応えて音宮さんに近づくさおりん。(^^;;
舞台上にゆかちー・さおりんの2人が残り、ライブコーナーに。

「れっつごう♪」(airyth)

久しぶりに唄う、ということで緊張していたようでした。その中でも盛り上げようとするゆかちーが印象的。
開場のノリがいまいちなのは、久々に聞いたからなのか、人数が少なすぎるからなのか。後は盛り上げの上手い人がいないのか。

最後に全員揃って、挨拶&告知。
音宮さんは『からふるまきあ〜と』に出演とのこと。詩夢ちゃんはでじこのサウンドトラックでアクアとして新曲を唄うとのこと。

以上で終了。
人数は正直少なかったですし、客の反応も鈍かったですが、テンポがいいせいで退屈することはありませんでした。
盛り上がるのは自分たちの責任でもあるわけですから。
---
眠いのでひとまずここまで。
→お風呂に入ってさっぱりしたので続き。

次のステージまで時間が無いので、用を足したらすぐに整列へ。会場の至るところに人がいました(当然)。
500番までの整理券は捌けたはずですが・・・人多いなぁ(これも当然)。ブロッコリーステージとは違って満員の大盛況。
---
日時:2004年05月03日(月)13:47〜15:40
タイトル:ランブリングトルネードVSちよれん大サーカス2 アージュVS.サーカス〜モザイク大決戦〜
場所:東京ビッグサイト 西3ホール
内容:トーク&ミニライブ


始まる前のCMでも盛り上がる輩がそこかしこに。柵の外にも人いっぱい。
盛り上がりも人の多さも今日のステージの“大本命”といった感じ。

浅井清己・栗林みな実・ジョイまっくす氏が「すかいてんぷる」の衣装(全員女性の制服)で登場。

「純情Fever」(浅井清己・栗林みな実・ジョイまっくす)

ジョイまっくす氏の軽快なラップの途中で、鳴海孝之役の谷山紀章氏が突然乱入!「ヘタレ」コールで盛り上がりました。
谷山氏は来る予定がなかったとのこと。でもパンフレットには名前が載っているんですけどね。
歌が終わってジョイまっくす氏を除いた3人が退場、斎藤 K氏と2人で司会ということに。

最初のコーナーは各メーカーの“名物”広報が登場し、広報活動をしてもらう、というもの。登場した名物広報は、
・アージュ:ミヤ大工トンプソン(白の学生服)
・サーカス:らまマン(白のガクラン)
・モザイク:月宮うさぎ(某ゲームのコスプレ)

宣伝の前にビデオが流れるのですが、アージュ・サーカス共に「へたうま」感か被っていました。(w モザイクは唯一普通。
肝心の内容は、

・アージュ:『君が望む永遠』DVD第5巻には特典映像として「君のぞ」ロボットストーリーが付属。/『アカネマニアックス』がOVA化。
・サーカス:『終の館』『D.C.P.C.』情報。
・モザイク:『サムライジュピター』9月24日発売(月宮氏の衣装もこれのコスプレ)。

『サムライジュピター』の主題歌・挿入歌を担当している藤谷美里さんが登場、披露することに。

「(曲名不明・『サムライジュピター』主題歌)」(藤谷美里)
「(曲名不明・『サムライジュピター』挿入歌)」(藤谷美里)

どちらも静かめで大人しい曲調。ノリは期待しないで下さい。
再び舞台上に斎藤 K・ジョイまっくす氏が登場し、ここからライブパートに。曲間でトークがありました。

「PANIC」(浅井清己)
「Precious Memories」(栗林みな実)
「(曲名不明)」(rino)
「存在」(rino)

斎藤「rinoちゃん可愛いよね〜。小さいよね〜。何か食べる〜?お菓子食べる〜?あんまり「小さい」って言ってると事務所に怒られる。」

「心配かけてゴメンね?」(野川さくら)
「幸せレシピ」(野川さくら)

野川「「にゃっほー」って言っていいですか?にゃっほー!(会場「にゃっほー!」の声)にゃんきゅーです。」
斎藤「さくらちゃんが出てくると、面白いこと言わなくてもいいかな、って感じになる。さくにゃんって言うの?」
野川「斎藤 Kさん、あまりあっていないから。新谷良子ちゃんが付けてくれたんですよ。」
斎藤「新谷良子ちゃんは“てぃんぱにー”で?」
野川「普通に良子ちゃんで。お菓子の話とかしましょうよ。
 歌のリハーサルで7:30入りで、お昼はお台場に行ってきて中国語っぽい文字が書いてあるところにいったんですよ。お肉が乗っている。」
斎藤「お菓子の話ちゃうやん。」
野川「お菓子は・・・控えます。誰か止めて!」

「サクラサクミライコイユメ」(yozuca*)

ジョイ「和太鼓叩いているみたい。基本的に姿勢が低めです。」
yozuca*「(呼び方について)“よっさん”って。ラジオで野川さくらちゃんにしか言われてないのに。
 『ガールズブラボー』の主題歌を担当することになりました!放送は・・・そろそろ。(w」

最後に全員登場(野川さくらちゃんは次があったので欠席)して挨拶。

これにて終了。
「サクラサクミライコイユメ」の盛り上がりなどはさすが、といったところ。
yozuca*さんの歌が一曲しかなかったのは残念でしたが、豪華なステージだったと思います。床がコンクリートだと膝に響きます。(^^;;
---
朝からお疲れの mさん、遅れながら柵の外から見ていた3人とLantisブースで合流。壁に貼ってある良子ちゃんのポスターにがっつく5人。(ぉ
それから特に寄るところも無く、Mさんの車で秋葉原へ行き食事をしてからゲーマーズでまったり。でも何をしに行ったのか不明。(^^;;
疲れたので私と Mさんは早々に帰りました。mさんの方が疲れているはずなのに・・・体力ないなぁ。年ですか。

ということで明日は完全休日。
家でゴロゴロゴロゴロする予定。やっと“休日”。

05月02日(日)
休みの割に早起きして、10:00前にゲーマーズ町田店到着。
町田市民なのに、ゲーマーズ町田店に入るのって今年2度目。(^^;;

店舗が入っている建物に着くと、全国制覇中の mさんがビルの外にて発見。
“優先整理券”というものを既に配布していて、並んでおく必要が無いとか。

そんなものを持っていない私は大人しく並ぶことに。一人で並ぶのはつまらないので、mさんを列に引き込んだり。

でも私が列に並んでから間も無く、通常の時間より30分早く開店。
それほど店内に混乱はありませんでした。やはり中止分の整理券が代用できる、というので頑張っている人でも遅く着ている模様。
店員の手には大量の整理券が・・・
---
日時:2004年05月02日(日)11:30〜11:54
タイトル:烏丸ちとせ全国行脚の旅
場所:ゲーマーズ町田店
内容:ポスター手渡し会


列は伸びに伸びて・・・3階にある店舗から階段を経て建物の外に出るまでに。
こりゃ何分かかるのかなぁ、と危惧していたら・・・流れが速い。
私は11:30にその建物の外にいたのですが、3階に上がるまで10分かかりませんでした。(ぉ

肝心のさおりんは白のブラウスに紺のブレザー、紺と緑のチェックのスカートという学校の制服のような服装。
最後の方は列の進みも遅くなり、約30分で列終了。
最後にさおりんから挨拶。最後は近づいていい、とのことなので殺到するとやや戸惑った感じで右・左を見た後、

後藤「おはようございます、後藤沙緒里です。」

という挨拶がさおりんっぽい。(^^;;
初めの方の列の進みは本当に早かったのですが、特に“巻き”が入ったことは無く(話そうと思えば)話すことはできたと思います。
個人的には前回の雪辱を無事果たせたので、満足。
---
立川に行ってくる mさんと別れて、でぃあ☆ふぇすの行われる蒲田に・・・向かう前に渋谷へ。
向かった目的は『この醜くも美しい世界』トークショーのチケット確保。

イベントの行われる池袋店が整理券も多く持っていると思われるので、そっちに向かおうと思いましたが、面倒くさくなったので渋谷で。(^^;;
無事に確保できれば問題なし。

そして一路・蒲田へ。
蒲田駅を降りるのは『りょーこに逢いまshow!!』でチケットを確保する以来、日本工学院に入るのは多分一昨年の蒲田祭以来。
間が空きましたが、道は覚えていて迷うことなく13:30過ぎに到着。

13:00から物販は始まっていたのですが、人は多くなく・少なくなくといった感じ。
物販といってもコミックくらいしかないんですけど。あとゲームの試遊台など。

しばらくしてHideSugiさん発見。
そしてポスター手渡し会。握手は無しですよ。(^^;; 小躍りするHideSugiさんが見られたので満足。

開場時間15分前の14:45くらいに整列開始。日本工学院・西2号館をひたすら登りました。
---
日時:2004年05月02日(日)16:03〜18:12
タイトル:DearS☆フェスティバル =でぃあ☆ふぇす=
場所:日本工学院 西2号館6階
内容:トーク&公開録音&ミニライブ


会場に椅子は無く、300人くらいまではみんな地べたに座っていたのですが、入りきらないので結局スタンディング形式に。
上にスペースがあるから、あっちにもいれればいいのに〜。

時間が近づき、新谷良子ちゃんから生諸注意。
「えー」など、何となく会場の反応を待っている良子ちゃん。(^^;;

今日の司会はバンダイビジュアル・轟氏こと、とでぃ。
作品の説明が一通り行われて、テレビアニメのプロモ映像(10分ほど)が流れました。下に見える

主題歌:UNDER17

の文字。そんな発表ありましたっけ?
そして舞台中央にマイクがセッティングされ、一人ずつ出演者登場。

清水愛「私の演じるレンは、今までに全くない巨乳キャラなので、アフレコでも谷間を書いて頑張りたいと思います。」
中原麻衣「緊張しちゃって・・・(意気込みは?)愛ちゃんは巨乳キャラが始めてだったけど、私はたれ目キャラが始めて。」
谷山紀章「気絶するほど悩ましい、谷山紀章です!」
斎藤千和「気絶するほど悩ましくはないですが、色々と悩んでいます。」
山口勝平「(キャラクターを見て)おさるじゃないよ。」
井上喜久子「井上喜久子、17歳です。みんな、「おいおい!」ってやって!」

(もう一度自己紹介、今度は「おいおい!」付き。)

井上「こんなにいっぱいの「おいおい!」嬉しい。」
沢城みゆき「沢城みゆき、18歳です。アフレコ現場に“年下”がいることってあまりないので、お姉さんとして頑張りたいと思います。」
田村ゆかり「巨乳キャラといえば私。(会場から「えー!」の声。)うっさーい!
 リアルでも巨乳なので・・・(再び「えー!!」の声)うっさーい! よろしくお願いします。」
諏訪部順一「(声援は凄かったけど、何て言ったか失念。勢いで終わったような。)」
新谷良子「私のキャラは留学中で、アフレコにもゲームにも出ていませんが、アニメでどのように絡むか楽しみです。」

そして、本日出演できていない豊口めぐみさん・平田広明氏からビデオコメント。
続いてゲームのムービーが流れて、ゲームだけに登場するキャラ・チナ役の桃井はるこさん登場。

声援はゆかりん・良子ちゃん・モモーイが格段に大きかったです(別に他の人が少ない、というわけではなく)。
全員の挨拶の後、愛ちゃん・麻衣ちゃん・谷山さんが残り『DearS×DearS=でぃあ×でぃあ=』の公開録音に。
座ると見えなくなるので、

中原「何とか立つよ。」
清水「オーバーアクションで。」

ということでしたが、あんまり立ってくれませんでした。( ´Д⊂ まあ放送中でしたから。
公開録音部は2回分で、1回目のゲストは地球人:千和ちゃん・喜久子さん・諏訪部さん・良子ちゃん、2回目は宇宙人:みゆきち・ゆかりん・モモーイ・勝平さんという布陣。

内容は放送で流れると思うので略。
谷山さんのヘタレっぷりが如何なく発揮されていたり、結局みんな“DearS”ということになったり。

公開録音部が終わり、とでぃ・谷山さんが残り続いてプレゼント抽選会。
商品は今回出演者のサイン色紙や原作者のサイン入りコミック・色紙など。

インフォメーションコーナーの後はライブコーナー。
先頭バッターはPoppins。謎のユニットですが、どこかで聞いた声、姿の2人組。銀色の髪にシルバーを基調とした固い感じのワンピース。

「恋のJET SHOOTER」(Poppins)

謎のユニットらしく、曲が終わるとすぐ舞台から去っていきました。
続いて登場は『DearS』のテレビアニメの主題歌を担当しているUNDER17。

桃井「(公開録音中に)あんなヌルっと発表するとは。」

に受ける小池兄貴。“ヌルっ”という語感に弱いとか。

桃井「(『DearS』に関して)表紙からしてスタイリッシュ。・・・5巻はちょっと・・・」
とでぃ「あの“カニ”ですね。」
桃井「カニって言うなー!
 相当悩んで5曲作った内の1曲です。」

「ラブスレイブ」(UNDER17)

再び全員登場して、各人最後の挨拶に。並びの関係で小池兄貴から。(^^;; 印象に残っているものだけ。

桃井「初めて聞く曲なのに盛り上がってくれて。私の脳内と同じ盛り上がりをしてくれて、ありがとう!」
斎藤「谷山さんの心の壁を取り払えればいいと思います。」
新谷「ステージ脇で(ライブを)ゆかりんとしゃがんで見てて、足が痺れた。」
田村「私、人見知りが激しくって、いつもアフレコでは隅っこの方でおにぎりとかを食べているんですが、アフレコの前に会えて仲良くなれて良かったなって。
 これでアフレコ当日にお腹痛くならずに済むかなって。」

以上で終了。
全体的に見て、ゆる〜いイベントでした。
でも作品の状況(コミック5巻、テレビアニメ未放送、ゲーム未発売)から考えて、ゆるゆるになるのは予想の範疇。
公開録音部を短くして、全員が登場できるようなコーナーがあれば良かったのでは、と思いました。
「夏に何かある」(とでぃ談)ので、それ以降に期待、でしょうか。
---
帰りの電車で明日の予定を知人と確認。
そんなに必死になる必要も無く、尚且つ眠いので、明日はのんびり行くことに。電車の中でも爆睡でしたし。
まだ休みは3日あるぞー。

「ギャラクシーエンジェル」新シリーズ、7月7日放送開始MOON PHASEさんより)
水曜日深夜1:00〜、『キン肉マンII世』の枠です。

05月01日(土)
今日は・・・土曜日?
「一昨日休み→昨日出勤」だったので、曜日感覚が???

疲れていたので昼過ぎまで寝たかったのですが、坂本美里ちゃんバースデーイベント@声優Waveのチケット発売があったので、9:30起床。
自宅から10分ちょっと歩けばローソンに行けるのですが、それすらかったるかったので車を運転。
多少フラフラしたけど事故も無く結果オーライ。(ぉ

肝心のチケットは・・・
自分でも取れたのですが、N先生の方が早く繋がったようなので、発券せずに朝食(116円)を購入して終了。安い客。

午後も出かけようかな〜と思っていたのですが、体が重かったので掃除や衣替えなどインドア作業に従事。
他にも家計簿の整理やこのページの仕様をちょこちょこ変えたり。

ページを変えてみたい気分だけど、どう変えたいかイメージが浮かばないので、本当にちょこちょこ。
こればっかしは時間があればいい、ってものでもないので

野球放送が遅れて22:00から『アニスパ!』スタート。
そして良子ちゃんのチケット先行発売!!(実は N先生から連絡済み)

「チケット先行発売」でいい席を取った記憶が無いので、自信は全然無かったのですが・・・

22:13、電話繋がる→勢いで切ってしまう ・・・_| ̄|○
22:18、電話繋がる→出る気配無く3分間経過 ヽ(`Д´)ノ

すったもんだがありましたが(流行語)、22:30前に一応繋がりました。やっぱり運ないなぁ・・・

LittleBSD、may土の日「招待状」を作成
5月毎週土曜日はメイド服。

『吉田照美のやる気MANMAN!』出演時のほちゃサイン魂は永遠に彷徨うさんより)
その時間は仕事中〜。

ほちゃ、『双恋 -フタコイ-』ドラマコーナーに出演れいんぼあくたさんより)
電撃G'sラジオ内のラジオドラマで、ほちゃの出番は6月6日。
 >一条薫子役:堀江由衣
 >一条菫子役:小清水亜美